今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 草花

朝一杯のコーヒー

投稿日:

 いつから飲み始めたのかまったく覚えていないのだが、朝食後にコーヒーを一杯飲む。1日にその一杯だけ。

 妻がコーヒーメーカーで淹れてくれる。

 コーヒー豆は、以前近くにあった百貨店の珈琲店で買っていたが、惜しくも閉店してしまった。仕方なく、その店がやっているオンラインストアで購入している。

 他のお店のコーヒー豆も試したが、どれも美味しいのだがなんだかいつもの豆じゃないと「とっちりしない」。「とっちりしない」は関西の表現らしいが、「しっくりこない」とか「おさまりがわるい」とか「満足できない」とかいう意味らしい。

 そのお店の豆ならどれでもいいので、一番安くてお得なものを買っている。それで十分なのだ。

 しかも、他の店の豆だとなんだか「とっちりしない」のに、インスタントコーヒーだと満足出来てしまうのが自分でも不思議なのだ。

 これは「インスタントだからこんなもん」という感覚があるのだろうか?「ドリップして淹れたのに、これかぁ」というのとは違うのかもしれない。なんとも贅沢な話だ。

 朝食を食べ終えて、このコーヒーをいただきながらブログを3本アップするのがいつもの朝の日課。

 今年の春だったか、ご近所さんにコーヒーの苗木をいただいた。

 数ヶ月であれよあれよという間に大きくなって、この先どこまで大きくなるのだろう?と少々焦っている。

 数年後にはコーヒー豆が成るとのこと。

 その時には自分で焙煎して淹れてみようと思っている。それまで成長を見守るのがまた楽しみ。

-ひとりごと, 草花

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オジギソウ

 なぜか娘が職場で「オジギソウ」をもらって来た。  なんだか懐かしい。  子供の頃に、これを突いては葉をショボンとさせた。  植物は瞬時に変態をしないイメージがあるが、このオジギソウや食虫植物は動物の …

ドラマ「ちょこっと京都に住んでみた。」

東京から出たことのない主人公の江東佳奈(27)は、人間関係のストレスから会社を辞めた。そんな佳奈が京都の町家に住む母方の大伯父、大賀(70)が怪我をしたことで 数日間、面倒を見に行くことに。京都に長く …

お墓

 まだ夫婦で結論が出ない。  自分たちのお墓をどうするかだ。夫婦ともに「お墓は要らない」って思っている。死んで骨になったらそれをどうするか。自分としては「どこでも処分してくれたらいい」と思っているが、 …

今の自分を10代の自分に見せたら

「50年後、自分がどうなっているか知りたいか?」  もしも、そう聞かれたら迷うだろうな。知りたいような、知りたくないような。  知りたいけど、やっぱり聞かないでおこうって答えるかな?  その時に、「教 …

クロースアップ

「人生はクロースアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見ると喜劇だ」  とチャップリンの言葉。  「クロースアップ」じゃなくて「クローズアップ」じゃないの?って思った。    お店が閉店した時の「C …