今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「Fukushima50」

投稿日:

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿岸に押し寄せた巨大津波に飲み込まれた福島第一原発は全電源を喪失する。このままでは原子炉の冷却装置が動かず、炉心溶融(メルトダウン)によって想像を絶する被害がもたらされることは明らかで、それを防ごうと、伊崎利夫をはじめとする現場作業員や所長の吉田昌郎らは奔走するが……。現場の最前線で指揮をとる伊崎に佐藤浩市、吉田所長に渡辺謙という日本映画界を代表する2人の俳優を筆頭に、吉岡秀隆、安田成美ら豪華俳優陣が結集。「沈まぬ太陽」「空母いぶき」などの大作を手がけてきた若松節朗監督がメガホンをとった。第44回日本アカデミー賞で最優秀監督賞や最優秀助演男優賞(渡辺謙)などを受賞した。

映画.com

 1回目は妻と劇場で。今回は自室のAmazonプライムで。

 ここのところ戦争映画を観ているせいか、この映画にもいい意味で同じ匂いを感じた。

 放射線量の極度の高い場所への決死隊。「誰か行ってくれるやつはいるか?」という声に、多くの所員が手を上げる。「若い奴はだめだ!」というベテラン陣。

 「私に行かせてください!」と次々と手を上げる状況。

「みんなありがとう!俺が死んだらお前が行くんだ。そしてお前が死んだら、お前の後輩が行くんだ」という趣旨のセリフ。

 必死の思いで決死の作業に向かうが、線量が多すぎて任務をなし遂げられなかったら、

 「すみません、すみません」と涙を流して叫ぶ。

 自分の命よりも任務のため、そして仲間のため、避難所にいる家族のため、地域のみんなのため。

 「なんで俺が行かなきゃ行かんの?」というのとは対極のところいる。

 現場では情報が錯綜する。炉心の冷却のための真水がなくなったところで海水を注入していると、「海水を入れると再臨界の可能性があるからすぐに中止しろ」との命令。専門家がそう言っていたらしい。「そんなことをしたら冷却できないじゃないか」と憤慨。「いいから海水注入をやめろ」と言う本店。現場は中止したと報告するが実際は海水で冷却し続ける。それが命令違反だとしてのちに裁かれる。

 かなり後になって、その専門家は「私がそんなことを言うはずがない。」と言う。何が本当なのかわからない。

 世の中はこんなことばかりなのかもしれない。有事でもそうでなくともそんなもん。巻き込まれてしまわないことを祈るしかない。

 この映画は、自分の命を投げ打ってでも原発を守る人たちがいたと言う映画なのだろうか?少なくともそれを批判する映画ではない。それを美化する映画でもない。そう言う現実が起こったときに、日本人はどのように行動するのだろうと言うことだ。この映画に何も違和感をおぼえなかったところを見ると、きっと自分もその場にいたら同じような行動をするかもしれないなと思った。

 



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「コーダ あいのうた」と閉館のお知らせ

家族の中でただ1人の健聴者である少女の勇気が、家族やさまざまな問題を力に変えていく姿を描いたヒューマンドラマ。2014年製作のフランス映画「エール!」のリメイク。海の町でやさしい両親と兄と暮らす高校生 …

映画「ランボー ラストブラッド」

シルベスター・スタローンの「ロッキー」に並ぶ代表作で、1982年に1作目が製作された人気アクション「ランボー」のシリーズ第5弾。グリーンベレーの戦闘エリートとして活躍していたジョン・ランボーは、いまだ …

映画「イーディ、83歳 はじめての山登り」

夫や子どもに人生を捧げてきた83歳の主婦が、長年の自分の夢をかなえるべくスコットランドの山を目指す姿を描いたヒューマンドラマ。ロンドンで暮らすイーディは30年間にわたって夫の介護を続けてきたが、娘には …

映画「フライト・クルー」

大噴火が起こった火山島から飛行機で脱出を図るパイロットの奮闘を描き、ロシアで大ヒットを記録したディザスターパニック大作。とある島で火山の大噴火が発生し、ベテラン機長ジェチェンコと訓練生アレクセイが操縦 …

映画「ジェネラルルージュの凱旋」

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの …