今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

椿や山茶花

投稿日:

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、

 花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。

 まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、

 「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰えていくくらいならいっその事この首を落として殺してよ!」と言わんばかりの潔さというか、切なさ。

 山茶花のように、「少しずつ老けていくのも良いものだよ。その歳ごとに楽しみがあるものだから。それを楽しまないと。」と言ってくれているのもある。

 南禅寺に咲いていた山茶花は、椿とほぼ見分けがつかないが、花びらだけがハラハラと散っていっていた。

 どちらがいいかではなくて、「私はこうだから」と決められていた道を進むだけ。

 ヒトはどうなのだろう?

 ヒトそれぞれに違うのだろうが、それは後天的なものなのか、先天的なものなのか。同じ遺伝子を持つ一卵性双生児なら同じなのだろうか?

 「私はこういう生き方しか出来ないんだよ、ごめんね。」と言いながら泣き崩れるくらいなら、ここをどうにか乗り越えてもう少し頑張ってみたら良いのにと思うこともあるが、これはどうにもならないことなのだろう。

 他の生き物でもそんなことを思うことがある。雨の翌日にはミミズはどうしてみんな集団自殺しちゃうのだろう? 虫はどうして光にあつまるのだろう?

 きっと科学的に解明しているのだろう。ヒトの行動もすべてプログラムされていることで、数学的にも解明できるのかもしれない。でも、どうしても逃れられない何かってあるんだよなぁ。ここまで生きてきてそう思う。



-ひとりごと
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

クシャクシャ!ポイ!

 毎日毎日こうやってブログを書いていて、楽しくてどんどん文章が出てくる時もあれば、まったくかけない時もある。  仕事じゃないし、何も責任もないし、気分が乗らないからと書かなくてもいいわけで、何がこうや …

きっかけはそんなもん

 女の子にモテたいから  お金が欲しいから  やってて楽しいから  大体の男はそこからスタートすると思ってる。  その後、軌道に乗ってから「自分のやっていることが、人や社会の役に立つのがやりがいです」 …

心に爪楊枝

歯の隙間にものが挟まると気になって仕方がない、 そこを避けようとして食べると 食べ方まで変わって口の中あちこちに支障を来たすようになってしまう。 歳と共に、そんな隙間が多くなってきたように思う。 心も …

お墓

 まだ夫婦で結論が出ない。  自分たちのお墓をどうするかだ。夫婦ともに「お墓は要らない」って思っている。死んで骨になったらそれをどうするか。自分としては「どこでも処分してくれたらいい」と思っているが、 …

結局のところ

 「結局のところ、人生ってさぁ・・・」とか、  「簡単にいうと、仕事ってものは・・・」と、あるところでまとめようとしちゃうところがある。  自分もそんなところがあった。ある時点でひとつの心配事が解決し …