今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「野火」

投稿日:

1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を塚本晋也の監督、脚本、製作、主演により再び映画化。日本軍の敗北が濃厚となった第二次世界大戦末期のフィリピン戦線。結核を患った田村一等兵は部隊を追放され、野戦病院へと送られる。しかし、野戦病院では食糧不足を理由に田村の入院を拒絶。再び舞い戻った部隊からも入隊を拒否されてしまう。空腹と孤独と戦いながら、レイテ島の暑さの中をさまよい続ける田村は、かつての仲間たちと再会する。戦場という異常な空間で極限状態に追い込まれた人間たちが描かれる。共演にリリー・フランキー、俳優デビュー作の「バレット・バレエ」以来の塚本監督作品への参加となるドラマーの中村達也。

映画.com

  かなり強烈な映画だった。

 「フルメタル・ジャケット」でも、過酷な訓練や最前線での実戦において徐々に人間性が狂いだしていく姿が描かれていたが、それでもまだ一緒に闘う仲間がいた。その仲間のために戦うという救いがあった。

 しかしこの映画は、そこから更にもっともっと地獄を味わうことになる。飢えと失望と自分の生への欲求の悲しみから自分が狂人化していくこと。

 肺病を患った主人公の田村は、部隊からは入院しろと追い出され、病院へ着くと食糧不足を理由に返される。それを何度も部隊と病院を何度も往復し、その都度理不尽にも殴られ罵られ行くあてを失う。

 フィリピンレイテ島では米軍が有利になり、現地人からも狙われる状態。食料も底をつき、飢えと病気で動けなくなる。米軍の攻撃は恐ろしく機関銃によって大勢の日本兵がやられる。必死に逃げるが、仲間とは離れ離れ。かつての仲間にも裏切られ、極限の状態のなかで食糧を探す。

 その中で現地人を殺すつもりはなくとも結果的に殺すことになってしまい、その罪悪感に苦しむ。そしてある時、かつての仲間がサルを狩ってその肉を干したものを食べされてくれた。しかしその肉は仲間を撃ち殺したその日本兵の肉であったのだ。

 人間は極限までに追い詰められると、仲間を殺してその肉を食べてまで生きることに執着するのかどうか。そのことを描いているようにも見える。

 どうにか奇跡的に帰国することが出来た主人公田村は、戦争が終わって自宅で妻が作る料理を一人で食べるのだが、その料理を食べる前にはある行為をしないと食べられなくなっていた。

 本当にゾッとする映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「弥生、三月 君を愛した30年」 レンタルDVD

 「いい映画だったよ、観る?」  と妻が借りたDVDを手渡され、ジャンルもあらすじも何も知らないまま鑑賞。  それだけに油断していた。  2020年3月20日公開という最悪のタイミングで、こんなにいい …

映画「永い言い訳」

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の …

映画「シャーロットのおくりもの (吹替版)」

「スチュアート・リトル」の原作者E・B・ホワイトによるベストセラー小説を映画化したハートウォーミングなファンタジー。農場の娘ファーンに育てられた子ブタのウィルバーは、自分がいずれクリスマス用のハムとし …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「解夏」

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担 …