今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「461個のおべんとう」

投稿日:

「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美によるエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を、「V6」の井ノ原快彦、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑の共演で映画化。長年連れ添った妻との別れを決意した鈴本一樹。息子の虹輝は父と暮らすことを選んでくれたが、15歳という多感な時期を迎える虹輝に対し、一樹は罪悪感を抱いていた。高校受験に失敗した虹輝に、これまで自由に生きてきた一樹は「学校だけがすべてではない。自由に好きに育ってくれたらそれでいい」と思っていたが、虹輝は高校進学の道を選び、翌春に高校合格を果たす。学校の昼食は「父さんのお弁当がいい」と虹輝が言ったことから、一樹はミュージシャンでありながら息子のためにお弁当を作り続けることを決意する。一樹役を井ノ原、虹輝役を道枝がそれぞれ演じる。また原作者の渡辺が、一樹のバンドがライブを行うライブハウスのオーナー役でカメオ出演。監督は「キセキ あの日のソビト」の兼重淳。(映画.com

 以前に鑑賞した映画「今日も嫌がらせ弁当(篠原涼子主演)」の男性版という感じ。こちらも実話を元にしている。

 シングルファザーになった父親(V6 井ノ原快彦)と息子(なにわ男子 道枝駿佑)。どちらもジャニーズ。

 別れた母親は元宝塚の映美くらら。 

 高校受験の時に両親が離婚。そんなことで高校受験は失敗して浪人。一浪して高校に入学したが、周りは年下で浮いた存在になっていた。

 父親は、毎朝弁当作ってやるから3年間休まず学校行けというのが約束。父親はミュージシャン。

 そのうちその弁当が縁で友達が出来る。隣の席の女の子(森七菜)。

 一番魅力的だったのは、この森七菜ちゃんかな?

 学校行きたくなくなったり、弁当を捨てちゃったり、弁当いらないって言ったり、色々あったけど、

 やっぱり最後は「お父さん、ありがとう」で終わる、ハッピーエンド。

 こういう映画がいいよね。

 一番最後の父と息子の二人で歌うシーンが良かったな。

 でも一番良かったのは森七菜ちゃん。(^_^)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」

 主人公・蒲原トキコ(吉田さん)は20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也(國村さん)がたった一人の肉親だった。 破天荒な人生を歩み、自由奔放で愛嬌(あいきょう)のある70代の父、独身で勝ち気な40半 …

映画「硫黄島からの手紙」

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦 …

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …

映画「ハナミズキ」

人気アーティスト・一青窈の大ヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにしたラブストーリー。主演に新垣結衣、相手役で生田斗真が共演。北海道で母・良子(薬師丸ひろ子)と2人で暮らす紗枝は、東京の大学に進学すること …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …