今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「3D彼女 リアルガール」

投稿日:

リア充美少女と恋愛経験ゼロのオタク男子の純愛を描いた那波マオ原作の同名人気コミックを、中条あやみ&佐野勇斗主演で実写映画化。ある日、リア充女・五十嵐色葉からなぜか猛烈なアプローチをされたオタク高校生・筒井光。ゲームやアニメの2次元の女の子さえいれば生きていけると思っていた光は、初めてのリアルな恋愛に、新手のいじめではないかと疑うなど被害妄想にとりつかれて戸惑う。一方、校内はオタク男とリア充女のありえない組み合わせに騒然となり、色葉と光の交際を不快に思うイケメン男子や2次元オタク後輩女子からの告白など、光を取り巻く状況は大きく変化し、光自身のコミュ力も限界を突破してしまう。

映画.com

美少女から告白された時の 二次元ヲタクの狼狽えっぷりが最高。

設定が色々と無理があって入り込めないところもあるが、なんだかんだ言って最後まで飽きずに見てしまったのは、やはり中条あやみの美しさだろうか。

 最初は嫌悪感で見ていられなかったヲタク役の佐野勇斗くんも少しずつ慣れて可愛く思えてくる。

 中条あやみ演じる「色葉」について、家族やら病気のこととかの背景がまったく描かれないし、両親も出てこない。出てくるのは小さい頃から診察していると言う医者だけ。しかも、手術後に記憶をなくしたらその医者と結婚すると言う。この辺りの「なぜ?」が描かれないのでどうもしっくりこない。

 途中、中弛みがあるがそれでも最後までちゃんと観られるのは、監督さんの力量なのかなって気がした。

 原作は読んでいないからなんとも言えないのだけど。

 この英勉(はなぶさつとむ)監督作品である「ハンサムスーツ」と「トリガール!」と同じ匂いがして、その面白さを継承している気がする。

 途中のハロウィーンのシーンもいい感じの演出。上白石萌歌ちゃんも上手に演じている。イケメン役が色葉に殴られて顔が腫れ上がるのも、ハンサムスーツを思い出して笑えた。

 なんだかんだで楽しい映画だった。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …

映画「生きる街」

 東日本大震災をテーマにしたある家族の物語。  海沿いの町で、漁師の夫と娘と息子と暮らしていた主人公(夏木マリ)。震災の津波で夫が流されて行方不明になり、息子も大怪我でオリンピックを目指していたが諦め …

映画「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」

 カナダの女性画家「モード・ルイス」の半生を描いた映画。  モードは、生まれながらの若年性リウマチを患っており、手足が思うように動かない。背も小さく、歩き方も不自然。そんな見た目のために、小さい頃から …

映画「いつまた、君と~何日君再来~」

 向井理さんのお祖母さんが書かれた手記を元に、向井理さんが企画して作られた映画。そして、向井理さんが自分の祖父を演じている。 81歳になった芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・ …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …