今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「Closed Note クローズド ノート」

投稿日:

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹の日記で、生徒たちとの交流や恋の悩みが綴られていた。バイト先で出会った画家・石飛への恋心を持て余していた香恵は、罪悪感を抱きながらも日記を読み進めていくが……。2人のヒロインを沢尻エリカと竹内結子が演じる。

映画.com

 沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介。

 この3人が織りなす素晴らしい映画。しかし、現在この3人は俳優を仕事をやっていない。竹内結子さんに至ってはなんとも残念ながらこの世におられない。この映画の中の竹内結子さんは本当に生き生きとした女性を演じている。こんなに実力のある女優さんがどうしてどうしてと思うばかり。

 撮影場所は、よくよく知っているところばかり。南禅寺の水路閣、哲学の道、白川の一本橋。それだけに感情移入してしまう。

 沢尻エリカも大好きな女優。どの映画も見事な演技力。メディアでは偏った取り上げ方をされてしまっているのもあり、時に袋叩きに合うこともあるが、映画の中の彼女はいつでも素敵な女性だ。一つの役柄に入り込みやすく、そのキャラクターになり切ってしまうという。そして、次の作品に移る時は「役落とし」という休暇を取らないといけないらしい。映画を見ているとそれも理解できる。

 竹内結子を最初に知ったのはNHKの朝ドラ「あすか」だった。その時は、ここまでの実力派女優になるとは思っていなかったのだが、なんとも可愛らしい女優さんだなぁという印象だった。その後、「黄泉がえり」「いま、会いにゆきます」「サイドカーに犬」で一気に地位を固めた。この映画はその「サイドカーに犬」の3ヶ月後の公開であった。

 この映画の中の竹内結子は本当に輝いている。それを見ているだけでも涙が出てくる。そして、この映画の中でも悲しい結末になってしまい、エンディングはその映像に泣けてしまう。最後に伊勢谷友介が竹内結子を思い泣きじゃくるシーンがとても印象的だ。

 映像も美しく、ストーリーも淀みなく進行して、ずっと画面に集中してみていた。

 今は、少なくとも沢尻エリカと伊勢谷友介の復活を祈るばかり。



-映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「祈りの幕が下りる時」

阿部寛主演、東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画「麒麟の …

映画「ジェネラルルージュの凱旋」

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの …

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く …

映画「ビューティフル・マインド」

 天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳 …

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

 昔、手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んだ。何度も何度も読み返した記憶がある。ヒトラーの狂気とその時代の空気とたくさんの不運な出来事があのような地獄を作り出してしまった。  実際のヒトラーを見たことは …