今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「1944 独ソ・エストニア戦線」

投稿日:

ドイツ武装親衛隊に属する、エストニア人のカール・タミクの両親と妹は、ソ連赤軍によって極寒のシベリアに追放された。1940年から始まったソ連による弾圧は、多くのエストニア人が悪評高きナチス・ドイツに身を寄せるきっかけとなり、カールもその中の一人となっていた。一方、カールと同じエストニア人のユーリ・ヨギはソ連赤軍の上級軍曹であり、彼は1939年、兵役によりソ連のエストニア国防軍に召喚されていた。上官からの信頼も厚い彼は、ソ連に忠実に任務をこなす毎日を送っていた。そんな中、同じエストニア人であるカールとヨギは敵同士に分かれる形で、戦場で遭遇する。それはエストニアの独立が不可能な時代に起きた悲劇の戦いであった。愛するエストニアの国土がドイツとソ連の戦車、地雷に埋め尽くされ、同胞同士のあまりにも苛烈な戦闘が続く。爆炎と硝煙の中で二人が見たものとは一体….

TOWER RECORDS

 「エストニア」という国は、バルト三国の一番北の国。旧ソ連からは弾圧されながらも兵役でソ連赤軍として真面目に任務につくエストニア人の青年ユーリ・ヨギ。

 もう一人カール・タミクという同じエストニアの青年は、両親と妹をソ連赤軍によってシベリアに追放され、ナチスドイツに身を寄せていた。

 そんな二人が戦場で対面する。

 そして、ユーリはカールを銃で殺してしまう。殺されたカールの懐には姉に出すべき手紙が入っていた。そこには、家族がソ連赤軍に連行されていく時に自分はただ見ていただけで何も出来なかったとその悔恨が書かれていた。ユーリはその姉に手紙を届ける。自分がカールを殺したとは言わずに、その後もその姉に恋をしてしまうが、そのことでも自分を苦しめる。

 どうして我々は同胞同士で戦っているのだ?そもそもこれは何の戦いなのだ?自分の祖国の独立のために戦っているはずが、どうして同じ国のもの同士で戦わなければならないのだろう?

 こんな悲しいことがあるだろうか?

 兵士たちも悩み苦しむ。同胞を殺してしまった自分を責めて責めて責め続ける。

罪なき人が罪を感じ、罪深い人が何も感じない

 こんな時だからこそ、このような映画がリアルすぎて怖くて震えてしまう。こんなに悲しく怖い映画があるだろうか?

 

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    ソ連(ロシア)って国は変らないのかねぇ

    • KURI より:

      Akiさん
       ロシアについてのことってほとんど知らないので、YouTubeとかで簡単にロシアと周辺国の歴史とかいくつかの動画を見ていてもあまりに日本と違うので共感するのが難しいです。
      周りを海に守られている島国の人間では到底理解できないものがあるのでしょうね。

  2. しんちゃんママ より:

    >「罪なき人が罪を感じ、罪深い人が何も感じない」
    ⇒わかります。
      テレビで『ウクライナ』と聞くだけで、心が苦しくなり、動悸が・・・。
      W先生の相談したら、見なければいいと・・・。
      これが朝8時にTBS『ラヴィット』を見る理由です。

      コロナが流行し始めた時も同じ症状になり、しんちゃんパパにW先生へ連れて行かれました。
      W先生は電卓片手に、松戸市の人口と松戸市の感染者数を計算して、必死に説明。
      しんちゃんママが納得するまで、コロナウイルスと感染防止を話をしてくれました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       近頃「不安を煽るのが仕事」としか思えなくなりました。そして「本日の新規感染者数」も、どうでもよくなりました。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ボヴァリー夫人とパン屋」

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。フランス西部ノルマンディーの小さ …

映画「ファーストラヴ」

第159回直木賞を受賞した島本理生の同名サスペンス小説を北川景子主演、堤幸彦監督のメガホンで映画化。父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女の「動機はそちらで見つけてください」という挑 …

映画「ムーンライトシャドウ」

吉本ばなな初期の名作「ムーンライト・シャドウ」を、小松菜奈主演で映画化したラブストーリー。さつきと等は導かれるように出会い、恋に落ちる。等の3歳年下の柊と、柊の恋人ゆみこをあわせた4人は意気投合し、多 …

映画「おらおらでひとりでいぐも」

 第158回芥川賞と第54回文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子のベストセラー小説を「横道世之介」「モリのいる場所」の沖田修一監督が映画化し、昭和・平成・令和を生きるひとりの女性を田中裕子と蒼井優が2人1 …

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …