今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 健康

毎日発見して、毎日忘れ去っていく

投稿日:

 毎日、何かしら「発見」をしたいと思っている。

 どんなことでもいいから、「おっ!」とか「ヘェ〜、そうだったのかぁ」とか。

 何かそういう発見があると、とてもうれしい気持ちになるのだ。

 少しでも前に進んだ気持ちになる。

 そんなことを忘れずに書き留めておきたいと思って、

 日記を書いたり、このブログを書いたりしているのかもしれない。

 それをまた妻に報告するのも楽しい。

 「ねぇねぇ」から始まるその話に、

 「はいはい、そうなんだ。すごいねぇ。」と、

 いつものリアクション。

 それでいいのだ。

 その時の私の顔は、

 子供がお庭でダンゴムシをいくつも見つけてきて、

 母親の眼前に「ジャーン!」と両手に乗せて見せる時の嬉々とした顔をしているのだろうなって思う。

 母のびっくりした顔を見て、満足するのだ。

 あとから読み直してみても、そのことをちっとも覚えていない。

 まったく身に付いていないのだ。

 その時だけの大きな発見にうれしい気持ちなっただけで、

 その内容はまったく覚えていなくて、忘れ去ってしまっている。

 みんなただの通りすがりの一見(いちげん)さん。

 積み上げたものも、いつかは水に流れていってしまう。

 せっせと貯めたものも、最後は持っていけない。

 でも、それでいいんだと思う。

 そう言うもんなんだと思う。

-ひとりごと, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

今年の抱負と目標

 年初において「今年の目標」とか「この一年の抱負」とかを決めたことがない。  何かの勉強会において、「毎年目標を決めてそれに向かって邁進していきましょう」と言われて、その場で書かされた記憶があるが、そ …

墓参

 道路が空いていれば22分で到着するはずの墓所なのに、  自動車道に入る入口を、なぜかこの日に限って2回も間違えて、  高速道路に乗ったら大渋滞。  下りてからも曲がる場所を間違えて、  今日だけで3 …

椿や山茶花

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、  花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。  まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、  「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰え …

立小便

 洋式トイレで男性が小用をする場合、蓋と座面を上に跳ね上げてから、立った状態で用を足した。  しかしその後、周囲に跳ねるやら、こぼすやら言われて、  不本意ながらズボンを下ろして座って済ますようになっ …

映画「7月4日に生まれて」

アメリカ独立記念日に生まれたれヴェトナム帰還兵の青年が、さまざまな心の葛藤を経て反戦運動に身を投じてゆく姿を実話を基に描くドラマ。ロン・コーヴィックの同名小説を基に製作・監督・脚色は「トーク・レディオ …