今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「1917 命をかけた伝令」

投稿日:

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。

 上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退したドイツ軍を追って攻撃をかけることになっているが、それを中止する様に伝えてくれ!」と重大な命令を受ける。

 しかし、本当に敵が撤退したのも本当なのかどうかもわからず、もし撤退してなかったら2人だけで前線に突っ込むことになる。渡されたのは命令書と手榴弾と僅かな食糧だけ。明朝までに最前線まで死体が山積みになっている戦場を乗り越えていかなければならない。そんな過酷な二人の1日を、ほぼワンカットで寄り添う様に撮影された映画。その場にいる様な臨場感は、プライベートライアンの序盤にも通じるところがあり、全編それが続く。ストーリーは1本道。およそ2時間手に汗握るシーンばかりであった。

 実際はワンカットではないらしいが、観ていてどこで切れているのかわからない。「これはどうやって撮影しているのだろう?」と思うシーンばかりが続く。

 ネズミの動きまで脚本に入っているし、飛行機は墜落してくるし、滝に落ちるシーンもカメラはずっと寄り添っているし。演じる方も凄いが、撮影する方も凄い。そして綿密に計算されたタイムスケジュールを作って、それに沿って正確にプログラムを回していることに感心し、そんなことを意識することなく観られたことに大いに感動した。

 出来るならもう一度観てみて、いろいろな気になる部分をチェックしながら見て、もう一度その凄さに感動してみたい。

 大きな拍手を送りたくなる作品だった。



-映画
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    ほぼ同感です、心に残る作品の一つになりますね^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ハゲタカ」

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶 …

映画「マチネの終わりに」

平野啓一郎原作の同名小説の映画化。 「パリでの公演を終えた世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子と出会う。2人は出会った瞬間から惹かれ合い、心を通わせ …

映画「愚行録」

    直木賞候補になった小説「愚行録」の映画化作品。  ある未解決エリートサラリーマン一家の殺人事件から1年。それを追い始めた週刊誌記者「田中(妻夫木聡)」は、殺された家族の大学時代の友人たちに取材 …

映画「天使がくれた時間」

 ニコラス・ケイジって名前はよく知っているし、顔もすぐに出てくるのに、作品が思い浮かばない。  何に出ていた人だっけ?って出演作品を上からずっと眺めていると、ほとんど見たことなかった。なのにどうしてこ …

映画「百瀬、こっちを向いて。」

 設定がややこしいのでWikiから引用。 主人公の相原ノボルは、東京の大学卒業を控えて博多へ戻った時、妊娠中の神林先輩と再会し、知り合った高校に入学して間もない頃の8年前の5月末からの出来事を振り返る …