今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

投稿日:

「トランスフォーマー」シリーズなどのヒットメーカー、マイケル・ベイ監督が、2012年にリビアで発生したイスラム過激派によるアメリカ領事館襲撃事件を映画化したアクションドラマ。事件を取材したジャーナリストのミッチェル・ザッコフによるノンフィクションをもとに、支援を絶たれた6人のCIA警備兵が繰り広げる13時間の激闘を臨場感たっぷりに描き出す。12年9月11日、リビアの港湾都市ベンガジにあるアメリカ領事館が、イスラム過激派の武装集団に占拠された。領事館のほど近くにあるCIAの拠点アネックスは救援要請を傍受するが、アネックスの存在自体が極秘であるため手を出すことができない。アネックスに派遣されていた軍事組織GRSの6人の警備兵たちも待機命令を受けるが、領事館を取り巻く状況が緊迫していくのを見過ごすことができず、任意で救援活動に乗り出す。出演は「プロミスト・ランド」のジョン・クラシンスキー、「ザ・ウォーク」のジェームズ・バッジ・デール。

映画.com

 またまた人間が機関銃なのでバタバタと殺されていく映画を見てしまった。この心理はなんなのだろう?って自分で分析したくなる。

 現実にあった事件を描いた作品だけに、そのドキドキが止まらない。

 よくまぁこんなに臨場感たっぷりに撮影できるものかと感心するばかり。火災の中での救出作戦、暗視カメラでの映像、ドローン映像、血飛沫を上げて撃たれていく兵士たち。腕がちぎれた兵隊。動脈から吹き出す出血。

 目を覆いたくなるシーンばかりなのだが、怖いもの見たさで見てしまう。

 映画自体は、よく出来ていて感想を言えば「面白かった」。絶対にこんな事件に遭遇したくないけど。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    『犬も歩けば棒にあたる』一番納得していることわざです、出歩かず家に居れば一番安全とは思ってるし、バイクなんて乗るもんじゃないし、山なんて歩くもんじゃないとも思ってます一応・・・

    • KURI より:

      Akiさん
      >バイクなんて乗るもんじゃないし、山なんて歩くもんじゃないとも思ってます一応・・・
       私が言うならまだしも・・・。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「マージン・コール」

2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)を題材に、ウォール街が崩壊へと向かう緊迫の24時間を金融マンたちの視点から描いた社会派サスペンス。ウォール街の投資会社で大量解雇が発生。その対象となったエ …

映画「一度も撃ってません」

 「半世界」「エルネスト」の阪本順治監督、「野獣死すべし」「探偵物語」の丸山昇一脚本によるハードボイルドコメディ。18年ぶりの映画主演となる石橋蓮司が、冴えない小説家と伝説の殺し屋という2つの顔をもつ …

映画「容疑者Xの献身」

05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。 …

映画「初恋」

鬼才・三池崇史監督が窪田正孝を主演に迎えて描いたオリジナルストーリーで、余命わずかのボクサーが、偶然出会った少女と運命的な恋に落ちる一夜を描いた。天涯孤独の身で類まれな才能を持つ天才ボクサーの葛城レオ …

映画「ヨコハマ物語」

 サッカー競技場の芝を長年管理してきた主人公(奥田瑛二)。  定年退職の日、同僚、後輩たちから労いの言葉と花束をもらって帰宅すると、長年連れ添った妻が急死していた。  四十九日が終わって墓参りに行くと …