今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

山歩き

琵琶湖疎水の「山ノ谷橋」

投稿日:2020年6月22日 更新日:

 琵琶湖疎水沿いを藤尾から四宮、山科安朱橋、御陵(天智天皇陵)と歩いてきて

 この橋が行き止まり

 その先、疎水は暗渠となり再び地上に出るのは蹴上になる。

 コンクリートで作られたアーチ状の橋は、一見なんてことないただのコンクリート製のアーチ橋なのだが

 実は、明治37年(1904年)に架けられた、日本で最初のコンクリート製アーチ橋なのである。

 1904年というと、日露戦争の年。

 琵琶湖第一疏水は、1890年に完成し

 琵琶湖第二疏水は、1908年に着工される。

 その間に作られたコンクリート製アーチ橋となる。

 その橋の南側には、コンクリート製のレトロな邸宅

 この邸宅は、染織家でもあった鶴巻鶴一氏の自邸として建てられた(現:栗原邸)。設計は、日本におけるモダニズム建築の先駆者のひとり本野精吾氏とのこと。

 疏水沿いを歩いてきて、この橋を北側に渡って山に入ると南禅寺へと行ける。

 この邸宅脇を抜けて住宅地に入っていくと、三条通りへ出て京阪御陵駅へと行ける。

 散歩にはもってこいのコースだ。



-山歩き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ニイニイゼミみっけ

 いきなりピンボケの写真で申し訳ない。  木の幹の中央にいるのがニイニイゼミですと言われても、よくわからないでしょう。  近づくと逃げられそうだけど、そーっと近づいてパチリ。  それでもまたピンボケ! …

如意越(にょいごえ)

 京都と大津を結ぶ山道。特に京都から三井寺に抜けるにはかなりの近道になる。  2013年の台風18号で大きく崩れるまではよく歩いた道だったが、あちこち崩れて歩けないらしいと言う噂が出てからはほぼ行かな …

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …

早朝の散歩

午前6時にそ〜っと布団から這い出す。 休日の朝は気分がいい。 洗面・着替えなど済ませ、Apple WatchとiPhoneと家の鍵だけ持って玄関を出る。 湖岸にはすでにジョギングやウォーキングの人、犬 …

山のおにぎり

 山に持っていく昼ごはんは、  最近「おにぎり」の頻度が高い。  以前は、「山メシ」ってことで、山頂で豚汁作ったり、スパゲティーやうどん、ラーメンなどを作ったりしたが、  ある時から弁当を持っていくこ …