今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

映画

映画「RISE UP」

投稿日:

ライズアップは、「立ち上がる」という意味だろうか。 

 石川県「獅子吼高原(ししくこうげん)」でパラグライダーに励む高校生「航(わたる)」=林遣都くんは、今日も悪友のひろやと一緒だ。

 ある時ふたりはひょんなことから盲目の女の子と出会う。

 その子は1年前に交通事故で視力を失ってしまった。

 勝気な女の子は、ふたりを盲導犬として雇うことになる。

 彼女の偉そうな態度に何度もキレそうになるが、どうにか3人の関係は続く。やがて航は彼女に恋心を抱く。

 ある時、彼女の失明の原因となったひき逃げ事故の詳細を知ることになった。

 しかし、それは自分たちもバイクで2人乗りしていた時に衝突事故を起こした時、同じ車に轢かれて倒れていた彼女がいたのをそのままにして逃げてしまっていた。

 それを本人に伝えたことで関係が悪くなってしまう。あの時にすぐに救急車を呼んでくれていたら視力を失わずに済んだかもしれないからだ。

 航はどうか彼女が立ち直るべく悩み続ける。二人の関係はどうなるのか、彼女の心は閉ざされたままになってしまうのか。

 84分という短い映画。

 林遣都くんはどの映画でも感心するほど上手に演技している。

 ヒロインの山下リオちゃんもどこかで見たことあるなぁと思ったら、NHK朝ドラ「あまちゃん」のGMTのメンバーだった。勝気な盲目の役を上手に演じていた。

 ラブコメとはちょっと雰囲気は違うが、白山市の景色はとても美しく、パラグライダーの飛ぶシーンもとても爽快だった。

 そこに林遣都くんと山下リオちゃんのピュアな雰囲気がとても似合っていた。

 短くて、地方都市が後援につくローカル色の強い作品なのだが、なかなかの良作だった。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大泉洋さんの5本

 大泉洋さんの作品は好きでよく見る。  ここ最近だけでもこの5本。  どれもほぼハズレがない。  ここではそれぞれのレビューは書かないが、どれも面白い。  画像は貼らなかったが、「清洲会議」も楽しいし …

映画「ハドソン川の奇跡」と「Fukushima50」

 たくさんの経験を積んで  たくさんの失敗と成功を繰り返し  その積み上げた経験のもと  咄嗟のトラブルが起こり  そこで、自分で反射的に判断した行動に対し  確信と自信があったとしても  周りから叩 …

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

 また観てしまった。  「どれだけ好きなんだよ!」って自分に言っている。  昨夜ひとりでこっそり観たので、妻には言っていない。言ったらおそらくため息混じりに「ほんと、好きねぇ」って言われるのがわかって …

映画「勝手にふるえてろ」

芥川賞作家・綿矢りさによる同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディ。OLのヨシカは同期の「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告ら …

映画「オケ老人!」

 連日の映画評。  今回は「オケ老人!』  梅ヶ岡高校に赴任した若い数学教師の千鶴(杏)は、地元のアマチュアオーケストラの演奏を聴きにいき、その演奏にとても感動する。自身もバイオリンをやっているのでぜ …