今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「mellow(メロウ)」

投稿日:

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」などで恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督が、ドラマ「おっさんずラブ」「あなたの番です」などで勢いに乗る田中圭を主演に迎えた恋愛群像劇。独身・彼女なしで「恋人は花」と言うほどに花が好きな夏目誠一が営む、おしゃれな花屋と、女性店主の木帆が切り盛りしているが、父親から代替わりして今では廃業寸前のラーメン屋。対照的な2つの店を舞台に、さまざまな人たちの不器用な片思いを描く。田中が花屋の店長・夏目を演じ、「不能犯」「午前0時、キスしに来てよ」などに出演したモデルで女優の岡崎紗絵がヒロインの木帆に扮した。

映画.com

 「こんな雰囲気の映画があるから邦画っていいんだよなぁ」って思うような作品。そんな映画をこの監督は撮ってくれる。今泉力哉監督。

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」

ではそんな恋愛映画を撮ってくれた。

 今回は主人公に乗ってる田中圭。この映画でもモテモテだ。惚れるのは細身でモデルのように可愛いラーメン店主の岡崎紗絵だったり、女子中学生だったり、既婚の色っぽい「ともさかりえ」だったり。とにかくモテる。

 振り向けばどこにでもいそうな素朴なお兄ちゃんが、女優さんやモデルさんにモテて、「なんで僕なんかがモテるのかわからないけど、本当にモテているんですかねぇ?」みたいなスタンスなのがいいのかもしれない。

 女性への興味は表には出さず、いつも自分の好きなものに熱中していて、そこへの愛情の注ぎ方が変態ちっくじゃなくて素直で純粋なのがいいのかもしれない。そういう人物像は上手に演じているというか、そう見えてしまう田中圭の良さが出ている映画だった。

 短い映画だったが、いい映画だった。

 また観てしまうかもしれない。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「ドライブマイカー」

村上春樹の短編小説集「女のいない男たち」に収録された短編「ドライブ・マイ・カー」を、「偶然と想像」でベネチア国際映画祭銀熊賞を受賞した濱口竜介監督・脚本により映画化。舞台俳優で演出家の家福悠介は、脚本 …

映画「くれなずめ」@ユナイテッド・シネマ

「アズミ・ハルコは行方不明」「君が君で君だ」の松居大悟監督が、自身の体験を基に描いたオリジナルの舞台劇を映画化。高校時代に帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興をするため5年ぶり …

映画「小さいおうち」

名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き …

映画「神様のカルテ」

 現役医師の作家・夏川草介によるベストセラーで、2010年本屋大賞第2位にも選出された同名小説を映画化。主演は、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔と宮崎あおい。「60歳のラブレター」「白夜行」の俊英・ …

映画「竜とそばかすの姫」DVD

「サマーウォーズ」「未来のミライ」の細田守監督が、超巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に少女の成長を描いたオリジナル長編アニメーション。高知県の自然豊かな田舎町。17歳の女子高生すずは幼い頃に母を …