今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「青空エール」

投稿日:

三木孝浩監督作品。土屋太鳳ちゃんと竹内涼真くん。

 野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさは、野球部のトロフィーを眺めていた野球部員の山田大介と出会う。吹奏楽部に憧れるつばさは、「甲子園で戦う大介をスタンドで応援する」と約束を交わし、その約束を実現させるため、2人は互いに惹かれあいながらも、それぞれの部活動に邁進していく。

映画.com

コミックから映画化するのが得意な三木監督らしい裏切らない仕上がり。

 今回も期待通りの涙と感動の映画だった。こう言った青春恋愛映画が好きな私としては、いつもツボを心得ている定番のものがいい。変なひねりはない方が良くて、「水戸黄門で、最後に印籠を出さないのもたまにはいいだろう」というのはやはり私にとっては邪道なのである。「越後屋、お主もワルよのう」「そういうお代官様も御人が悪い」というのも必要だし、由美かおるの入浴シーンも外せないアイテムなのである。

 奇跡的な出会い、たくさんの挫折、たくさんのすれ違い、邪魔する同級生、一途に信じること、バカが付くくらいのピュアな心、再開、最後のどんでん返し、ハッピーエンド!

 青春恋愛ものの、時代劇や演歌と同じ、ド定番でなければね。

 そんな三木孝浩監督の期待通りの映画だった。



-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「パンとスープとネコ日和」

 小林聡美主演の「かもめ食堂」と似た雰囲気の、私の大好物な食べ物に関する全4回のドラマ。今回はAmazonプライムでの鑑賞。  母と二人暮らしで、雑誌編集の会社に勤務する中年女性アキコ。職場ではベテラ …

映画「これが私の人生設計」

あらすじ  「天才建築家として国外で成功をおさめた女性セレーナは、故郷が恋しくなりイタリアに帰国する。しかし、イタリアにおける女性の就労状況は厳しく、仕方なくカフェでアルバイトして生計を立てることに。 …

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「ディープ・インパクト」

 先日、大きな火球があちこちで目撃され、そして鮮明に撮影もされた。  燃え尽きるときは満月ほどの明るさになったという。  あれだけの大きな火球であっても、大気圏に突入したものの大きさはゴルフボールほど …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …