今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

昨日のことのように

投稿日:2023年3月9日 更新日:

 昔のことは、昨日のことのように覚えているのに、

 昨日のことは、昨日だったか、それとも2〜3日前のことだったのかあやふやだったりする。

 明日のことは、明日になってみないとどうなるのかわからないのに、

 「きっとこうなるに違いない」と不安に怯えたりする。

 これらは頭の中で記憶していることと、その記憶を変な風に参考に導き出した想像上のもので、

 期待したり不安に思ったりしている。

 いつも、「捕らぬ狸の皮算用」の人もいれば、必要以上に悪く考えてしまって身動き取れない人もいる。 

 昨日のことのように覚えている出来事であっても、その記憶が正しいとは限らない。その場に一緒にいた人とその事象をすり合わせてみると、まったく違う事実が判明したりする。

 誤解や思い込みで、自分の都合の良いようにその時のことを作り替えて記憶していたりする。

 「過去は変えられないけど、未来は変えることは出来る」と言うが、そう言う意味では「過去も変えられる」と思うのだ。

 過去のあの嫌な思い出だって、考えようによっては良い経験だったと思えたり、あれがあったからこそ今の自分があるって思えると、「あれさえなかったら」と言う過去のイメージが変わってくる。

 「昨日か今日入ってた広告だと思うけど、安いのがあったけど見た?」と娘に聞くと、

 「え? そのお店の広告は金曜日に入ってくるはずだから、昨日今日じゃなくてもう5日くらい前じゃない?」

  そう言われてすぐに自信がなくなる。以前にも「昨日のことのように」思っていた出来事が5日も前だったことがあったからだ。

 「えー! 実は今朝見たような気がするんだけどなぁ」

 「それはないよ」とあっさり一蹴された。

 食卓の上の新聞広告の束を1枚1枚探して行っても、目的の広告は見つからない。

「やっぱりお父さんの思い違いかぁ。」とちょっと悲しい気持ち。記憶力もここまで落ちたか、と。

 そこへ外出していた妻が帰宅して、そのことを伝えると。

 「あー、その広告ね。見た見た。安いなぁって思って、それ1枚だけ抜き出して1階に持ってっておいたよ。」

 「やっぱり今日の広告だったのね!」

 娘も「金曜日じゃないのに広告入ってくることあるんだ」

 私も「記憶が正しく良かった」と少しホッとした。

 「昨日のことのよう」なことは、やっぱり今朝のことだった。

-ひとりごと

執筆者:


  1. Aki より:

    宝くじを買う人の心理って「捕らぬ狸の皮算用」的なんですかねぇ
    ドリームジャンボの当選確率って5万人に1人、東京ドーム満員でそのうちの一人と思えばまあ当たるはずがないと思いがちだけど、いつも買ってる知り合いに以前『当たると思って買ってるの?』と聞くと『当り前じゃないですか!』って力強い答えが返ってきて驚きます。
    そういえば車ぶつけられたり怪我したりとロクな目にあってないときに、懸賞とか応募すると結構当たったりします、宝くじが当たったらどんな不幸が巡って来るのか怖いですねぇ

    • KURI より:

      Akiさん
       宝くじ買う人って、ずっと買い続けますよね。あのモチベーションをずっと維持するのはなかなかすごいなって思います。

  2. しんちゃんママ より:

    よ~くわかります。
    読みたいと思った週1のミニコミ誌、
    手に持って、家の中をウロウロしたまでは覚えていました。
    読もうとしたらなくて、しばらくたってから、
    しんちゃんの部屋のたんすの上にありました。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      >しんちゃんの部屋のたんすの上にありました。
       よ~くわかります!(^_^)
       どうしてコレがここにあるのだろう?自分で置いたのか? 夫婦で笑い飛ばせればいいのですけどね。
      先日も、冷蔵庫野菜室にサランラップがあって、サランラップがあるべき棚に袋入りのインゲンが置いてありました。
      トホホです。

  3. 一般人 より:

    忘れる能力がないと、生きていけないです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カレーライス

 子育て中は、週一でカレーだった。  毎週木曜日の晩ご飯はカレーで、飽きないようにといろいろカレーを作ってきた。  飽きないようにというのは、子供たちが飽きないようにではなくて、作っている自分が飽きな …

相槌を打つ

 「相槌を打つ」というのはなかなか難しいもので、鍛治が交互に槌を打つように、または餅つきの「合いの手」のようにタイミング良く気の利いた相槌を打つのは熟練を要する。  タイミングよく「うん、うん」、「う …

分類して比較して

 「世の中には2種類の人間がいる」  そんな話題で盛り上がった時があった。  2種類しかないの?  自分はどっちなんだろう?なんて、無意味に考えしまったり。  そんなどうでもいいことに振り回されて、喜 …

思えば遠くへ来たもんだな

 こうやって毎日ブログを書いていて、  つくづく「世の中知らないことだらけだ」と思わされる。  忘れないようにと覚書のようにブログに書いていても、  以前の自分の文章を読み返して「ほおほお、そうなのか …

生活習慣

一口に「生活習慣」と言っても漠然としてよくわからない。  なんとなくイメージで、それが崩れると「生活習慣病」になるから、それを崩さぬように、それを整えるようにってことなんだろうけど、それでも「それじゃ …