今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

投稿日:

2011年に製作され、日本でもヒットした韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を篠原涼子、広瀬すずの主演、「モテキ」「バクマン。」の大根仁監督でリメイクした青春音楽映画。90年代、青春の真っ只中にあった女子高生グループ「サニー」。楽しかったあの頃から、20年以上という歳月を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人の女性になっていた。「サニー」の元メンバーで専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と久しぶりに再会する。しかし、芹香の体はすでに末期がんに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけみんなに会いたい」という芹香の願いを実現するため、彼女たちの時間がふたたび動き出す。現在の奈美役を篠原、高校時代の奈美役を広瀬が演じるほか、板谷由夏、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美らが顔をそろえる。90年代の音楽シーンを牽引した大ヒットメーカー、小室哲哉が音楽を担当。

映画.com

 なんと言っても広瀬すずちゃんの演技と存在感がすごい。それと池田エライザちゃん、そこにいるだけで空気が変わる感じ。

 篠原涼子の演技は少し苦手意識があったのだが、この映画ではとても素直に受け入れられた。いい演技だった。渡辺直美は、いつもの渡辺直美で安心して見ていられたし、小池栄子も安定の見事な演技、ともさかりえも流石の演技だった。板谷由夏もなかなかの迫真の演技で目が離せなかった。

 それよりも、高校時代のメンバーの弾けっぷりが素晴らしく、その当時の女子高生っぷりが見事に演じられていて驚いた。90年代の女子高生という設定だから、すでに私は結婚して子育て中ってところ。その当時の女子高生にはリアルに接していないのでよくわからないが、こんな感じだったなぁという空気はよくわかる。

 劇中の音楽も懐かしいものばかりですぐに入り込めた。その当時はいつも街中にこんな曲が流れていたなぁと懐かしく思うばかり。

 世代は違えども、学生時代の思い出は眩しく美しく輝いている。それが大人になって現実の世界へと引き摺り込まれて、学生時代に描いた夢と希望が、ただの儚い夢と希望に変わっていくことをひしひしと感じた。

 この前劇場で見た「花束みたいな恋をした」でも同じような感覚になった。あちらは男と女の理想と現実の捉え方の違いだが、この映画では女子の友情の悲哀。

 篠原涼子の夫がボソッと「女は卒業しちゃうと会わなくなっちゃうよね。女の友情なんて・・・・」というようなセリフを言うと篠原涼子が否定しようとするが、そこで強く否定してもわかってもらえないだろうと言葉を引っ込めるシーンが出てくる。そんな日常の小さな鬱憤の積み重ねが、映画の後半に向かって爆発していく。その盛り上げ方がとても見事である。過去と現在の映像を織り交ぜながら、時には合成させながら、少しずつ少しずつエンディングへと積み上げていく。

 そして最後はオザケンの「強い気持ち 強い愛」をみんなで激しく踊る。この曲はこんなにいい曲だったんだと思わされる。

 思わずおじさんでも泣いてしまった。とても爽快であり、センチメンタルな気持ちになる傑作だった。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ワンダーウォール」

2018年にNHK BSプレミアムなどで放送され、単発ドラマながら写真集発売など異例の広がりをみせた「京都発地域ドラマ ワンダーウォール」に未公開カットなどを追加した劇場版。京都の片隅にある学生寮・近 …

映画「残された者-北の極地-」

テレビシリーズ「ハンニバル」や「ドクター・ストレンジ」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」などハリウッド大作でも活躍するデンマークの人気俳優マッツ・ミケルセンが主演を務め、飛行機が墜落し北極 …

映画「神様のカルテ2」

 櫻井翔主演で夏川草介のベストセラー小説を映画化した医療ヒューマンドラマ「神様のカルテ」続編。妻・榛名の出産を心待ちにする内科医・栗原一止が勤務する本庄病院に、一止の大学時代の同期でもあるエリート医師 …

映画「つみきのいえ」

 海面が上昇したことで水没しつつある街にひとり人残り、まるで塔のようにそびえ立った家で暮らしている老人がいた。彼は家が沈みかけるたびに、積み木のように上へ上へと家を建て増しすることで難をしのぎつつも穏 …

映画「解夏」

視力を失う難病に冒された青年と、彼に無償の愛を捧げる恋人の姿を描いたドラマ。監督は「船を降りたら彼女の島」の磯村一路で、さだまさしによる同名小説を基に磯村監督自ら脚色。撮影を「アンテナ」の柴主高秀が担 …