今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「TANG」からのとんかつ

投稿日:

 午後4時過ぎからのロードショウ。

 1ヶ月半ぶりの映画館。

 二宮くんももう39歳。まだまだお若く見えるが、20代の研修医の役もそれなりにこなしちゃうのがすごい。奥さん役の満島ひかりもぶっ飛んだ役も多いけど、こんな大人しい役も上手に演じている。

 途中、これは駄作か?と思ってしまったりもしたが、最後は上手にまとめてほんわかといい作品に仕上がった。

 俳優さんて凄いなって思うのは、現場ではCGと合成ばかりで、何に向かって涙を流しているのか分からないが、何もないところで悲しく涙を流せるってそれだけで真似できない事だ。あれは目薬とか使っているのだろうか?

 食後は妻といつものとんかつ屋さんでロースカツ定食。

 キャベツの盛りが少ない感じに見えるが、お替り自由なのでたくさん食べたい人はいくらでも。ご飯も麦ご飯でいくらでも食べられそう。

 夏バテにもならず、ロースカツ定食がモリモリ食べられる食欲があることをありがたいなって思う。さすがに「食べ放題」とか「バイキングで元を取る」とか「ラーメン大盛りと餃子とチャーハン」とか、そういうのは無くなったが、普通盛り+αくらいならまだまだいけそう。ありがたい事である。

-映画

執筆者:


  1. Aki より:

    山歩きの後はロースかつ定食ばっか食べてたけど、近頃すっかり足が遠のいて、バイクツーリングばかり、そんでもってカツカレーばっか食べてます。でもたいてい食べきれずゴハン残してるかなw、カレーライスで充分かも・・・

    • KURI より:

      Akiさん
       カツカレーってすっごくそそられるけど、不思議とトンカツ屋さんにはそのメニューはないんですよねぇ。私のいくとんかつ屋だけなのかな?
      カレー屋さんにとんかつ定食がないのと一緒ですかね?

  2. しんちゃんママ より:

    >現場ではCGと合成ばかり
     ⇒先日、メイキング場面を見ましたが、二宮君のあの演技力。

    >夏バテにもならず、ロースカツ定食がモリモリ食べられる
     ⇒いいことですね。我が家は1人前を二人で食べるのがちょうどいいです。
      

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       二宮くんの映画は、なんだかんだでよく見ています。いい演技しますよね。
      >我が家は1人前を二人で食べるのがちょうどいいです。
       少しずつ食べられる量が減ってきていますので、そのうちきっと我が家もそうなるかと思います。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「イーディ、83歳 はじめての山登り」

夫や子どもに人生を捧げてきた83歳の主婦が、長年の自分の夢をかなえるべくスコットランドの山を目指す姿を描いたヒューマンドラマ。ロンドンで暮らすイーディは30年間にわたって夫の介護を続けてきたが、娘には …

映画「ハゲタカ」

2007年に放送され、企業買収という斬新なテーマを扱い話題となったNHKドラマの映画化。徹底した合理主義で多くの企業の買収を成功させてきた敏腕ファンドマネージャーの鷲津は、日本の閉鎖的なマーケットに絶 …

映画「博士と彼女のセオリー」

ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究に励み、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生と、博士を支え続ける妻ジェーンとの愛情を描き …

ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」

 鈴木奈未は、小説家を諦めきれない父に閉口する母から、「人並みの生活と幸せが得られれば十分」と言われて育ち、自身も「普通が一番」と考えるごく普通の女性だった。幼馴染で片思いの相手・日置健也のあとを追い …

映画「僕等がいた」

累計発行部数1000万部を突破する小畑友紀の人気少女漫画を、前後編の2部作で実写映画化。主演は生田斗真と吉高由里子。「ソラニン」の三木孝浩監督がメガホンをとる。クラスの3分の2の女子が一度は好きになる …