今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

正しいって厄介だ

投稿日:

 「正」とつく字は色々と問題を起こす。

 「正しいこと」「正義」「正論」「正体」「正常」「正式」「正当」などなど、枚挙にいとまがない。

 これらどれをとっても、喧嘩の元にもなり、

 結論のない論争のネタにもなる。

 「君の言っていることは ”正論” だけど」

 その「正論」なんてものだって、何を基準にして誰の立場で「正論」と言っているのかもわからない。

 多数決で決めるのか、大きな声の人が勝つのか、口の達者な人や腕っぷしの強い人の意見が通ってしまったりもする。

 これはどんな知的でハイレベルと思われるところでも同じようなことが起きている。

 存在すらはっきりしないものに判断を委ねることもあるし、

 運に任せたりもする。

 科学的に実験をしてみてその結果で決めようとしても、

 どの角度から計測するのか、どの計測機器で測るのか、

 その結果をどう判断するかでも変わってくるから厄介である。

 ではそんな「正」なんてものは無いというと、それはそれで却って厄介なこともある。

 とりあえず「正」みたいなものを決めておこうよ。大体このあたりってさ。

 と言っても、それを決めるのもまた大変。

 「そんなのどっちでもいいや!」って思っても、いざ自分に危害が及ぶようになるとそう気楽なことも言っていられなくなる。

 でも、自分に影響がない時には「そんなのどっちでもいいわ」で良いとおもう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仏壇

 義母がひとりで仏壇のお世話をしてきたが、  その義母が亡くなってからはこちらが受け継ぐことになった。元々妻の実家のことであるから、宗派も異なるしやり方が全くわからない。  お彼岸だとか盆や正月では、 …

報道って

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、 日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、 思ったほど必要ないかもしれないって感じた。 報じ方が悪いとか言う話じゃなくて …

考えるための持久力

 若い時ほど悩めなくなった気がする。  それは良いことであって、それを嘆くことでもなく、まして悩むことでもないとも思う。  「私、むずかしいこと考えていると眠くなってくるのよねー」  そういう妻をうら …

検索

 インターネットがやっと始まった頃だろうか、パソコン仲間で「検索」のコンテストで優勝した人と出会った。  まだ20代前半の可愛らしい若い女性だった。  その当時にパソコン通信が普及して、そこからインタ …

いろんなこと言われての今の自分

「道の真ん中をぼーっと歩いてんじゃねーよ!」  後ろから自転車に乗った老人が、チリチリとけたたましくベルを鳴らしながら叫ぶ。  歩道の真ん中を歩いていただけなのに。  ある時は、  まだ子供が小さい頃 …