今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「mellow(メロウ)」

投稿日:

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」などで恋愛映画の旗手として注目される今泉力哉監督が、ドラマ「おっさんずラブ」「あなたの番です」などで勢いに乗る田中圭を主演に迎えた恋愛群像劇。独身・彼女なしで「恋人は花」と言うほどに花が好きな夏目誠一が営む、おしゃれな花屋と、女性店主の木帆が切り盛りしているが、父親から代替わりして今では廃業寸前のラーメン屋。対照的な2つの店を舞台に、さまざまな人たちの不器用な片思いを描く。田中が花屋の店長・夏目を演じ、「不能犯」「午前0時、キスしに来てよ」などに出演したモデルで女優の岡崎紗絵がヒロインの木帆に扮した。

映画.com

 「こんな雰囲気の映画があるから邦画っていいんだよなぁ」って思うような作品。そんな映画をこの監督は撮ってくれる。今泉力哉監督。

「パンとバスと2度目のハツコイ」「愛がなんだ」

ではそんな恋愛映画を撮ってくれた。

 今回は主人公に乗ってる田中圭。この映画でもモテモテだ。惚れるのは細身でモデルのように可愛いラーメン店主の岡崎紗絵だったり、女子中学生だったり、既婚の色っぽい「ともさかりえ」だったり。とにかくモテる。

 振り向けばどこにでもいそうな素朴なお兄ちゃんが、女優さんやモデルさんにモテて、「なんで僕なんかがモテるのかわからないけど、本当にモテているんですかねぇ?」みたいなスタンスなのがいいのかもしれない。

 女性への興味は表には出さず、いつも自分の好きなものに熱中していて、そこへの愛情の注ぎ方が変態ちっくじゃなくて素直で純粋なのがいいのかもしれない。そういう人物像は上手に演じているというか、そう見えてしまう田中圭の良さが出ている映画だった。

 短い映画だったが、いい映画だった。

 また観てしまうかもしれない。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君の膵臓をたべたい」

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、 …

映画「紙の月」

「八日目の蝉」や直木賞受賞作「対岸の彼女」など多数の作品で人気を誇る作家・角田光代のベストセラーで、テレビドラマ化もされた「紙の月」を、「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が映画化。宮沢りえが7年 …

映画「愛と情事のあいだ」

  スワッピングというか、夫婦交換の映画。エロティックなシーンを期待して観るとかなり期待外れになるから注意。  心臓外科医男性二人とその奥さんたち。写真の左端と右端が夫婦で、挟まれた二人がもう一組の夫 …

映画「糸」2回目

 昨年の8月の観たばかりだが、もうAmazonプライムビデオに登場。  このお二人のご結婚ということもあり、もう一度鑑賞。  「溺れるナイフ」も良かったけど、これもやっぱりラブコメの王道だ。 人と人は …

アニメ・コミック「ヒカルの碁」

 アニメが先だったか、漫画が先だったか、もう覚えていないが、  息子と一緒にかなりハマった作品。これをきっかけに囲碁も始めてみた。入門書を買って安い碁盤も買ってまだ小学生だった息子と始めたものの、私は …