今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「TANG」からのとんかつ

投稿日:

 午後4時過ぎからのロードショウ。

 1ヶ月半ぶりの映画館。

 二宮くんももう39歳。まだまだお若く見えるが、20代の研修医の役もそれなりにこなしちゃうのがすごい。奥さん役の満島ひかりもぶっ飛んだ役も多いけど、こんな大人しい役も上手に演じている。

 途中、これは駄作か?と思ってしまったりもしたが、最後は上手にまとめてほんわかといい作品に仕上がった。

 俳優さんて凄いなって思うのは、現場ではCGと合成ばかりで、何に向かって涙を流しているのか分からないが、何もないところで悲しく涙を流せるってそれだけで真似できない事だ。あれは目薬とか使っているのだろうか?

 食後は妻といつものとんかつ屋さんでロースカツ定食。

 キャベツの盛りが少ない感じに見えるが、お替り自由なのでたくさん食べたい人はいくらでも。ご飯も麦ご飯でいくらでも食べられそう。

 夏バテにもならず、ロースカツ定食がモリモリ食べられる食欲があることをありがたいなって思う。さすがに「食べ放題」とか「バイキングで元を取る」とか「ラーメン大盛りと餃子とチャーハン」とか、そういうのは無くなったが、普通盛り+αくらいならまだまだいけそう。ありがたい事である。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    山歩きの後はロースかつ定食ばっか食べてたけど、近頃すっかり足が遠のいて、バイクツーリングばかり、そんでもってカツカレーばっか食べてます。でもたいてい食べきれずゴハン残してるかなw、カレーライスで充分かも・・・

    • KURI より:

      Akiさん
       カツカレーってすっごくそそられるけど、不思議とトンカツ屋さんにはそのメニューはないんですよねぇ。私のいくとんかつ屋だけなのかな?
      カレー屋さんにとんかつ定食がないのと一緒ですかね?

  2. しんちゃんママ より:

    >現場ではCGと合成ばかり
     ⇒先日、メイキング場面を見ましたが、二宮君のあの演技力。

    >夏バテにもならず、ロースカツ定食がモリモリ食べられる
     ⇒いいことですね。我が家は1人前を二人で食べるのがちょうどいいです。
      

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       二宮くんの映画は、なんだかんだでよく見ています。いい演技しますよね。
      >我が家は1人前を二人で食べるのがちょうどいいです。
       少しずつ食べられる量が減ってきていますので、そのうちきっと我が家もそうなるかと思います。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「Fukushima50」

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46 …

ドラマ「先生のおとりよせ」

   クールなイケメンと髭面のオネエ言葉というと、西島秀俊と内野聖陽の「きのう何食べた?」を思う浮かべてしまう。  でも、この二人はそういう関係ではない。ドMで髭面のオネエ言葉であるえっちな美少女漫画 …

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」

 鈴木奈未は、小説家を諦めきれない父に閉口する母から、「人並みの生活と幸せが得られれば十分」と言われて育ち、自身も「普通が一番」と考えるごく普通の女性だった。幼馴染で片思いの相手・日置健也のあとを追い …

アニメ映画「未来のミライ」

「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が手がけるオリジナルの長編劇場用アニメーション。甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、未来からやってきた成長した妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険 …

映画「君の名は」

「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶ …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲