今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

検索

投稿日:

 インターネットがやっと始まった頃だろうか、パソコン仲間で「検索」のコンテストで優勝した人と出会った。

 まだ20代前半の可愛らしい若い女性だった。

 その当時にパソコン通信が普及して、そこからインターネットに移行してしばらく経ったころ。

 検索のコンテストというのは、

 あるホームページに辿り着くために、どのような検索文字を入れれば一発でそのホームページを表示できるかということ。

 現代なら検索エンジンも優れているので、安易な検索文字を入力するだけでおおよそ行きたいところに行ける。しかし以前はそうではなかった。

 検索文字をいくつも入力して、そこから更に絞って行って、やっとたどり着く感じだった。

 それをいくつかの検索文字の入力だけで、一発であるホームページを最上段にヒットさせるというコンテスト。それをいかに速くできるか。想像力の賜物だと思うが、その時の様子を聞いてみたら、「そんな方向から攻めていくの?」ってことだった。詳しくは覚えていないのだが、意外な単語が並んでいたのを覚えている。

 今ではそういう遊びは出来なくはないだろうが、あまり楽しいとも思えない。

 今は、やたらな単語を検索すると、広告などでその単語に関する商品につきまとわれるので、うっかり変なものを検索できない。

 YouTubeのアカウントもリビングのテレビで共有されているので、自分が何を視聴したのか家族にもバレバレだ。

 

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

いろんなこと言われての今の自分

「道の真ん中をぼーっと歩いてんじゃねーよ!」  後ろから自転車に乗った老人が、チリチリとけたたましくベルを鳴らしながら叫ぶ。  歩道の真ん中を歩いていただけなのに。  ある時は、  まだ子供が小さい頃 …

やってはみるけど、ダメだったらごめんね

 「やってはみるけど、ダメだったらごめんね」というケースは日常よくある。  「それならいいです」とは言われないし、「いやいや、できる範囲でいいよ」「ダメで元々だから」と言ってもらえると気が楽になる。 …

小さなビオラ

 側溝の脇のコンクリートの隙間に咲いた、小さなビオラ。  いつもはホームセンターで花の苗を買ってきて育てているが、たまにはタネから育ててみようかと思い蒔いたことがあった。しかし、発芽はするものの、そこ …

やるべきことは、衝動を抑制すること

 カリフォルニア大学サンフランシスコ校神経生理学教室のベンジャミン・リベット教授の衝撃的な実験結果。   リベット教授は、被験者の脳に電極を指して、「指を曲げよう」と意識した瞬間と、「指よ曲がれ」とい …

報道って

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、 日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、 思ったほど必要ないかもしれないって感じた。 報じ方が悪いとか言う話じゃなくて …