今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

特別警報

投稿日:

 「特別警報」という警報が初めて発令されたのが2013年の9月。

 ちょうど私の住んでいる地域に出たので写真まで撮影していた。

 その時は「紫色」だった。

 今回(2021年夏)の特別警報では、

 「黒」になっている。

 いつから変わったのだろうと考えてもよく分からない。ずっと前からそうだったような気もする。

 紫色のヤバそうな感じが伝わるが、「黒」もかなり来る。

 もう8年も前になるのか? 早いものだ。

 今までに何度も激しい雨は経験したけど、あの特別警報の時の雨は「恐怖」を感じた。

 「やばいやばい、やばいよ」と心の中で呟いていたと思う。それほどの雨だった。

 近所では知らないうちに土砂崩れが起きていたし、街のあちこちが土砂や水が流入していた。

 幸い我が家は難を逃れたが、一歩間違えれば我が家も床上浸水していてもおかしくなかったと思う。

 まさかここが溢れるなんて!ということばかりだった。

 こういうのを一度経験すると、大雨が降るたびに「またあの時にようになるかもしれない」と思う。

 こういうことは、語り継ぐのも大切だが、体験したくはないが体験しないと実感出来ないところもある。

 大地震も体験していない、戦争も体験していない、津波も知らない、でもその大変さはテレビでは見たけど、でもまったく実感がない。これは自動車事故や飛行機事故、列車の事故も、自分で体験しないとその怖さは実感しにくい。

 今はコロナウイルスのパンデミックになっているが、自分がそれに感染して死線を彷徨った訳でもないので、その怖さを実感出来ていない。ただその時に、民衆がどのように変わるかというのは実感した。

-ひとりごと

執筆者:


  1. Aki より:

    だよねー

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大変なもんだな

 もしかしたら最初は健康のためにってはじめたことかもしれないけど、  いつの間にやら大会に出るようになって、  勝ちたいってことになって、  勝たなきゃいけないってなって、  負けられないってないって …

人の歩いた道を辿ってみる

 過去に同じ道を歩いた人がいて、  その人がその道の情報を色々と残してくれたとする。  その情報をもとに同じ道を歩いたら、  あとから歩いた人の方が、さらに多くの情報を得られるのだろうか?  そんなこ …

「寝れば治る」

 妻の口癖。  子供たちも、「お母さんは、いつもそればっかり!」とあきれている。  しかし、私もその「寝れば治る」には大方賛成だ。  ほぼほぼの体調不良は、  睡眠不良と食べ過ぎからくることが多い。 …

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …

外はいい天気なのに

 窓から見上げる空は今日も快晴  南の空には白い下弦の月  空も自分も、何も変わっていないはずなのに  どうしてこんなに息詰まるのだろうね  春になれば少しはマシになるのかな?  夏になればみんなが集 …