今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「青の炎」

投稿日:

家族の平和を守るために犯罪に走った少年の心理を描く青春サスペンス。監督は「魔性の夏 四谷怪談より」の蜷川幸雄。貴志祐介の同名小説を基に、蜷川監督と宮脇卓也が共同で脚色。撮影を「サトラレ」の藤石修が担当している。主演は「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」の二宮和也。

映画.com

俳優としての二宮和也氏は、その作品を見るといつも圧倒される。ジャニーズ嵐のメンバーとしての「ニノ」とは同じ人か?と思うほどだ。

 映画を観ていると、上手に演じているというよりも、作中人物になりきっているというか、そのものになっている。これは演出家によるものなのか、監督の蜷川幸雄氏の力量なのか、二宮和也氏本人の凄さなのか。どちらにしてもその素晴らしさがこの映画でも味わえる。

 母親役の秋吉久美子も好演している。以前バラエティ番組に出演されていたイメージとはまったく違う母親像を演じている。この女優さんも不思議な人だ。

 この映画一番の悪役を演じたのは、最初見た時「あれ?誰だっけかな。絶対見たことあるけど、えーっと」と思った。ファッションデザイナーの山本寛斎氏。まさかの抜擢。こういうクリエイティブな仕事をしている人は演技をするのがみんな上手いわけではないと思うが、そう思ってしまうくらい「本当に初めてなんですか?」と思った。

 妹役の鈴木杏さんも上手いなぁ。どの映画でもその役柄に応じた演技ができる。

 2時間あっという間だった。

 以前観た二宮和也氏の作品もまた観たくなった。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …

アニメ・コミック「ヒカルの碁」

 アニメが先だったか、漫画が先だったか、もう覚えていないが、  息子と一緒にかなりハマった作品。これをきっかけに囲碁も始めてみた。入門書を買って安い碁盤も買ってまだ小学生だった息子と始めたものの、私は …

映画「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う千恵(2008年に33歳で死亡)の闘病とその最中に出産した娘のはな、夫の信吾の生活を綴ったブログ『早寝早起き玄米生活(ハンドルネーム:六本松さくら)』の書籍化作品。千恵の死後、西日本新聞社 …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「インターステラー」

「2時間49分もあったのか!?」  と思うほど、あっという間だった。  ハラハラドキドキであり、人生について考えさせられたり、哲学的な要素も多く、物理学的にも腕を組んで唸ってしまう。  主役のマシュー …