今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「隠し剣 鬼の爪」

投稿日:

 2回目の鑑賞だが、前回は13年前の2009年。

 人気時代小説作家、藤沢周平の剣豪小説「隠し剣」シリーズの「隠し剣鬼の爪」と、人情時代小説「雪明かり」を原作に、「たそがれ清兵衛」の山田洋次監督が映画化。幕末の東北の小藩。秘剣を身につけた下級武士、片桐宗蔵は、かつて好意を抱いていた奉公人きえが病に倒れたと知って引き取り、心を通わせていくが、藩の江戸屋敷で謀反が発覚し、お家騒動に巻き込まれる。共演は高島礼子、小林稔侍、田中邦衛、倍償千恵子ら。

映画.com

 クソがつくほど真面目な下級武士である片桐。「武士とはこうあるべき」という一つの信条があり、それ故に貧乏生活も出来るが、ややこしいことにも巻き込まれることにもなってしまう。

 彼にとっては「藩命は絶対」である。それが昔の同志を殺すことであってもだ。しかし、彼なりに考え、最善の策を見出そうとする。結果的には悲しい結末になってしまうが、それをかつての剣の師範に教えてもらった「隠し剣」を使うことで一矢報いる。

 痛快という事はないが、ずっと権力に押しやられた下級ゆえの哀しみは続くことになり、どうにもならないもどかしさは変わりがない。

 そんな男の哀しさを永瀬正敏が上手に演じている。相手役の松たか子も好演。

 山田洋次監督の藤沢周平原作三部作の2作目になるこの作品も、他の2作品同様見応えのある作品となっている。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    藤沢周平作品、好きです。
    宝塚でもタイトルを変えて、上演されました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      >宝塚でもタイトルを変えて、上演されました。
       そうでしたか。映画でも永瀬正敏と松たか子のやりとりが、今の時代にはないなんとも言えぬ男女の駆け引きが楽しかったです。時代劇ならではの独特な恋愛の描き方ですよね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「mellow(メロウ)」

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」などで恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督が、ドラマ「おっさんずラブ」「あなたの番です」などで勢いに乗る田中圭を主演に迎えた恋愛群像劇。独身・彼女な …

映画「パーマネントのばら」

 2時間弱でサラッと観られる日本映画はないかなって、Amazonプライムで探していたら目に入った作品。  あらすじも原作もキャスティングもよくわからず鑑賞開始。  正直なところ、あまり期待していなかっ …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …

映画「いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜」

 没後38年が過ぎたいまも多くの日本人に親しまれている絵本作家・いわさきちひろ(1918~74)の知られざる人生に迫ったドキュメンタリー。夢をあきらめて親が望む結婚をしたちひろだったが、不幸なかたちで …