今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと

特別警報

投稿日:

 「特別警報」という警報が初めて発令されたのが2013年の9月。

 ちょうど私の住んでいる地域に出たので写真まで撮影していた。

 その時は「紫色」だった。

 今回(2021年夏)の特別警報では、

 「黒」になっている。

 いつから変わったのだろうと考えてもよく分からない。ずっと前からそうだったような気もする。

 紫色のヤバそうな感じが伝わるが、「黒」もかなり来る。

 もう8年も前になるのか? 早いものだ。

 今までに何度も激しい雨は経験したけど、あの特別警報の時の雨は「恐怖」を感じた。

 「やばいやばい、やばいよ」と心の中で呟いていたと思う。それほどの雨だった。

 近所では知らないうちに土砂崩れが起きていたし、街のあちこちが土砂や水が流入していた。

 幸い我が家は難を逃れたが、一歩間違えれば我が家も床上浸水していてもおかしくなかったと思う。

 まさかここが溢れるなんて!ということばかりだった。

 こういうのを一度経験すると、大雨が降るたびに「またあの時にようになるかもしれない」と思う。

 こういうことは、語り継ぐのも大切だが、体験したくはないが体験しないと実感出来ないところもある。

 大地震も体験していない、戦争も体験していない、津波も知らない、でもその大変さはテレビでは見たけど、でもまったく実感がない。これは自動車事故や飛行機事故、列車の事故も、自分で体験しないとその怖さは実感しにくい。

 今はコロナウイルスのパンデミックになっているが、自分がそれに感染して死線を彷徨った訳でもないので、その怖さを実感出来ていない。ただその時に、民衆がどのように変わるかというのは実感した。

-ひとりごと

執筆者:


  1. Aki より:

    だよねー

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

京都鉄道博物館

 2016年春に京都梅小路公園内に開館した鉄道博物館。その4年前の2012年には京都水族館も同公園内に開館している。  私が何回か梅小路公園に出かけていたのは、その鉄道博物館の前身である「梅小路蒸気機 …

失敗とかミスとか

 今までの失敗を振り返ってみると、  過大な期待値の上に乗っかっていたなぁって思う。  リスク管理も出来ていなかったし、妄想とも言うべき期待値だけ自分一人でグイグイと上げてしまって、「リスクもないし、 …

比叡山の雨雲

 比叡山に雨雲が掛かると、多くの場合30分前後でここにも雨が来る。でも大気が不安定なこの時期では、その雨雲の方向性も定まらず、今回のように比叡山から北の比良山系の方へと向かっていくことも多い。  雨雲 …

映画「閉鎖病棟 それぞれの朝」

 山本周五郎賞を受賞した帚木蓬生のベストセラー小説「閉鎖病棟」を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督・脚本で映画化。長野県のとある精神科病院にいる、それぞれの過去を背負った患者たち。母親や妻を殺害した罪で …

クロースアップ

「人生はクロースアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見ると喜劇だ」  とチャップリンの言葉。  「クロースアップ」じゃなくて「クローズアップ」じゃないの?って思った。    お店が閉店した時の「C …