今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 健康

毎日発見して、毎日忘れ去っていく

投稿日:

 毎日、何かしら「発見」をしたいと思っている。

 どんなことでもいいから、「おっ!」とか「ヘェ〜、そうだったのかぁ」とか。

 何かそういう発見があると、とてもうれしい気持ちになるのだ。

 少しでも前に進んだ気持ちになる。

 そんなことを忘れずに書き留めておきたいと思って、

 日記を書いたり、このブログを書いたりしているのかもしれない。

 それをまた妻に報告するのも楽しい。

 「ねぇねぇ」から始まるその話に、

 「はいはい、そうなんだ。すごいねぇ。」と、

 いつものリアクション。

 それでいいのだ。

 その時の私の顔は、

 子供がお庭でダンゴムシをいくつも見つけてきて、

 母親の眼前に「ジャーン!」と両手に乗せて見せる時の嬉々とした顔をしているのだろうなって思う。

 母のびっくりした顔を見て、満足するのだ。

 あとから読み直してみても、そのことをちっとも覚えていない。

 まったく身に付いていないのだ。

 その時だけの大きな発見にうれしい気持ちなっただけで、

 その内容はまったく覚えていなくて、忘れ去ってしまっている。

 みんなただの通りすがりの一見(いちげん)さん。

 積み上げたものも、いつかは水に流れていってしまう。

 せっせと貯めたものも、最後は持っていけない。

 でも、それでいいんだと思う。

 そう言うもんなんだと思う。

-ひとりごと, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自分が自分である証明

「私は日本人です!」  と、 ここ日本であっても証明するのは意外と難しい。   外国でパスポートを持っていれば簡単かもしれないが、日本にいて自分が日本人であることを証明するのは難しい。  何が必要かと …

出前

 今までも「出前」というものをあまり利用したことがなかった。  子供の頃には、蕎麦屋に頼んだことはちょこちょこあって、それが楽しみでもあった。  街中を出前のカブが行き来していたし、かなりの注文があっ …

3回投げて全部はずれ

 コタツで寝っ転がった状態から  ティッシュを丸めてゴミ箱に投げる。  「あぁもう!」  フチに当たって外れた。  カラダを伸ばして落ちたティッシュをとって、  ちょっと無理な格好でもう一度試みるが、 …

回覧板

 回覧板というシステムは、私が子供の頃から現在までほぼ変わらないシステムのような気がする。都会では今どうなっているのかわからないが、少なくとも私の居住環境では変わっていない。  回覧板を廃止したという …

そのうち時間なんていっぱい出来るよ

 自分が厄年の頃だったろうか。  子供たちが幼稚園から小学生、中学生と揃っていた頃。それぞれの学校行事が重なり、毎日がてんやわんやで時間がいくらあっても足りない日々だった。  そんな時に近所のおばちゃ …