今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

映画

映画「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」

投稿日:

東野圭吾の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第9作の映画化。同シリーズが原作で2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、11年の単発ドラマ「赤い指」に続き、阿部寛が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じる。東京・日本橋の翼のある麒麟像にもたれかかるようにして死んでいた男の捜査に当たる加賀だったが、容疑者の八島が逃亡中に車にはねられ意識不明に。八島の恋人・香織は涙ながらに無実を訴えるが……。ドラマ版から続投の溝端淳平、黒木メイサらに加え、事件の真相に深くかかわる香織役で新垣結衣が共演。監督は「涙そうそう」「ハナミズキ」の土井裕泰。

映画.com

「祈りの幕が下りる時」が面白かったので、遡ってこちらも観てみた。

 今から9年前の映画になるが、新垣結衣、山崎賢人、菅田将暉、松坂桃李という、今は立派に主役をはる面々が若い。若いがこの頃から魅力的な役者さんだ。それだけでも見る価値のある作品だった。

 ストーリーは、ハズレのない東野圭吾作品で、見事なものだった。演技で好きなのはやはり中井貴一かなぁ。この人の演じる父親役は素敵だなぁ。

 少しずつ謎が解明されていく気持ち良さは、昨日見た「祈りの幕が下りる時」と同様に観ていてスッキリする。伏線回収もちゃんと出来ていて気持ちよく終わる。クセになりそう。原作は読んでいないが、十分に面白かった。

 山崎努演じる主人公の父との確執も、最終回の「祈りの幕が下りる時」を観ているので理解できる。最初に最終章を観てしまったのは失敗だったか?と思ったが、まったくそんなことなく十分に楽しめた。

 あそこであの人があの人を衝動的に殺してしまうことが、ちょっと考えにくいなぁって思うのだが、小説だからまぁ仕方ない。



-映画
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

映画「告白」

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松) …

ドラマ「しんがり 山一証券 最後の聖戦」

WOWOWのドラマは好きでよく見ている。どれもハズレのない良質な作品が多い。  このドラマも期待以上の作品だった。 江口洋介主演 文句なしにかっこいい。  そして、今回特に目を引いたのが、いつも嫌な性 …

アニメ映画「時をかける少女」

過去にもテレビドラマや映画で映像化されてきた筒井康隆の名作小説を、初めてアニメ化。ひょんなことから過去へ飛べる「タイムリープ」の力を手にした女子高生の真琴が、過去を何度もやり直していくうちに、人生のか …

映画「461個のおべんとう」

「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美によるエッセイ「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」を、「V6」の井ノ原快彦、関西ジャニーズJr.のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑の共演で映 …

映画「おらおらでひとりでいぐも」

 第158回芥川賞と第54回文藝賞をダブル受賞した若竹千佐子のベストセラー小説を「横道世之介」「モリのいる場所」の沖田修一監督が映画化し、昭和・平成・令和を生きるひとりの女性を田中裕子と蒼井優が2人1 …