今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

焚火がしたい

投稿日:

 子供の頃は毎週のように「火燃し(ひもし)」をしていた。

 毎週当たり前にやっていたことで、

 日曜日の午前中にラジオを聴きながら楽しんでいた。

 西田敏行さんと松崎しげるさんの名コンビの番組が楽しみで、

 二人の即興での歌とギターがとても素敵だった。

 燃やすものは、日常の紙ゴミであり、プラゴミを燃やすと黒い煙が出て、臭いので燃やさずによけていた。

 コンクリートブロックを積み上げて作っただけの焼却炉である。

 当時、それなりの住宅地ではあったが、みんな各家庭で紙ゴミは燃やしていた。

 生ゴミは水色のプラスティックのバケツに入れて集積場に出しておけば持っていってくれた。

 今から思えば、燃やせないプラゴミは今ほど多くなかったかもしれない。

 肉や野菜も新聞紙などで包んでいたから、

 調理がらみでのプラゴミはまだそれほど多くなかった。

 そんな「火燃し」も、やっていたのは小学校高学年かいいとこ中学時代までだったろうか?

 それからはトントご無沙汰だ。

 結婚して最初の新居を構えた時に、

 簡易な市販の焼却炉を買って燃やしていた時もあったが、

 それも今の住まいに引っ越した時に置いてきた。

 今の場所では焼却炉は置けないし、置けても火燃しをしたらおそらく

 通報されてしまうだろう。

 それくらいの住宅密集地である。

 でも今になって火を燃やしたくなる。

 炎を抱え込みたくなる。

 危ない人に思えるかもしれないが、放火魔とは違う。

 焚き火で癒されたいだけかもしれない。

 年末年越しの夜、神社に初詣に行って境内での焚火を前にして、

 ずっとこうしていたい思った。

 それだけ炎だけを見て、頭を空っぽにしている時間が心地よかった。

 先日、車で20分ほど走ったところに、無料でキャンプ出来る場所を見つけた。

 地面の上で直接火を置かなければバーベキューも可能だということで、

 機会があればそこでソロキャンプしてみたいなと思った。

 別に宿泊をしなくてもいい。

 夕暮れに焚火をして、そこで調理したものを食べてから帰ってくればいい。

 酒が飲めないのが寂しいが、焚火ができればそれでいい。

 ちょっと火と戯れたい気分。

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

意味付け

 このフルーツのカスタードパイ、写真のように見えますが、  「実は色鉛筆で描いたものです。」  と書けば、きっと驚かれると思うし、すぐに画像を拡大表示して「本当に?」ってペンのタッチとか調べ始めるかも …

しんど

 小学生の頃に毎月読んでいた学研の「学習と科学」。それの「学習」の方だけ。今でも当然刊行されていると思っていたが、調べたら「学習」は2009年を最後に休刊になっていた。そして「科学」も翌年2010年に …

日記

パソコンに日記を書き始めてもう6年になる。  最初はスマホの1日3行ほどの日記だったが、そこからEvernoteに書くようになり、そして現在のApple純正アプリの「メモ」に移行した。  途中半年くら …

地下道

 閉所恐怖症というわけでもないのだが、  地下道と地上の道、どちらを歩く?と聞かれたら、  「地上を歩こうか」と答えるだろう。 雨の日は濡れずに済むから地下道を歩くけど、 晴れた日は迷わず地上のお天道 …

大変なもんだな

 もしかしたら最初は健康のためにってはじめたことかもしれないけど、  いつの間にやら大会に出るようになって、  勝ちたいってことになって、  勝たなきゃいけないってなって、  負けられないってないって …