今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事 料理 魚介類

殻付き牡蠣でカキフライ

投稿日:

この前、殻付きカキを食べたのはいつだろうとブログを検索してみたら、

 昨年の1月末だった。

 今回も食べ切れないほどたくさんいただいたので、

 一部は息子家族へお裾分け。

 添付されていた「食べ方」には、

 お皿に並べてふわっとラップをかけて、600wで5〜6分チンする。と書いてある。

でもやっぱりカキフライが食べたくて、

軍手をはめて、道具を使って、

1個の殻を外すのに数分かかっても、

食べるためには努力を惜しまず。

 どこから刃物を差し込んで、

 貝柱がどこにあって、どこを切ればいいのかわかると、

 1個数分掛かっていた作業も、数十秒で出来るようになった。

 小麦粉、玉子、パン粉とつけて、

 170度の油で揚げる。

 タルタルソースとサラダを準備して、

 いざ、突撃。

 頑張った甲斐がありました。

 タルタルソースは、茹で卵、黄色くて甘い沢庵、お酢、塩コショウ、砂糖、マヨネーズ、パセリ。

 幸せな気持ちになります。

 息子のとこはちゃんと調理できただろうか?

-出来事, 料理, 魚介類

執筆者:


  1. あかいみ より:

    うまそうですね。牡蠣は大好物で、産地では播磨、佐渡が好きです。夏の岩ガキ(生食)はうまいと思いますが、王道は「加熱」かな。。この冬は佐渡ガキで「唐揚げ」を3~4回しました。KURIさん、酒やめたんだっけ?? ごはんにはフライがいいけど、「あて」には唐揚げが最高ですよ。試してみてください。

    • KURI より:

      あかいみさん
       産地とかあまり考えたことなかったし、この牡蠣もどこで獲れた牡蠣だったのだろうってことでした。でも牡蠣は大好きで、年に数回はカキフライは食べずにいられなくなります。自分でも驚いたけど牡蠣の唐揚げを食べたことがない。「牡蠣の唐揚げ」という単語に衝撃でした。そういや食べたことないやって。今度やってみます。酒はやめたつもりはないのだけど、気がつけばもう数週間飲んでないなぁって感じ。以前はそうだったんだけどね。飲み会は好きだし、誘われればホイホイ出かけて飲むと思います。(^_^)

  2. しんちゃんママ より:

    >殻付きカキ
    殻付きカキ
     ⇒カキフライ、めちゃくちゃおいしそう。
      しかも、殻付きカキで作るとは贅沢贅沢。
      
      たまに、例の鮮魚売り場で1個買いますが、
      印象に残る殻付きカキの思い出は・・・。
      5~6年前、お遍路メンバーと坂東33観音に行った帰り、
      〝砂っぱたき(お疲れ様会)〟のお店を、マイクロバスの中で思案中、
      先代住職奥様が「牡蠣食べた~~い!」と言い、
      柏のオイスターバーを予約し、そのまま直行。
      産地別の生カキ食べ比べ・(缶の中で殻ごと)炭焼きガキ・
      カキフライなどなど、至福の時でした。 (一生に一度かも?)
      
      ☆カキは大好きですが、鍋物のカキは苦手です。
      
      

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       オイスターバーって聞いたことはあっても行ったことないです。産地別生牡蠣食べ比べなんて夢のようですねー。
      寄せ鍋に入っている牡蠣は今ひとつですが、小さな土鍋で「牡蠣の土手焼き」は好き。
      >〝砂っぱたき(お疲れ様会)〟
       面白い! こちらでは「足洗い」です。(^_^)

  3. Aki より:

    以前は知人が笹川流れの岩ガキを良く送ってくれたけど近頃は果物、殻付きはご無沙汰です、美味しそうですね。
    居酒屋も数年ご無沙汰、殻付きカキって何年も見ていないような気がします、なかなか自分で殻付きを買わないしねぇ

    • KURI より:

      Akiさん
      確かに殻付きカキは自分じゃ買いませんよねー。値段さえ一個幾らくらいするのかも想像もできませんもの。(^_^)
      居酒屋もどのくらい行ってないでしょう?「とりあえずナマで」ってしばらく口にしていません。

  4. 一般人 より:

    殻付きからカキフライは大変でしたね。
    私の出身地では牡蠣がたくさん採れますが、皆カキフライにします。
    殻付きは缶に入ったものを通信販売してるようで、缶をガスレンジに置いて蒸し焼きにするよう。
    カキフライはウスターソースで食べてもおいしいですよ。

    • KURI より:

      一般人さん
      産地では新鮮な牡蠣をナマで召し上がっているイメージがありますが、フライにされるのですね。意外でした。缶入りの殻付き牡蠣も見たことありません。缶のままガスレンジに置いて蒸し焼きとは面白い。
      揚げ物にウスターソースは私も大好きです。でもカキフライではまだやったことないかも。今度試してみます。

  5. アプリ より:

    うわー、殻付き牡蠣は新鮮ですよね。

    フライにタルタルソース美味しいでしょうね。

    >「唐揚げ」を3~4回
    え、牡蠣を鶏の唐揚げみたいに唐揚げにするの、食べたことないですね。それは牡蠣自身に味をつけて揚げるのかしら。想像するにお酒のあてになりそうです。

    牡蠣は好きなのですが、外にも食べに行かない(家族に苦手な人あり)のでフライはご無沙汰、たまに缶詰のオイル漬けをあてにしています。

    • KURI より:

      アプリさん
       唐揚げはなかなか意外なところ突かれた感覚でした。牡蠣の唐揚げとなると、鶏肉と違ってあっさりと塩コショウと片栗粉だけで、高温でサッと揚げてレモンを絞って食べるってイメージ。また実際調理する前に調べてみましょう。
      我が家も牡蠣が苦手な人がいるので、そういう人には「残念だねぇ」と適当なおかずを食べてもらって、こちらが食べ放題です。「こんな美味いもんが苦手とは可哀想に・・・」って(^_^)

  6. 匿名 より:

    >こちらでは「足洗い」です。(^_^)
     ⇒きゃ~、おもしろい。

    >砂っぱたき
     ⇒お寺の周辺(柏市・手賀沼南部)特有の言い方みたいです。
      普通の参拝旅行はファミレス・カフェ・甘味屋・居酒屋で〇。
      しかし、四国八十八ヶ所はやはり特別で、
      毎回、帰ってきた週末に、地元の料理屋さんで豪華な砂っぱたきでした。
      
      しまなみ海道(大島88ヶ所巡拝)の時は、
      搭乗前に広島空港で、広島焼&広島地酒の砂っぱたき。
        
      どんな形であれ、砂っぱたきをしないと気持ちが悪いそうです。

     
      

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       私にしてみたら「砂っぱたき」の方が相当面白いです。初めて知りました。まぁ「足洗い」も、「悪い道から足を洗う」みたいですけど。
      >柏市・手賀沼南部
       そうなのですね。どうりで聞いたことないと思いました。
       こちらはお神輿の巡行から帰ってきた神輿を担いだ人たちを、自治会館で「お疲れ様でしたー!」ってもてなす慰労会という感じです。

      • アプリ より:

        しんちゃんママさん

        うちは我孫子市(手賀沼の北東)ですが、義母に聞いたら、この辺でも「砂っばたき」って使うそうです。私自身は聞いたことがないのですが。

        「砂っばたき」も「足洗い」もはたき落とすイメージですね。

        >柏のオイスターバー
        オイスターバー、1度行ってみたいと思っていたのですが、柏にあるならいつか行ってみたいです。牡蠣のフルコースかしら。

        • KURI より:

          アプリさん
          そちらでも「砂っばたき」でしたか。面白いですよねー。どちらにしてもどれだけ足が汚れてたんだよってことですけど。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ニンジンのサラダ

 ニンジンの皮を剥いて千切りに。  マヨネーズとゴマドレッシングと、リケンのノンオイル くせになるうま塩を同量混ぜただけ。  炒りごまと乾燥パセリも入れた。  簡単で結構うまいのでリピートした。  ド …

キャベツ炒め

 学生時代からキャベツ炒めって好きだった。  サラダ油で炒めて、塩と味の素だけ。  黒コショウを入れてもいいけど、これはなくてもいい。  ただ、「味の素」が無かったらこのメニューを作らない。  それく …

緑のアブラナ科で

3月の初めは、アブラナ科が美味しい。 ブロッコリー、菜の花、春キャベツなどをさっと茹でて食べるのが好き。 カブは、糠漬けと一夜漬け。白い部分は茹でるよりさっと炒めるのがシャキシャキ感があって好き。 ア …

5月中旬の常備菜

季節感があまりない感じになりました 左上 カボチャの甘煮右上 春菊と鶏むね肉の辛子味ぽん和え左下 こんにゃく2種と厚揚げの麺つゆ炒め右下 ほうれん草のごま和え カボチャの甘煮  ・かぼちゃは一口大に切 …

遠くの積乱雲

 夕暮れ時のウォーキング。  湖岸に出て最初に目に入ってきたのが夕陽とは反対側である北東の鈴鹿山脈方面の積乱雲。  夕陽を受けてなかなかの迫力。  それで、メインの西の空はどうかと言えば、  ラピュタ …