今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「遊星からの物体X」

投稿日:

「ハロウィン」「ニューヨーク1997」などで知られるジョン・カーペンター監督が、ハワード・ホークス製作の古典的名作「遊星よりの物体X」をリメイクしたSFホラー。極寒の南極観測基地という閉ざされた空間を舞台に、宇宙から飛来した生命体に襲われる観測隊員たちの恐怖を描いた。南極の大雪原。一匹の犬がアメリカの観測隊基地に現れるが、犬の正体は10万年前に宇宙から飛来し、氷の下で眠っていた生命体だった。生命体は接触した生物に同化する能力をもっており、次々と観測隊員に姿を変えていく。このままでは、およそ2万7000時間で地球上の全人類が同化されるということがわかり、基地は通信手段、交通手段を断って孤立。そんな状況下で、隊員たちは次第に相手が生命体に同化されているのではないかと疑心暗鬼に包まれていく。2018年10月にデジタルリマスター版でリバイバル公開。

映画.com

 自分でも、とっくの昔に観ていたと思っていた。

 でも、あらすじは知っているものの細かいところの記憶がまったくないし、結末もわからなかった。

 それじゃ試しに観てみようと思った。

 やっぱり観ていなかった。(と思う)。

 (と思う)と書いたのも、今までにも再び観たものでも最後まで観終わっても

 「本当にこれを観たのかなぁ?」と思う映画があったからだ。

 この「遊星からの物体X」は間違いなく観たことなかった。

 どうして観たつもりになっていたかと言うと、映画好きの友人と飲んで会話している時に、

 「絶対この映画は観るべきだ!」と力説していたのだ。これこれこんな話で、どんなところがすごくて画期的なのかと、延々と語ってくれた。それだけ情報をもらったら、適当に自分で観た映画よりもなんだかやたらと詳しくなってしまうのだ。

 今回観ていて、その友人が語っていたことを色々と思い出した。映画を観ていてもその友人の顔ばかりが思い浮かぶ。友人が物体Xなんじゃないかと言うくらいチラつく。

 それくらいインパクトのある、当時としては画期的な映画だったのだろうと思う。今の時代見てもまったくその特撮っぷりが違和感ないのがすごい。デジタルリマスター版として復刻したのもわかる。

 SFものとしては外せない一本なのは間違いないだろう。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「泣きたいときのクスリ」

 FMラジオドラマでよく聴いていた同名タイトル。いくつかの話を合わせて映画化した感じ。ラジオドラマはとても楽しみで毎回聴いていたので映画化も楽しみだった。  出演者も、大東俊介、戸田菜穂、袴田吉彦、遠 …

映画「響 -HIBIKI-」

これが映画初出演となる「欅坂46」の平手友梨奈主演で、文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。出版不況が叫ばれる文芸界。文芸雑誌「 …

映画「新解釈・三國志」

「今日から俺は!!」「勇者ヨシヒコ」「銀魂」シリーズなど数々のコメディ作品を手がける福田雄一監督が、日本でも広く親しまれている中国の「三國志」に独自の解釈を加え、今回が初タッグとなる大泉洋を主演に迎え …

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、 …

映画「前科者」

 罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描いた同名漫画(原作・香川まさひと/作画・月島冬二)を、「あゝ、荒野」の岸善幸監督のメガホン、有村架純と森田剛の共演で映画化。保護司 …