今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「1944 独ソ・エストニア戦線」

投稿日:

ドイツ武装親衛隊に属する、エストニア人のカール・タミクの両親と妹は、ソ連赤軍によって極寒のシベリアに追放された。1940年から始まったソ連による弾圧は、多くのエストニア人が悪評高きナチス・ドイツに身を寄せるきっかけとなり、カールもその中の一人となっていた。一方、カールと同じエストニア人のユーリ・ヨギはソ連赤軍の上級軍曹であり、彼は1939年、兵役によりソ連のエストニア国防軍に召喚されていた。上官からの信頼も厚い彼は、ソ連に忠実に任務をこなす毎日を送っていた。そんな中、同じエストニア人であるカールとヨギは敵同士に分かれる形で、戦場で遭遇する。それはエストニアの独立が不可能な時代に起きた悲劇の戦いであった。愛するエストニアの国土がドイツとソ連の戦車、地雷に埋め尽くされ、同胞同士のあまりにも苛烈な戦闘が続く。爆炎と硝煙の中で二人が見たものとは一体….

TOWER RECORDS

 「エストニア」という国は、バルト三国の一番北の国。旧ソ連からは弾圧されながらも兵役でソ連赤軍として真面目に任務につくエストニア人の青年ユーリ・ヨギ。

 もう一人カール・タミクという同じエストニアの青年は、両親と妹をソ連赤軍によってシベリアに追放され、ナチスドイツに身を寄せていた。

 そんな二人が戦場で対面する。

 そして、ユーリはカールを銃で殺してしまう。殺されたカールの懐には姉に出すべき手紙が入っていた。そこには、家族がソ連赤軍に連行されていく時に自分はただ見ていただけで何も出来なかったとその悔恨が書かれていた。ユーリはその姉に手紙を届ける。自分がカールを殺したとは言わずに、その後もその姉に恋をしてしまうが、そのことでも自分を苦しめる。

 どうして我々は同胞同士で戦っているのだ?そもそもこれは何の戦いなのだ?自分の祖国の独立のために戦っているはずが、どうして同じ国のもの同士で戦わなければならないのだろう?

 こんな悲しいことがあるだろうか?

 兵士たちも悩み苦しむ。同胞を殺してしまった自分を責めて責めて責め続ける。

罪なき人が罪を感じ、罪深い人が何も感じない

 こんな時だからこそ、このような映画がリアルすぎて怖くて震えてしまう。こんなに悲しく怖い映画があるだろうか?

 

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    ソ連(ロシア)って国は変らないのかねぇ

    • KURI より:

      Akiさん
       ロシアについてのことってほとんど知らないので、YouTubeとかで簡単にロシアと周辺国の歴史とかいくつかの動画を見ていてもあまりに日本と違うので共感するのが難しいです。
      周りを海に守られている島国の人間では到底理解できないものがあるのでしょうね。

  2. しんちゃんママ より:

    >「罪なき人が罪を感じ、罪深い人が何も感じない」
    ⇒わかります。
      テレビで『ウクライナ』と聞くだけで、心が苦しくなり、動悸が・・・。
      W先生の相談したら、見なければいいと・・・。
      これが朝8時にTBS『ラヴィット』を見る理由です。

      コロナが流行し始めた時も同じ症状になり、しんちゃんパパにW先生へ連れて行かれました。
      W先生は電卓片手に、松戸市の人口と松戸市の感染者数を計算して、必死に説明。
      しんちゃんママが納得するまで、コロナウイルスと感染防止を話をしてくれました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       近頃「不安を煽るのが仕事」としか思えなくなりました。そして「本日の新規感染者数」も、どうでもよくなりました。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「恋妻家宮本」

「家政婦のミタ」「女王の教室」といった人気ドラマを多数手がけてきた脚本家・遊川和彦の映画監督デビュー作。重松清の小説「ファミレス」を遊川自ら大胆に脚色し、熟年離婚が当たり前になった現代で、子どもが独り …

ドラマ「カルテット」

 あらすじ  ある日、“偶然”出会った男女4人。夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ること …

ドラマ「あなたのことはそれほど」

 上段の二人、下段の二人がそれぞれ夫婦で  左側二人が不倫しているという設定。  料理も作ってくれるし、いつもやさしい夫(東出くん)と結婚した美都(波瑠さん)。  美都は、中学時代から好きで好きで仕方 …

映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

1969年5月に東京大学駒場キャンパスで行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島の生き様を映したドキュメンタリー。1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、 …

映画「461個のおべんとう」

「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美によるエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を、「V6」の井ノ原快彦、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑の共演で映 …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲