今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

流されるときは

投稿日:

心が穏やかな時と

イライラしている時と

寂しい時と

うれしい時と

悲しい時と

恥ずかしい時と

怒っている時と

愛している時

きっと、その時に自ら発しているものが

言葉になり

艶になり

歌になり

表情になり

強さになり

弱さになり

ちょっとした行動になり

そして広がっていく

まずは隣に伝わり

またその隣に伝わり

そのまた隣にと伝わっていく

そして、いつか全体に広がっていく

自分もまた他から伝わってきたものに共鳴したり

それの増幅装置になったり

リミッターにもなり

歪ませたり

ギターのエフェクターのように

都合の良いように変化させて

また次へと発していく

持っているエフェクターはさまざまで

歪んだ音が好きな時もあれば

クリアーな音が好きな時期もある

エフェクターを通していない音がいい時もあれば

のびやかな音を好む時もある

若い頃は歪んだ大きな音が好きだったし

今はアコスティックな音が心地いい

以前は複雑なコード進行で変則的なリズムもよかったが

今はシンプルでわかりやすく、定番的なものがいい

演歌やブルースが良くなってきたのも最近だ

こういった変化は一体なんだろう?

自分は何を心地いいと思っているのだろう?

何を求めているのだろう?

自分はどこへ流されていくのだろう?

流されていくというのはちょっと違う気がする

自分はいつも変化していく

流動的である

「周りに流される」ことは悪い意味で使われるが

「周りに合わせる」ことは悪い意味じゃない

「受け流すこと」は上手に出来た方がいいし

「受け止める」ことは大変

「気に留める」ことより

「聞き流すこと」の方が大変

 「流れを止める」よりも

 「流れに沿う」方が楽

 楽な方へ、心地いい方へと変化していく

 それでいいんじゃないかな

 と、今日は土曜日だからそんな気分

 月曜になったらまた違う気分になってるだろうな

 それでいいんじゃないかな

 みんなそんなもんだよね

 きっと





-生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

メンチカツとミンチカツの思い出

 関東で育って、関西で暮らしている私にとって、メンチカツというのは不思議と色々な思い出のある揚げ物。  子供の頃、忙しかった母が  「今夜はメンチとコロッケでいい?」 と言って、それを肉屋さんで買って …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …

今がいちばんいい、と答えよう

 新型コロナウイルスの影響は、私個人的には収入の大幅減はあったものの、どうにか仕事は続けられそうだ。定額給付金のおかげも大きい。  子供の結婚式もギリギリ執り行うことが出来たし、孫の出産も滑り込みセー …

保冷剤で消臭・芳香剤

 冷凍庫にたくさん余っている保冷剤を使って芳香剤を作ってみようと思います  用意するもの 解凍した保冷剤 1個混ぜ合わせる容器割り箸などの混ぜ合わせる棒アロマオイルや香水最終的に芳香剤を入れるガラス瓶 …

結局いつものところにたどり着く

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。  当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。  感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。  どうして …