今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

正しいって厄介だ

投稿日:

 「正」とつく字は色々と問題を起こす。

 「正しいこと」「正義」「正論」「正体」「正常」「正式」「正当」などなど、枚挙にいとまがない。

 これらどれをとっても、喧嘩の元にもなり、

 結論のない論争のネタにもなる。

 「君の言っていることは ”正論” だけど」

 その「正論」なんてものだって、何を基準にして誰の立場で「正論」と言っているのかもわからない。

 多数決で決めるのか、大きな声の人が勝つのか、口の達者な人や腕っぷしの強い人の意見が通ってしまったりもする。

 これはどんな知的でハイレベルと思われるところでも同じようなことが起きている。

 存在すらはっきりしないものに判断を委ねることもあるし、

 運に任せたりもする。

 科学的に実験をしてみてその結果で決めようとしても、

 どの角度から計測するのか、どの計測機器で測るのか、

 その結果をどう判断するかでも変わってくるから厄介である。

 ではそんな「正」なんてものは無いというと、それはそれで却って厄介なこともある。

 とりあえず「正」みたいなものを決めておこうよ。大体このあたりってさ。

 と言っても、それを決めるのもまた大変。

 「そんなのどっちでもいいや!」って思っても、いざ自分に危害が及ぶようになるとそう気楽なことも言っていられなくなる。

 でも、自分に影響がない時には「そんなのどっちでもいいわ」で良いとおもう。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うれしいような悔しいような

 「あ、それ触らないでね。お父さんやっておくし!」  今まで子供たちにそんなセリフを言ったように思う。  子供が大きくなってきたら、 「悪いけど、これやっておいてくれる?」と言うセリフも多くなってきた …

地下道

 閉所恐怖症というわけでもないのだが、  地下道と地上の道、どちらを歩く?と聞かれたら、  「地上を歩こうか」と答えるだろう。 雨の日は濡れずに済むから地下道を歩くけど、 晴れた日は迷わず地上のお天道 …

気がつけば、みんなと会えてた

 長女と末娘が新しい環境になることで、「スマホを買い換えたい!」と言うことでアドバイザー(かっこいい)としてお呼びがかかった。  曇り空の京都駅。最新のスマホは高いので、ちょっと前のスマホの中古を探す …

いざ無くなってみると思い出せない

 久しぶりの比叡山の山頂付近。大比叡の手前に広い空き地があった。  「あれ?ここは以前なにがあったっけ?」  こんなに広いのに、思い出せない。  確か、テレビ中継塔があったな。それが無くなったのかな? …

報道って

まず、今の報道を否定しようと思っているわけではないけど、 日々の報道って日常生活にどれだけ関係があるのだろうかと考えると、 思ったほど必要ないかもしれないって感じた。 報じ方が悪いとか言う話じゃなくて …