今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「青空エール」

投稿日:

三木孝浩監督作品。土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くん。

 野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦う大介をスタンドで応援する」と約束を交わし、その約束を実現させるため、2人は互いに惹かれあいながらも、それぞれの部活動に邁進していく。

映画.com

コミックから映画化するのが得意な三木監督らしい裏切らない仕上がり。

 今回も期待通りの涙と感動の映画だった。こう言った青春恋愛映画が好きな私としては、いつもツボを心得ている定番のものがいい。変なひねりはない方が良くて、「水戸黄門で、最後に印籠を出さないのもたまにはいいだろう」というのはやはり私にとっては邪道なのである。「越後屋、お主もワルよのう」「そういうお代官様も御人が悪い」というのも必要だし、由美かおるの入浴シーンも外せないアイテムなのである。

 奇跡的な出会い、たくさんの挫折、たくさんのすれ違い、邪魔する同級生、一途に信じること、バカが付くくらいのピュアな心、再開、最後のどんでん返し、ハッピーエンド!

 青春恋愛ものの、時代劇や演歌と同じ、ド定番でなければね。

 そんな三木孝浩監督の期待通りの映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さ …

映画「感染列島」@Amazonプライム

 一応観ておこうかなという気持ちで鑑賞。  ちゃんとエンターテインメントになっているし、パンデミックとはこういう感じになるという目安にはなっているような気がする。  「ちょっと大袈裟じゃない?」という …

映画「かそけきサンカヨウ」

 人気作家・窪美澄の同名短編小説を「愛がなんだ」「街の上で」の今泉力哉監督のメガホンで映画化。高校生の陽は、幼い頃に母の佐千代が家を出て、父の直とふたり暮らしをしていた。しかし、父が再婚し、義母となっ …

映画「初恋」

  三億円事件の時、私はまだ小学校にあがっていない。   「モンタージュ写真」「白バイ」「アタッシュケース」くらいしか思い浮かばない。  再現ドラマとか、迷宮入り事件簿みたいなものは何度か見たことある …

ドラマ「分身」

札幌に住む女子大生・鞠子(長澤まさみ)は、母からなぜかあまり愛された記憶がなく、さらには、その母が火事で不審死した過去を持つ。ある日、出生の秘密を探り始めた鞠子は、自分とまったく同じ顔、姿形をした女性 …