今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

焚火がしたい

投稿日:

 子供の頃は毎週のように「火燃し(ひもし)」をしていた。

 毎週当たり前にやっていたことで、

 日曜日の午前中にラジオを聴きながら楽しんでいた。

 西田敏行さんと松崎しげるさんの名コンビの番組が楽しみで、

 二人の即興での歌とギターがとても素敵だった。

 燃やすものは、日常の紙ゴミであり、プラゴミを燃やすと黒い煙が出て、臭いので燃やさずによけていた。

 コンクリートブロックを積み上げて作っただけの焼却炉である。

 当時、それなりの住宅地ではあったが、みんな各家庭で紙ゴミは燃やしていた。

 生ゴミは水色のプラスティックのバケツに入れて集積場に出しておけば持っていってくれた。

 今から思えば、燃やせないプラゴミは今ほど多くなかったかもしれない。

 肉や野菜も新聞紙などで包んでいたから、

 調理がらみでのプラゴミはまだそれほど多くなかった。

 そんな「火燃し」も、やっていたのは小学校高学年かいいとこ中学時代までだったろうか?

 それからはトントご無沙汰だ。

 結婚して最初の新居を構えた時に、

 簡易な市販の焼却炉を買って燃やしていた時もあったが、

 それも今の住まいに引っ越した時に置いてきた。

 今の場所では焼却炉は置けないし、置けても火燃しをしたらおそらく

 通報されてしまうだろう。

 それくらいの住宅密集地である。

 でも今になって火を燃やしたくなる。

 炎を抱え込みたくなる。

 危ない人に思えるかもしれないが、放火魔とは違う。

 焚き火で癒されたいだけかもしれない。

 年末年越しの夜、神社に初詣に行って境内での焚火を前にして、

 ずっとこうしていたい思った。

 それだけ炎だけを見て、頭を空っぽにしている時間が心地よかった。

 先日、車で20分ほど走ったところに、無料でキャンプ出来る場所を見つけた。

 地面の上で直接火を置かなければバーベキューも可能だということで、

 機会があればそこでソロキャンプしてみたいなと思った。

 別に宿泊をしなくてもいい。

 夕暮れに焚火をして、そこで調理したものを食べてから帰ってくればいい。

 酒が飲めないのが寂しいが、焚火ができればそれでいい。

 ちょっと火と戯れたい気分。

 

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

立小便

 洋式トイレで男性が小用をする場合、蓋と座面を上に跳ね上げてから、立った状態で用を足した。  しかしその後、周囲に跳ねるやら、こぼすやら言われて、  不本意ながらズボンを下ろして座って済ますようになっ …

一人歩きと二人歩き

 ひとりで歩くことが好きだ。   一人で音楽を聴きながら歩くのが好き。  道端にある花を見つけて、立ち止まってしゃがみこんで、写真を撮ったりするのが楽しい。  景色を見下ろして、時間を気にせずのんびり …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …

タバコ・思い出してみれば

 役場に行けばタバコの煙でもうもうとしていた。  小学校の職員室だってタバコの煙。  電車の中もモクモク。  建物のロビーではみんなタバコを吸っていた。  我が家は父は吸っていなかったが、どこの家でも …

検索

 インターネットがやっと始まった頃だろうか、パソコン仲間で「検索」のコンテストで優勝した人と出会った。  まだ20代前半の可愛らしい若い女性だった。  その当時にパソコン通信が普及して、そこからインタ …