今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 健康 山歩き

水分補給

投稿日:

 今年に入って、暑くなってから山を歩いていて気づいた。意識して水分補給をしないといけないということ。数年前まではそんなこと考えてもみなかった。意識しなくとも喉が渇いたからだ。

 前回の山歩きでも、マルさんから「水分補給しましょうか?」と言われるまで忘れていた。

 額から汗をたくさんかいていたのに、全身汗まみれだったのに、それほど喉の渇きを感じなかった。

 真夏に山を歩くときは、2リットルほど水を持っていくが、今の時期だと1リットルほど。

 一人で歩いているとお弁当を食べるときくらいにしか水分を摂っていないことに気づいた。半分以上の水分は持ち帰っていた。

 マルさんと一緒に歩くときは、気をつけてもらっているからまだしも、一人で歩くときは30分おき位にスマホでタイマーをかけて意識して水分を摂ったほうがいいなと思った。

 先人の方々の言葉が、今になって「こういうことだったのか!」と理解できるようになってくるのが、うれしいような寂しいような。

 「歳をとるとここがこうだからこうしてる」ということも、そのときは「そんなのこうすればいいのに」って安易に思ったりしたが、やはり「それが出来たらいいんだけど、なかなかね」ってこと。

 その時になって、そこに立ってみないとわからないことばかりだと実感する。想像だけで「きっとそんな時は、こう感じるだろうから今からそう対処しておくのがいいよ」なんてわかったようなことを言うのは、まったくあてにならない。

-ひとりごと, 健康, 山歩き

執筆者:


  1. Aki より:

    梅雨時は汗が乾かないので気化熱で体温が下がらない分熱中症になりやすい、
    なので山には近寄らないようにしています、行くなら最低2000mの標高が欲しいw

    • KURI より:

      Akiさん
       なるほど!そういうことなんですね。気をつけます。
       2000m以上の山は近畿地方にはないけど、ここ何年も比叡山(848m)以上の山を登っていないから登れないかもしれません。

  2. あかいみ より:

    えりまき。日記。老眼鏡。時が教えてくれた重要なもの数々。。おしめ、はずいぶんまえに卒業したので再履修は避けたいね(笑)。。

    • KURI より:

      あかいみさん
       「えりまき。日記。老眼鏡。」 うん、確かにお世話になっています。というか、それがなくては生活が成り立たないかもしれません。

  3. しんちゃんママ より:

    思い出しました。
    20数年前、郷土史サークルで市内をまわっている時・・・。
    80代Nさんは「のどがかわいてない。」と言って、みんなが水分補給をしてても、素知らぬふり。山歩きの達人(?)だったリーダーIさんが心配して、「僕が言うとカドがたつから、しんちゃんママさんが『Nさん、一緒に水分補給!』と言って、一緒に飲んでください。」と提案されました。それからは30分ごとの水分補給、大成功でした。
    縁あって、Nさんの息子さんにうちの会社の経理をおまかせしています。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       素晴らしい! リーダーさんも凄いし、上手に飲ませることのできるママさんも凄い!
      身体が欲しがっていないものを摂取させることって難しいですよね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

飽きないこと

小麦粉って、使っているようで使っていないけど、使っていないようで使っている、 パンやケーキを頻繁に焼いていた時は、毎週薄力粉を買っていたが、今はあまり買っていない。 パンもほぼ食べないし、お好み焼きや …

手作りワンタンとか

 「一汁一菜って楽でいいよね? ちょっとやってみない?」ってことで、短い期間やっていたことがあった。  具沢山のお味噌汁と、あとは白いご飯とお漬物とか。  毎日、様々な変わった具材の味噌汁などの汁物を …

体に食べさせる

 写真にちょこんと写っている「納豆」。  主食がご飯の時は、必ずというほど食べている。「大好き」とはちょっと違う。自分の体に食べさせられている感じがする食べ物。食後に服用する薬みたいな感覚。  2年ほ …

椿や山茶花

 山科駅から毘沙門堂の裏を抜けて大文字山へ入ろうとした道に、  花首から落ちた椿がぼとりと落ちていた。  まだそのまま飾りたいくらいの美しさが残っているのに、  「私の美しさはもう終わり。少しずつ衰え …

映画「散り椿」

 名カメラマンの木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。享保1 …