今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「10万分の1」

投稿日:

「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐と「ReLIFE リライフ」の平祐奈がダブル主演を務め、宮坂香帆の人気少女漫画を実写映画化。10万分の1の確率でしか起こらない難病という運命が降りかかりながらも、手を取り合って未来に向かっていく高校生の2人の恋愛を描いた。高校剣道部のマネージャーを務める桜木莉乃は、中学時代からの友人である剣道部の人気者・桐谷蓮に思いを寄せていた。しかし自分に自信が持てない莉乃は、学校中の生徒たちの憧れの的である蓮に気後れしてばかりで、告白して気まずくなるくらいなら友達のままでいようと思っていた。そんなある日、思いがけず蓮の方から告白され、2人は付き合うことに。誰もがうらやむ幸せな日々を送る莉乃と蓮だったが、やがて「10万分の1」の確率でしか起こらない残酷な運命が2人に降りかかる。「旅猫リポート」の三木康一郎監督がメガホンをとり、「きょうのキラ君」の中川千英子が脚本を担当。

映画.com

 「10万分の1の確率でしか起こらない難病」というのは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のこと。徐々に体が動かなくなってしまうという難病。

 人気コミックの実写映画化。人気のイケメンくんと可愛い女優さんのダブル主演。

 難病についてはここでは語らないが、恋愛映画としては王道を突っ走る高校生恋愛物語。

 難病系の映画は、今までにもたくさんあって実際にある病気がほとんどだが、架空の病気まで作り上げては涙涙の恋愛映画に仕上げていく。

 これは時代劇にもある程度テンプレートがあるように、このラブコメというジャンルにも同じようなテンプレートがある。これがないとラブコメとは言わないというようなお決まりがある。

 例えば、「夏祭り・花火・浴衣」とか「街を見渡せる高台で告白」とか、これは時代劇もそうだ。金さんみたいに「お白洲での桜吹雪」みたいな。毎週のサスペンス劇場もそうだろう。なぜかいつも崖の上での大団円。見る方もそういうのを期待してみる訳だから、作る方も楽だし、見る方も安心して見ていられる。

 時代劇が勧善懲悪であるように、ラブコメは純愛が正義であ利、二股は「サイテー!」でなのである。

 そういう意味では、この映画も王道を突っ走っていて及第点の映画だった。

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ハゲタカ」

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶 …

映画「水曜日が消えた」

 主人公の青年は幼いころの事故の後遺症により、7人の人格が日替わりで現れる。性格や好み、ライフスタイルもそれぞれ異なる7人の中でも一番地味で几帳面な火曜日の”僕”は、自由奔放な …

映画「レイダース 失われたアーク《聖櫃》」

「インディ・ジョーンズ」シリーズの記念すべき第1作で、「スター・ウォーズ」のジョージ・ルーカスと「ジョーズ」「未知との遭遇」のスティーブン・スピルバーグが初タッグを組み、1981年に製作した冒険活劇。 …

映画「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」

「娚(おとこ)の一生」「姉の結婚」などで知られる西炯子の人気漫画「お父さんチビがいなくなりました」を倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子のキャストで映画化。3人の子どもを育て上げ、猫のチビと穏やかに晩年を暮 …

映画「天気の子」

「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。離島から家出し、東京に …