今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

映画「蜩の記」

投稿日:

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じらる。幽閉されたまま家譜の編纂を続け、切腹の日まであと3年となったある日、城内で刀傷沙汰を起こした藩士の檀野庄三郎が、秋谷の監視役としてやってくる。庄三郎は、秋谷が7年前の事件を家譜にどう記しているかを確認して報告し、また、逃亡するようであれば家族もろとも斬り捨てよとの密命を帯びていた。庄三郎は秋谷のそばで過ごし、その人柄や家族とも触れ合ううちに、秋谷が事件を起こしたことが信じられなくなり、7年前の事件の真相を探り始める。主人公・秋谷役は役所広司。役所とは初共演の岡田准一が庄三郎に扮し、第38回日本アカデミー賞では最優秀助演男優賞を受賞した。

映画.com

 原作は8年前に叡山香を焚きながら読んでいた。

 映画もその前後に劇場で観たはずなのだが、そのブログが見当たらないのは、その映画を観た頃はブログが休止中だった時かもしれない。

 今回は、Amazonプライムで一人で鑑賞。先日の「散り椿」同様、葉室麟原作で、岡田准一出演の映画。主人公の戸田秋谷は役所広司が見事に演じている。

 秋谷の娘を演じるこの映画のヒロインは、堀北真希ちゃん。もうホントに可憐で美しい。そして岡田くんの所作の美しさ。秋山の妻を演じる、原田美枝子の品の良さ。

 こういう映画を観た後は、ピンと背筋が伸びる感じがして好きなのだ。任侠映画はほとんど観ないのだが、こういう時代劇はやっぱり大好き。

 

-ひとりごと

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    >「雨あがる」
     →寺尾聰さんを半世紀以上好きなので、「雨あがる」好きです。
    その監督さんですか・・・。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      「雨あがる」いい映画でしたねー。同じ監督で同じ寺尾聰さんの「阿弥陀堂だより」も大好きな映画。そして、6月17日に公開される「峠 最後のサムライ」も絶対観に行きます! 小泉堯史監督作品にハズレなしです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お墓

 まだ夫婦で結論が出ない。  自分たちのお墓をどうするかだ。夫婦ともに「お墓は要らない」って思っている。死んで骨になったらそれをどうするか。自分としては「どこでも処分してくれたらいい」と思っているが、 …

明日も自分でいられますように

 長いこと日記を書いていると、  「あの頃の自分はこんなことを考えていたのか」と思うことが多い。  「いいこと言うじゃん」と思ったり、  「バカだなこいつ」と思ったり、  「そんなことで悩んでいたんだ …

そういうことなのよ

 子供の頃、親や祖父母によく言われた。 「そんな格好で寒くないの?もう一枚履いた方がいいんじゃない?」 「寒くないよ」って答えても、 「冷やしちゃだめ」と、無理やりに「股引(ズボン下)」や長袖下着を着 …

ひとつ持ったらひとつ忘れる

 いつもと違うものをひとつ持ったら、  いつも持つべきものをひとつ忘れる。  腕時計とカギとスマホと帽子と鉄道系ICカード。  「今日は、これが必要なんだよね」と  修理に出しておいた別の腕時計の引換 …

メダカとかアボカドとか

 無事に冬を越すことができたメダカ。  水面に浮いているポツポツは「エサ」。  水面より上の水草は一度枯れてしまったが、春になって再び伸びてきた。メダカも1匹も星にならずに春を迎えた。  タニシも冬の …