今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

焚火がしたい

投稿日:

 子供の頃は毎週のように「火燃し(ひもし)」をしていた。

 毎週当たり前にやっていたことで、

 日曜日の午前中にラジオを聴きながら楽しんでいた。

 西田敏行さんと松崎しげるさんの名コンビの番組が楽しみで、

 二人の即興での歌とギターがとても素敵だった。

 燃やすものは、日常の紙ゴミであり、プラゴミを燃やすと黒い煙が出て、臭いので燃やさずによけていた。

 コンクリートブロックを積み上げて作っただけの焼却炉である。

 当時、それなりの住宅地ではあったが、みんな各家庭で紙ゴミは燃やしていた。

 生ゴミは水色のプラスティックのバケツに入れて集積場に出しておけば持っていってくれた。

 今から思えば、燃やせないプラゴミは今ほど多くなかったかもしれない。

 肉や野菜も新聞紙などで包んでいたから、

 調理がらみでのプラゴミはまだそれほど多くなかった。

 そんな「火燃し」も、やっていたのは小学校高学年かいいとこ中学時代までだったろうか?

 それからはトントご無沙汰だ。

 結婚して最初の新居を構えた時に、

 簡易な市販の焼却炉を買って燃やしていた時もあったが、

 それも今の住まいに引っ越した時に置いてきた。

 今の場所では焼却炉は置けないし、置けても火燃しをしたらおそらく

 通報されてしまうだろう。

 それくらいの住宅密集地である。

 でも今になって火を燃やしたくなる。

 炎を抱え込みたくなる。

 危ない人に思えるかもしれないが、放火魔とは違う。

 焚き火で癒されたいだけかもしれない。

 年末年越しの夜、神社に初詣に行って境内での焚火を前にして、

 ずっとこうしていたい思った。

 それだけ炎だけを見て、頭を空っぽにしている時間が心地よかった。

 先日、車で20分ほど走ったところに、無料でキャンプ出来る場所を見つけた。

 地面の上で直接火を置かなければバーベキューも可能だということで、

 機会があればそこでソロキャンプしてみたいなと思った。

 別に宿泊をしなくてもいい。

 夕暮れに焚火をして、そこで調理したものを食べてから帰ってくればいい。

 酒が飲めないのが寂しいが、焚火ができればそれでいい。

 ちょっと火と戯れたい気分。

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

考えるための持久力

 若い時ほど悩めなくなった気がする。  それは良いことであって、それを嘆くことでもなく、まして悩むことでもないとも思う。  「私、むずかしいこと考えていると眠くなってくるのよねー」  そういう妻をうら …

不老長寿

 「不老長寿」というのはいかがなもんなのでしょう?  「人生100年時代」なんて言葉を聞くようになったが、まったくうれしいと思わない。それどころか恐ろしい時代になったもんだと思うばかりだ。  老化する …

運がいいんだか悪いんだか

 ラッキーが2つ続いたけど、  最後は大外れ。  ラッキー2つとアンラッキー1つで「運がいい!」と判定。  ラッキーの数が多くても、最後にダメなら全部ダメと考えるべきなのか?  それを1ヶ月後で判断す …

美術展

 同じ日本に住んでいて、  東京・大阪・京都では、頻繁にこのような大規模な美術展が開催されて、  気軽に名画の本物に観ることが出来るというのはズルいと思っていた。  以前住んでいた場所でこの美術展を観 …

今年の抱負と目標

 年初において「今年の目標」とか「この一年の抱負」とかを決めたことがない。  何かの勉強会において、「毎年目標を決めてそれに向かって邁進していきましょう」と言われて、その場で書かされた記憶があるが、そ …