今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「竜とそばかすの姫」DVD

投稿日:

「サマーウォーズ」「未来のミライ」の細田守監督が、超巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に少女の成長を描いたオリジナル長編アニメーション。高知県の自然豊かな田舎町。17歳の女子高生すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と2人で暮らしている。母と一緒に歌うことが大好きだった彼女は、母の死をきっかけに歌うことができなくなり、現実の世界に心を閉ざすようになっていた。ある日、友人に誘われ全世界で50億人以上が集う仮想世界「U(ユー)」に参加することになったすずは、「ベル」というアバターで「U」の世界に足を踏み入れる。仮想世界では自然と歌うことができ、自作の歌を披露するうちにベルは世界中から注目される存在となっていく。そんな彼女の前に、 「U」の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れる。主人公すず/ベル役はシンガーソングライターとして活動する中村佳穂が務め、劇中歌の歌唱や一部作詞等も務めた。謎の存在「竜」の声は佐藤健が務めた。ベルのデザインを「アナと雪の女王」のジン・キムが担当するなど、海外のクリエイターも参加している。

映画.com

 娘がこのDVDをレンタルしてきたので、ついでに観させてもらった。

 見終わった後の感想は、「映画館で観ればよかった!」

 どこからどう見ても細田守監督の作品で、今回も期待を裏切らない作品。「美女と野獣」の話をモチーフに、あらゆる場面で「このシーンってナウシカのエンディングっぽくない?」とか「マクロスを思い出しちゃった」とか、「ウルトラマンティガの最終回」みたいにゾワゾワしちゃったとか。いろいろな今まで見てきた感動シーンが甦ってきた。

 田舎に住む平凡な女子高生の「すず」は、子供の頃に大好きだった母親を亡くしている。母は河原で遊んでいた小さな子が突然の川の増水で中洲に取り残されてしまい、その子を助けるためにライフジャケットを付けて増水した川に挑み、その子を助けた後に流されてしまった。

 父と二人ぐらしのすずは、その日からいつも母と一緒に歌っていた大好きだった歌が歌えなくなった。

 あまり自分に自信が持てないそばかす顔の「すず」は、友人の進めで仮想世界「U(ユー)」に参加して、美しい女性としてそのUの世界で「ベル」という名前で生きることになった。その世界では歌も歌える。

 ある時から、その歌が話題になり瞬く間に世界中で有名になってしまう。その世界でコンサートを開いたりして更に有名になっていくが、そこへ邪魔者が入る。それが「竜」。

 その竜とベルのビジュアルが、ディズニーアニメの「美女と野獣」であり、Uの管理をしている組織の代表が「ガストン」のようなイメージ。そのオマージュを随所に取り入れながら話が進んでいくのが面白い。

 少しずつ話も盛り上げて細田守ワールド炸裂で一気に終盤まで持ち込んで、期待通りの終わり方をしてくれる。大満足の仕上がり。さすがでした。

 細田監督作品、ハズレないなぁ。面白かった。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    ポスターの色合い、ステキ。
    「竜とそばかすの姫」というタイトルは聞いたことがありますが、『竜』と『お姫様』が主人公だと思っていました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      綺麗なポスターですよね。このポスターだけではストーリーが全然分かりませんけど、面白い話でした。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「線は、僕を描く」

水墨画の世界を題材にした砥上裕將の青春小説「線は、僕を描く」を、横浜流星の主演、「ちはやふる」の小泉徳宏監督のメガホンで映画化。大学生の青山霜介はアルバイト先の絵画展設営現場で水墨画と運命的な出会いを …

映画「ブラックホーク ダウン」

1993年に米軍が失敗したソマリアの将軍の捕獲作戦を、ノンフィクション小説を原作にリドリー・スコット監督が映画化。撮影は、クシシュトフ・キエシロフスキー監督とのコンビで知られるスワボミール・イジャック …

映画「ロッキー2」

前作で、フィラデルフィアのチンピラから、世界ヘビー級タイトル・マッチで、アメリカ中のヒーローとなったロッキーが、結婚、ジュニアの誕生などをへて、苦悩しながらも人間的に成長していく姿を描く。製作はアーウ …

映画「実りゆく」

 長野県のりんご農家を舞台に、夢を追う息子と父親の絆を描いた青春ドラマ。オフィスクレッシェンド主催の映像コンテスト「第3回未完成映画予告編映画大賞 MI-CAN」で堤幸彦賞とMI-CAN男優賞を受賞し …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …