今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 子育て

無心にやる作業

投稿日:

 ふきを買ってきた。

 塩を振って板摺りしてから熱湯で茹でて、冷水に落とす。

 ここからが根気のいる作業の皮むき。

 こういう作業って苦手だった。買ってきた分の1袋くらいならどうにかギリギリやることができたが、これを1日中強制的にやらされたらきっと気が狂いそうになるかもしれない。

 「こんな単純作業じゃなくて、もっとクリエイティブなことをやらせてください!」と訴えるかもしれない。根気がないということは「出来ない」のと一緒なのだ。

 ベルコンベアーで流れてくる部品を次々と組み立てる仕事も向いていないような気がしていた。

 それが、今ではまったく苦痛でなくなっていることに気がついた。

 何も考えないで、ただただキレイに皮を剥くことだけ考えて、ひたすらひたすら皮を剥き続ける。それが快感でさえあった。

 「おお、これはかなりキレイに剥けたんじゃないか?」と黄緑色に光るにふきを輝かしくみたりもした。

 絹さやのスジとりも、豆あじを捌くのも、イワシの指開きも、もやしのヒゲ取りも、なんだか最近楽しい。

 妻はそういうのが得意で大好きだった。子供たちも好き嫌いが真っ二つに別れた。「地道にコツコツ作業派」と「効率的に素早くやる派」。

どっちが良いか悪いかじゃなくて、その両派が協力すれば最強なのだ。

-ひとりごと, 子育て

執筆者:


  1. カラス より:

    おはようございます。
    もやしのヒゲ取りは、一袋二袋くらいなら『修行』と思ってやります。
    フキのスジ取りは、もうやめました。水煮を買って来ます。
    絹さやのスジ取りは好きですが、時々、方向を間違えて残念な気持ちになります。

    • KURI より:

      カラスさん
       同じような作業でも、やろうと思う作業ともうやらない作業があるのが面白いですよね。私も同じです。
      フキのスジ取りとスナップエンドウのスジ取りは爪が痛くなるのであまり好きではないですが、絹さやは痛くならないので好きです。
      今回のフキのスジ取りはナイフを使ってやったので爪は大丈夫でした。

  2. しんちゃんママ より:

    フキのすじとりは〇です。(春だけだし・・・)
    銀杏の皮むきも〇です。  
      ⇒お寺に大きなイチョウの木は1対あり、銀杏がたくさん実ります。
       分けてくださるので、外皮&内皮をむいて、冷凍します。

    プラモデルやジグソーパズルは苦手です。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       銀杏の皮剥きってまとめてやったことないです。皮を剥いて加熱せずに冷凍するのですね。
      プラモデルやジグソーパズルは、好きで30代まではよくやりましたが、気がつけば40代以降はまったくやっていない。
      あんなに好きだったのに。

  3. Aki より:

    栗の皮むきだけはちょっと辛い、今度やる羽目になったら専用の道具を買う予定・・・

    • KURI より:

      Akiさん
       生の栗を剥くのは大変ですよね〜。栗ご飯は好きなんですけど。栗剥き器っていうのがあるんですね。知らなかったです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大晦日

 今年1年を振り返ってみて、さまざまな反省点を見つけ出し、来年は自分なりにどんな一年にしたいのか、しっかりと目標を掲げ、計画を立てて行きたい。  なんてことは、まったく考えていない。  30〜40代の …

「暑い」としか

 連日、36度を超える日々。  「言いたくないけど、暑いよね。ハァ〜」とため息をひとつ。  今年は梅干しも作らず、梅仕事は無しのつもりだったが、娘が職場で梅1kgをいただいてきた。  庭で採れたものら …

答えはいつも自分の中にある

 どうしよう・・・  どうしたらいいと思う?  どうしたらいいのだろう?  こんなとき、みんなどうしているのだろう?  ネットで調べたり、友だちに相談したり、知人を尋ねたり、先哲の本を読んだり。  そ …

映画「ベルファスト」と5分咲きサクラ

 第94回アカデミー賞脚本賞を受賞した作品。  作品賞は「コーダ あいのうた」が受賞し、国際長編映画賞では「ドライブ・マイ・カー」が見事受賞。特にお気に入りだった「コーダ あいのうた」が受賞したのはう …

今年の抱負と目標

 年初において「今年の目標」とか「この一年の抱負」とかを決めたことがない。  何かの勉強会において、「毎年目標を決めてそれに向かって邁進していきましょう」と言われて、その場で書かされた記憶があるが、そ …