今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 映画

映画「13デイズ」

投稿日:

 1962年10月16日、米軍の偵察機がキューバに建設中のミサイル基地を発見した。しかも、この基地には核弾頭が持ち込まれているという。もしそれが事実であれば、アメリカ本土が核の危機にさらされることになる。ケネディ大統領は、アメリカ合衆国建国以来の、ひいては人類全体の未曾有の危機に立ち向かうべく、緊急危機管理チームを召集した……。

映画.com

 キューバ危機の話。なるほどこういうことだったのかと納得。こんなにも、かなりギリギリの危ないところまで進んでいたのかとゾッとした。国を動かす限られた人たちのやりとりに、その国と国民の命が掛かっていると思うと、そういうことでいいのか?とも考えられる。独裁国家も怖いが、民主主義もひどい。かと言って他と比べるとひどい中でも民主主義が一番マシなのかもしれないと思うばかり。

 なんと言っても、ケビン・コスナーはどの映画でもかっこいい。

-ひとりごと, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「蜜蜂と遠雷」

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸の同名小説を、松岡茉優、松坂桃李、「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィンら共演で実写映画化。ピアノの天才たちが集う芳ヶ江国際ピアノコンクールの予選会に参加する若き4 …

まだ若いのに

 自分よりちょっとでも年齢が若いだけでそう思ってしまう傾向になる。  「まだまだ若いのに」  そして、自分も言われる。  「まだ若いからわからないだろうけど」 「まだ若いのにそんなこと言っててどうする …

言語化のむずかしさ

 「なにこれ?!」  と呆然と立ち尽くした。  「身動き取れなかった」に近い。  はじめてゴッホの絵を見た時の私の反応だ。  「舌筆に尽くし難い」とはよく言ったもので、  言語化が難しいということだ。 …

ドラマ「人生最高の贈りもの」

 思いかけずの号泣者のドラマを観てしまった。  1時間半ほどのドラマだし、石原さとみと寺尾聰の父娘ということで見始めた。  もうドラマ中盤から泣きっぱなし。  父と娘のドラマはいかん。どうしても現実と …

映画「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」

息子である事を隠し、ゲーム好きの父親とオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」をプレイする日々をつづり、ドラマや書籍にもなった人気ブログを坂口健太郎&吉田鋼太郎の主演で映画化。仕事一筋だった父 …