今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「青の炎」

投稿日:

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当している。主演は「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」の二宮和也。

映画.com

俳優としての二宮和也氏は、その作品を見るといつも圧倒される。ジャニーズ嵐のメンバーとしての「ニノ」とは同じ人か?と思うほどだ。

 映画を観ていると、上手に演じているというよりも、作中人物になりきっているというか、そのものになっている。これは演出家によるものなのか、監督の蜷川幸雄氏の力量なのか、二宮和也氏本人の凄さなのか。どちらにしてもその素晴らしさがこの映画でも味わえる。

 母親役の秋吉久美子も好演している。以前バラエティ番組に出演されていたイメージとはまったく違う母親像を演じている。この女優さんも不思議な人だ。

 この映画一番の悪役を演じたのは、最初見た時「あれ?誰だっけかな。絶対見たことあるけど、えーっと」と思った。ファッションデザイナーの山本寛斎氏。まさかの抜擢。こういうクリエイティブな仕事をしている人は演技をするのがみんな上手いわけではないと思うが、そう思ってしまうくらい「本当に初めてなんですか?」と思った。

 妹役の鈴木杏さんも上手いなぁ。どの映画でもその役柄に応じた演技ができる。

 2時間あっという間だった。

 以前観た二宮和也氏の作品もまた観たくなった。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「蜂蜜と遠雷」

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4 …

映画「ロボコップ」

殉職した警官が全身を機械化したロボコップとして甦り、犯罪組織と戦う姿を描いた大ヒットSFアクション。近未来のデトロイト。多発する犯罪に対処するため、警察の経営権は民間の巨大企業オムニ社にたくされ、オム …

映画「イミテーション・ゲーム」

「SHERLOCK シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチ主演で、第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機エニグマによる暗号の解読に成功し、連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者アラン …