今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

山歩き

琵琶湖疎水の「山ノ谷橋」

投稿日:2020年6月22日 更新日:

 琵琶湖疎水沿いを藤尾から四宮、山科安朱橋、御陵(天智天皇陵)と歩いてきて

 この橋が行き止まり

 その先、疎水は暗渠となり再び地上に出るのは蹴上になる。

 コンクリートで作られたアーチ状の橋は、一見なんてことないただのコンクリート製のアーチ橋なのだが

 実は、明治37年(1904年)に架けられた、日本で最初のコンクリート製アーチ橋なのである。

 1904年というと、日露戦争の年。

 琵琶湖第一疏水は、1890年に完成し

 琵琶湖第二疏水は、1908年に着工される。

 その間に作られたコンクリート製アーチ橋となる。

 その橋の南側には、コンクリート製のレトロな邸宅

 この邸宅は、染織家でもあった鶴巻鶴一氏の自邸として建てられた(現:栗原邸)。設計は、日本におけるモダニズム建築の先駆者のひとり本野精吾氏とのこと。

 疏水沿いを歩いてきて、この橋を北側に渡って山に入ると南禅寺へと行ける。

 この邸宅脇を抜けて住宅地に入っていくと、三条通りへ出て京阪御陵駅へと行ける。

 散歩にはもってこいのコースだ。



-山歩き
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

山で食べられるものって意外と少ない

 山歩きとかまったく知らなかった頃は、山の中で迷っても周りは植物がいっぱいで何かしら食べるものはあるかもしれないって思ったりしていたが、  実際に低山を歩いてみると食べ物なんてない。野草や山菜だってそ …

方丈石・パノラマ岩・ユウレイ峠・下醍醐

 先週訪れた鴨長明の方丈の庵跡が今日のスタート。石田駅から東へ一直線に日野岳麓へ向かう。  寄り道せずに30分ほどで方丈石に到着。ここからやや直登(ちょくと)で急な斜面を登るが、すぐに緩やかになる。 …

音羽山(追分駅〜膳所駅)

 今でこそ、「音羽山」や「音羽の滝」とかいうと、京都最大の観光地でもある「清水寺」を想像されるかもしれないが、平安時代に「音羽山」「音羽の滝」「音羽川」「音羽の里」といえば、今回登った音羽山のこと。 …

南禅寺の禁止事項

 昨日は山歩きの帰り道に南禅寺に立ち寄った  コロナの第一波が収まった前回は、少し観光客が戻ってきたように見えたが、  この日はまた参拝者はポツリポツリの状態  それでも若いカップルが多かったのはうれ …

大文字山(山科駅・毘沙門堂・安祥寺上寺跡入口からDコース・山頂・京都トレイル・日向大神宮・南禅寺)

 マルさんと山科駅にいつもの9:43に集合して、駅裏から疏水へ北上して毘沙門堂へ。  毘沙門堂は燃えるような紅葉で、最初から興奮状態。  今日は動画をメインに撮影したので、写真はわずか。  動画はこの …