今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「Love Letter 」

投稿日:

「Undo」「花とアリス」の岩井俊二監督の長編第1作。事故で婚約者の樹を亡くした博子は、国道になってしまったという彼が昔住んでいた住所に届くはずのない手紙を出した。しかしその手紙は、婚約者と同姓同名の女性のもとへ届き、2人の不思議な文通が始まるのだった。中山美穂が博子と手紙を受け取る女性、樹の2役を演じ話題となった。

映画.com

 1995年の映画。若かりし中山美穂と豊川悦治主演のラブストーリー。

 神戸に住む渡辺博子(中山美穂)は、婚約者「藤井樹」を山での事故で失ってしまう。その婚約者の母に中学校時代に小樽に住んでいたことを聞き、その昔の小樽の住所に婚約者の名前宛で「お元気ですか?」と手紙を出した。返信が来るはずもないのだが、不思議なことに藤井樹からの手紙が届く。

 同じ住所に同姓同名の「女性」が住んでいたのだ。その女性は婚約者の男性とクラスメイトであり在学中は色々と名前が同じということで迷惑な思い出しかなかった。

 婚約者の友達である秋葉茂(豊川悦治)は、以前から樹に好意をもっており、婚約者の3回忌が済んだところで交際を申し込む。

 そこから小樽の藤井樹を二人して探しにいくことになる。

 小樽の藤井樹と神戸の渡辺博子はどちらも中山美穂が演じており、そっくりだという設定。小樽の藤井樹と渡辺博子とどちらにも様々な出来事が起こりながら、小樽の藤井樹と死んだ婚約者の藤井樹の秘めた気持ち、そして、小樽の藤井樹と渡辺博子が似ていることでの博子の迷いをうまく表現していた。

 若い中山美穂の演技はなかなかのもので、とても魅力的だった。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「泣きたいときのクスリ」

 FMラジオドラマでよく聴いていた同名タイトル。いくつかの話を合わせて映画化した感じ。ラジオドラマはとても楽しみで毎回聴いていたので映画化も楽しみだった。  出演者も、大東俊介、戸田菜穂、袴田吉彦、遠 …

映画「THIS IS IT」

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、同年夏にロンドンで開催するはずだった幻のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルとその舞台裏を収めたドキュメンタリー。100時間以上に及ぶ楽曲とパ …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「Closed Note クローズド ノート」

人気ミステリー作家・雫井脩介による恋愛小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化。教育大に通う香恵は、引越先のアパートで前の住人が忘れていったノートを発見する。それは小学校の女性教師・伊吹 …

映画「ハクソー・リッジ」

メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりにメガホンをとり、第2次世界大戦の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵デズモンド・ドスの実話を映画化した戦争ドラマ。人を殺してはならないという宗教的信念を …