今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 出来事 生活

珠暖簾(たまのれん)

投稿日:

 押入れの奥から出てきた遺品。

 以前、第一回目遺品整理の時には保留にして仕舞い込んだもの。あまりに奥に仕舞い込んだので2回目、3回目の遺品整理でも目に触れなかった。今回引っ張り出してみて「やっぱり要らないね」ということで、廃棄することにした。

 自治体指定のゴミ袋から微妙にはみ出てしまうために、ノコギリで三等分にした。

 同時に古い簾(すだれ)も切断した上で一緒に袋詰め。

 この「珠暖簾(たまのれん)」というものは、子供の頃、家で使っていた記憶がある。プラスティックでカラフルなものだったり、木工細工のものだったり。しかし、今はほとんど見かけなくなった。

 この珠暖簾は、思うほど視界を遮ることもなく、たまに顔に当たったりして、なんのためにあるのだろう?って思ったりした。これは一つの結界みたいなものなのだろうか?

 玄関と居間に通じる廊下の間であったり、台所と居間との間だったり。考えてみると、居室の間には珠暖簾はない。台所と居間、お風呂や脱衣所と居間の間、玄関と居間に通じる廊下の間。もっと昔だったら、土間の部分と畳の部屋との間を隔てるものであったような気もする。

 お店の暖簾はまた違う意味があるだろうし、日除けや風除け、目隠しの役目もしてくれる。

 「これがないと丸見えじゃないの」というのもわかる。珠暖簾ひとつでも、その奥への焦点を合わせにくくなるという効果もある。手で珠暖簾を払ってから入室するという儀式的なものもあるかもしれない。

 珠暖簾を廃棄してみて、少しだけ「まだ使えたかな?」って思ったが、もう何年も必要に感じることなく過ぎてきたので、やはり処分してよかったのだろう。子供たちもきっと使わないだろうし。

 この珠暖簾の他にも、夏用の襖だったり、夏用の衝立だったり、昔の道具が押入れの奥にある。もう使わないのはわかっているが、なかなかこういうものは捨てにくい。

 亡き義父母はなんて言うだろうな?って考えてしまう。「それかなり良い品なのに勿体無い」とか「まだ使えるのに」とか、後ろめたさを感じてしまう。遺品整理とはそんな自分の中で作り出した妄想の声との戦い。実際は「あぁ、そんなの捨ててええよ」と言ってくれているのかもしれないし、「自分たちが使いたいものだけ使ったらええ」と言ってくれていると信じるだけ。その遺品に思い出がないのにこの迷いだから、思い入れのある妻が捨てられないのも理解できる。

 だから私が「今までありがとう」と声をかけて捨てる。

-ひとりごと, 出来事, 生活

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    一昨日、夏物の入替をしました。衣装ケース4個を整理して、大きなゴミ袋2袋分、断捨離しました。
    一番驚いたこと⇒ティッシュが出てくる出てくる。生協でかわいいキャラクターのティッシュ(ミッキー・スヌーピー・サンリオ)があると、絶対に注文するので・・・。年内、買う必要がないのですが、今週もミッキーのティッシュが届く~~~。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
      パパさんのお部屋の掃除に、衣替えとお忙しい日々ですね。
      キャラクターのティッシュですか。年内買う必要がないほどというなかなかの数なのでしょうね。
      腐るものではないですもんね。(^_^)

  2. アプリ より:

    珠暖簾、ありましたね。昭和のドラマには出てきたような~
    確かに結界っていうか、あれだと入っていくとちょうど音がするから、誰か家族が入ってきたってわかるし、まあ、声をかければいらないのかもしれませんが。目隠しなら、布の暖簾でもいいのでしょうが。

    衝立、家にもありますが、使っていたのか?それとももらったのか。結局、使わずに今は外からの人が出入りはしない土間に置いてあるだけです。もらったらしいサイドボードもあるけど、洋間もないし、変ですが、私たちが使っている4.5帖の和室に置いてあって邪魔なんですが、行く場がない始末です。

    • KURI より:

      アプリさん
      >入っていくとちょうど音がするから
      確かにおっしゃる通りですね。あの音は独特ですもんね。風も遮らず、視野もさほど遮らず。

      衝立、アプリさんのお宅にもありますか。サイドボードもそうですが、家具というものが変わってきていますよね。
      息子夫婦も新居に入るのに、「タンス」は皆無でした。昔の婚礼家具というものはほぼ姿を消しました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

グラデーション

 グラデーションの中の、今の自分の立ち位置はどこなんだろう?  その位置をあえて決めなくても良いのだが、  人と会話していると、相手に比べて自分はもう少し右とか前とか思ったりする。  3人集まれば、他 …

見えてないのは無いのと一緒

 この歳になると、そんなじっくりと自分の顔をまじまじと見ることがなくなった。  それだけに、うっかり間違って老眼鏡をかけて自分の顔を見てしまったりすると、  そこには想像し得ないほどの荒野が広がってい …

クロースアップ

「人生はクロースアップで見ると悲劇だが、ロングショットで見ると喜劇だ」  とチャップリンの言葉。  「クロースアップ」じゃなくて「クローズアップ」じゃないの?って思った。    お店が閉店した時の「C …

哀しき小便事情

 小さい頃は汲み取り式のトイレで、便座は床から一段高くなったところに和式のものがあった。  そこで小用を足すときは、立った状態でその和式の便器に向かって放った。しかし、当然のように左右に飛沫は飛び、小 …

クリームシチューとご飯をスマートに食べたい

クリームシチューをご飯にかけますか?  クリームシチューをご飯にかけて食べること  妻がそれをやり出して、子供たちもそれを真似して  気がつけば、わける派は私だけになってしまった。 「あ、お父さんはか …