今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「AWAKE」

投稿日:

「キングダム」ほか話題作への出演が続く吉沢亮が主演を務め、棋士の夢に破れた青年がAI将棋のプログラミングに新たな夢を見いだしていく姿を描いた青春ドラマ。2015年に実際に行われた棋士VSコンピュータの対局に着想を得て、本作が長編初監督となる山田篤宏が書き下ろしたオリジナルストーリーで、映画業界の新たな才能発掘を目的に2017年に開催された第1回木下グループ新人監督賞のグランプリを受賞。監督デビュー作として自らのメガホンで撮りあげた。幼少時から棋士を目指してきた英一は、大事な対局で同世代の天才棋士・陸に破れたことでプロの道を諦め、普通の学生に戻るべく大学に入る。ずっと将棋しかしてこなかった彼は周囲と関わりを持つことが苦手で、なかなか友人ができずにいた。そんなある日、ふとしたことで出会ったコンピュータ将棋に心を奪われた英一は、AI研究会で変わり者の先輩・磯野の手ほどきを受けながら、プログラム開発にのめり込んでいく。共演に「愛がなんだ」の若葉竜也、「桐島、部活やめるってよ」の落合モトキ。

映画.com

 全国各地から神童と呼ばれた天才棋士が集まり、そこで切磋琢磨しながらプロ棋士を目指す。しかし、そこからプロになって食っていけるようになるのは一握りの人だけ。

 吉沢亮が演じる「英一」は、そんな夢破れたひとりの青年だった。小さな頃から将棋一筋で、その強さには自信もあった。しかし、ライバルの天才棋士「陸」に破れてプロ棋士への夢を諦めて数年遅れで大学に入学した。

 あるとき父親がコンピューター将棋をやっているのを見て、そのAIがさす将棋が定石にとらわれない自由な手だったことに「これだ!」と思った。自分も定石にとらわれずさしたことでライバルに負けた経験があったからだ。

 大学の「AI研究会」に入部して、先輩の磯野にプログラミングを1から教えてもらう。そして、そのプログラミングに磨きをかけて、最後はプロ棋士になった「陸」と対戦することになる。

 コミュニケーションが苦手で将棋オタクで、偏屈な性格の「英一」を、超イケメンの吉沢亮が演じているのがどうかと思うのだが、そこは特に違和感を感じなかった。うまく演じていると思う。「陸」はこちらも人気俳優の若葉竜也だが、この人も上手いなぁと思わせるいい演技をする。

 結末は意外な感じだったが、これはこれでアリ。面白かった。

-映画

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    若葉竜也君、大きくなったぁぁ。「あの小さかった子が??」と・・・。
    吉沢亮さんが大河の主役が決まった時、「誰?」と思いましたが、あの渋沢栄一役、好きでした。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      チビ玉三兄弟でしたっけ? どんどん若い頃の玉三郎さんに似てくる気がするのですけど。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リーマン・ブラザーズ 最後の4日間 (字幕版)

 イギリスでの60分のテレビ映画。  先日鑑賞した映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と、この映画で、リーマンショックの仕組みがなんとなく見えてきた。  あんなに賢い人たちが、こんな杜撰なことをし …

映画「初恋」

  三億円事件の時、私はまだ小学校にあがっていない。   「モンタージュ写真」「白バイ」「アタッシュケース」くらいしか思い浮かばない。  再現ドラマとか、迷宮入り事件簿みたいなものは何度か見たことある …

映画「マスター・オブ・ユニバース」

 今はガランとした巨大ビルの大きなフロアにて、かつてドイツの投資銀行の第一線で活躍していた銀行マンへのインタビュー形式の映画。大変高評価であったので鑑はじめたものの、最初の30分が過ぎ、40分が過ぎ、 …

映画「あやしい彼女」

 多部未華子ちゃんの魅力が満載の映画。  それと共に、倍賞美津子さんの凄さを感じた映画でもあった。  元の作品は韓国なんですね。それのリメイク版。まったく下調べなしで観ました。  女手一つで娘を育て上 …

映画「461個のおべんとう」

「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美によるエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を、「V6」の井ノ原快彦、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑の共演で映 …