今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「1917 命をかけた伝令」

投稿日:

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。

 上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退したドイツ軍を追って攻撃をかけることになっているが、それを中止する様に伝えてくれ!」と重大な命令を受ける。

 しかし、本当に敵が撤退したのも本当なのかどうかもわからず、もし撤退してなかったら2人だけで前線に突っ込むことになる。渡されたのは命令書と手榴弾と僅かな食糧だけ。明朝までに最前線まで死体が山積みになっている戦場を乗り越えていかなければならない。そんな過酷な二人の1日を、ほぼワンカットで寄り添う様に撮影された映画。その場にいる様な臨場感は、プライベートライアンの序盤にも通じるところがあり、全編それが続く。ストーリーは1本道。およそ2時間手に汗握るシーンばかりであった。

 実際はワンカットではないらしいが、観ていてどこで切れているのかわからない。「これはどうやって撮影しているのだろう?」と思うシーンばかりが続く。

 ネズミの動きまで脚本に入っているし、飛行機は墜落してくるし、滝に落ちるシーンもカメラはずっと寄り添っているし。演じる方も凄いが、撮影する方も凄い。そして綿密に計算されたタイムスケジュールを作って、それに沿って正確にプログラムを回していることに感心し、そんなことを意識することなく観られたことに大いに感動した。

 出来るならもう一度観てみて、いろいろな気になる部分をチェックしながら見て、もう一度その凄さに感動してみたい。

 大きな拍手を送りたくなる作品だった。



-映画
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    ほぼ同感です、心に残る作品の一つになりますね^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ファーザー」@アレックスシネマ

名優アンソニー・ホプキンスが認知症の父親役を演じ、「羊たちの沈黙」以来、2度目のアカデミー主演男優賞を受賞した人間ドラマ。日本を含め世界30カ国以上で上演された舞台「Le Pere 父」を基に、老いに …

映画「大誘拐」

ある夏の日の朝、大阪刑務所に仲間の正義と平太を迎えに行った健次は、二人に誘拐の計画を話す。最初は反対する二人だったが、健次のねらいは紀州一の山林王・柳川とし子刀自。さっそく計画を実行する三人。ところが …

映画「一週間フレンズ」

Amazonプライムで観ようと思って「すぐ観る」をクリックしようとしたら、 「もう一度観る」って書いてあって驚いた。  見始めても「これみたっけかなぁ?」「うん、観たような気がするけど、この先どうなる …

映画「グラウンドブレイク 都市壊滅」

 Amazonプライムで星が5つ付いていたので観てみた。  アルメニアという黒海とカスピ海の間にある国で、1988年に実際に起こった大地震のことを描いた作品。  石造りの家が多く、タイトルの通り都市壊 …

映画「半世界」

 これほど画面から目が離せなかった映画もなかった。  ハラハラドキドキじゃなくて、「マラソン中継を見始めたらトイレにも行けずに最後までずっと見ちゃった」に近いかもしれない。  脚本が素晴らしいのか、役 …