今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「THIS IS IT」

投稿日:

2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンが、同年夏にロンドンで開催するはずだった幻のコンサート「THIS IS IT」のリハーサルとその舞台裏を収めたドキュメンタリー。100時間以上に及ぶ楽曲とパフォーマンス映像や、舞台裏でのマイケルの素顔を記録。監督は、ロンドン公演そのものの演出も務めていたケニー・オルテガ。

映画.com

 「THIS IS IT」というライブツアーのリハーサル風景を集めたドキュメンタリー映画。

 マイケルとミュージシャン、ダンサー、舞台監督などとのやりとりや、本番さながらの演奏や歌唱が見ることができる。

 凄いと思ったのが、バックの演奏がほぼほぼ打ち込みではなくてリアルタイムで演奏していること。CDと同じ演奏を生演奏しているのが驚き。

 それだけではなく、多くのライブでは一度マニュピレーターのパソコンでスタートすれば次のMCまで数曲メドレーで進行して、ミュージシャンはミキサーからの音やクリックを聴きながらそれに合わせて演奏することが多いが、この映画を見る限り、マイケルのキューで演奏が始まり、途中修正されたらまた違うテンポですぐさま演奏が変化し、常にマイケルのタイミングでステージが変化していく。

 リハーサルでは、マイケルは最大で歌ってはいないが、ダンスに関しては全力じゃないか?と思うくらいで踊っているように見える。バックダンサーやミュージシャンたちは、マイケルと一緒のステージで一緒にパフォーマンスできていることに喜びを感じているのがひしひしと伝わってくるし、マイケルもそれを理解してさらにその気持ちを煽るように声がけを心がける。

 本当に感心するほどの心配りであり、決して偉そうに振舞うことがない。

 惜しい人を亡くしたと心からそう思う。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「君は月夜に光り輝く」

難病系の青春恋愛映画、と分類してしまうと失礼だろうか。  出演が北村匠海くんで、私の中では「君の膵臓を食べたい」と同じく、難病の少女の相手役のイメージが重なってしまう。  「発光病」と言う死期が近づく …

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」

太宰治の小説「ヴィヨンの妻」を、「雪に願うこと」の根岸吉太郎監督が映画化し、第33回モントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した人間ドラマ。人気作家として世間から注目されるも、生きることに苦しみ酒や女に …

映画「1917 命をかけた伝令」

 第一次世界大戦の最中。イギリス軍とドイツ軍の最前線。  上官から「一人を誘ってちょっと来い」と呼ばれる。隣にいた戦友を誘って上官の元へ行くと、「敵軍が前線から撤退したのは罠だ。最前線の部隊は明朝撤退 …

映画「あの頃、君を追いかけた。」

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命 …

映画「のんちゃんのり弁」

子持ちシングルマザーの奮闘を描いた入江喜和のコミックを、「いつか読書する日」の緒形明が映画化。主演は小西真奈美。31歳専業主婦の小巻はだらしない亭主に愛想をつかし、娘ののんちゃんを連れて母親の暮らす京 …