今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「解夏」

投稿日:

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担当している。主演は、「スカイハイ」の大沢たかおと「黄泉がえり」の石田ゆり子。第16回東京国際映画祭特別招待、文化庁映画芸術振興事業支援作品。

映画.com

 2回目の鑑賞だが、1回目はどこで見たやら。WOWOWだったか?と言うくらい記憶にない。

 映画の内容もほぼ覚えていなくて、新鮮な気持ちで見ることができた。主役の大沢たかおが、ベーチェット病を発病し、失明してしまうまでの話。

 インドの雨季は、生命の芽吹きの季節と言うことで、僧侶は外を出歩かずに庵に篭って修行すると言う。野山を歩くと芽吹いた植物や小動物を踏み潰してしまうから。およそ9ヶ月間。安居と言う修行は行われる。

 自分が視力を失っていく過程は本当に辛い修行のようなもの。失明した瞬間にその辛さは消えるはずだと故郷の長老が教えてくれる。

 それまでの間、彼の目になり支えてくれる彼女石田ゆりことの修行を描く。

 そして、その失明の瞬間が修行が終わる「解夏」を迎えることになる。

 主人公の故郷である長崎の風景と、方言が優しく包み込む。みんなに支えながら視力を失っても希望を持って生きていく。

 過去に同じ病気で視力を失った人と出会う。失明して困ったことは、歯ブラシに歯磨き粉をつけることだったと言う。しかし、それも翌朝には解決した。歯ブラシの上に歯磨き粉を乗せないといけないと言うことにこだわっていたからだ。先に口の中に歯磨き粉を入れてしまえば済むことだった。困ったことと言えばそれくらいだよ。

 これから訪れるであろう不幸に怯えることも大切だが、必要以上に怯えることもない。こだわりを捨てればその不安も消え去る。そして、失明した時点でその修行は終わる。

 そんな教えのような映画だった気がする。石田ゆり子の演技はこの頃からも素敵。そして、富司純子の凛とした姿も魅力的だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」

2014年に剛力彩芽と山崎賢人の主演で映画化され、「壁ドン」ブームの火付け役ともなった渡辺あゆの人気漫画を上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星の共演で再映画化。高校3年生の西森葵は学校一のイケメン・久我山柊 …

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、 …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「君への誓い」

「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスと「親愛なるきみへ」のチャニング・テイタムが主演するラブストーリー。幸せな新婚生活を送っていたレオとペイジはある日、交通事故に遭い、ペイジが記憶の一部を失っ …

映画「野火」

1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追 …