今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

スイーツ・デザート 料理

水無月の材料でクレープ作ってみたら大きな生八ツ橋になった

投稿日:

 先日、夏越しの祓えでいただく和菓子「水無月」を作った

 白玉粉や上新粉などを使わず、お手軽な薄力粉と片栗粉で作ったものだ。

 今回はその薄力粉と片栗粉を使ってクレープみたいなものを焼いてみた。

・薄力粉 大さじ5
・片栗粉 大さじ1
・砂糖  大さじ3
・牛乳  150ml

よく混ぜ合わせて、フライパンで焼くだけ。

  フッ素加工のフライパンで油を引かずに弱火で片面だけゆっくり焼く。

 砂糖が多めなので焦げやすい。

 手作りの茹で小豆をたっぷりのせて半分に折りたたむ

 ホイップクリーム、きな粉、チョコレートソースをこれでもか!と、のせて完成。

 クレープ生地がモチモチで美味しい。

 食べていてふと思ったが、

 この生地にシナモン(ニッキ)を入れたら京都の生八ツ橋じゃないか?

 食感が似ている。

 次はこれにシナモンを足して、もう少し小さめのをいくつか焼いてアンコを挟んでみよう。

 生八つ橋になるかもしれない。

 かもしれない。



-スイーツ・デザート, 料理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

寿司というもの

 先日、新規開店の回転寿司に行ったことを書いた。  ほぼ店員さんと接することなく、着席し、寿司を食べて、会計まで済ませられた。  私の中の寿司のイメージは、ハレの料理で滅多に食べられるもんじゃない高級 …

やっぱりトンカツは

 トンカツを自分で揚げてみて、  なかなかうまく揚げられるようになったなと思っても、  やっぱりお店で食べると、足元にも及ばないと感じる。  ちょっといい肉を選んでも、  スジを切ったり、叩いてみたり …

集まる時には集まるもので

 旬の時でも、ない時は当然自分で買って食べるのだが、  集まる時は集中して集まるもので、エンドウマメやそら豆やスナップエンドウやらをいただいた。本当にありがたいことです。  エンドウマメは、豆ご飯に。 …

シャトルシェフの煮豚と苺パフェ

シャトルシェフを使って焼き豚を作った。  豚肩ロースかたまりを塩胡椒して、フォークでブスブス刺して穴をあけてから、タコ糸でぐるぐる巻きにしてフライパンで表面を焼いた。  煮汁は、 ・醤油 100cc・ …

10月中旬の常備菜

玉子焼き 玉子6個麺つゆ 大さじ1砂糖 大さじ3ハチミツ 大さじ2塩 ひとつまみ 銅製の卵焼き器で焼いた。 ゴボウとニンジンとエノキのキンピラ  ゴボウとニンジンは細く短冊切り、エノキダケも同じ長さに …