今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

椿や山茶花

投稿日:

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、

 花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。

 まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、

 「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰えていくくらいならいっその事この首を落として殺してよ!」と言わんばかりの潔さというか、切なさ。

 山茶花のように、「少しずつ老けていくのも良いものだよ。その歳ごとに楽しみがあるものだから。それを楽しまないと。」と言ってくれているのもある。

 南禅寺に咲いていた山茶花は、椿とほぼ見分けがつかないが、花びらだけがハラハラと散っていっていた。

 どちらがいいかではなくて、「私はこうだから」と決められていた道を進むだけ。

 ヒトはどうなのだろう?

 ヒトそれぞれに違うのだろうが、それは後天的なものなのか、先天的なものなのか。同じ遺伝子を持つ一卵性双生児なら同じなのだろうか?

 「私はこういう生き方しか出来ないんだよ、ごめんね。」と言いながら泣き崩れるくらいなら、ここをどうにか乗り越えてもう少し頑張ってみたら良いのにと思うこともあるが、これはどうにもならないことなのだろう。

 他の生き物でもそんなことを思うことがある。雨の翌日にはミミズはどうしてみんな集団自殺しちゃうのだろう? 虫はどうして光にあつまるのだろう?

 きっと科学的に解明しているのだろう。ヒトの行動もすべてプログラムされていることで、数学的にも解明できるのかもしれない。でも、どうしても逃れられない何かってあるんだよなぁ。ここまで生きてきてそう思う。



-ひとりごと
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大切に思うからこそ距離を取ろう!

 タバコをやめてもう10数年以上になる。  あれだけ好きだったのにやめた。  最高1日2箱半吸っていた。  息苦しさを感じたのと、ちょっと走っただけで酸素不足を感じたからだ。  要するに、「気持ちイイ …

今年の抱負

 こんなタイトルを書いたものの、今までまともに「今年の抱負」など決めたことがない。  学校の宿題とか、何かの講習会とか勉強会で書かされたことはあるが、「どうせそんなもの」って思ってありきたりの言葉を並 …

移ろいやすいは人の心

 人の心は移ろいやすい。  それはもうこれだけ生きてりゃわかってくることではあるが、自分の心も日々移ろい、1日のうちでもあちらへウロウロ、こちらへウロウロと着地することなく移ろってばかりである。  人 …

Fellows Tree(幸福の木)に花?

 歌手のASKAさんのライブに行った時に購入したグッズ。  「フェローズツリー」幸福の木(ドラセナ)。「Fellows」はASKAさんのファンクラブの名称。  最初は10cmほどのゴボウだったのに。 …

午前12時か午後0時か

 正午のことを「午前12時」と書くのか、「午後0時」と書くのか迷う時がある。  日常会話で使うのは、わざわざ午前や午後をつけずに「お昼の12時で」とか、ただの「12時に改札で」とか言うだろうけど、いざ …