今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

スイーツ・デザート ライフシフト

生八ツ橋

投稿日:

 娘がリニューアルした京都水族館へ行っていた。

 買ってきてくれたお土産がまさかの生八ツ橋。

 ここに住んでいると、いつでも買えるものではあるが、わざわざ買わない。

 それだけに新鮮だった。

 いつものやつと、抹茶味と栗あん。

 食べてみると、安定の味で美味しい。

 時間が経過しても、いつも柔らかい食感のお餅。

 絶妙な甘さの餡。

 嫌味のないニッキの香り。

 年を重ねると、生じゃない焼いた八橋が以前よりも美味しく感じられる。

 今回は久しぶりの生八ツ橋。

 観光客が激減したこの半年以上。おそらく売り上げも激減だったことだろうと想像する。

 外国人観光客にこのお菓子は口に合うのだろうか?京都のお土産に選ぶのだろうか?あまり考えたこともなかったが、修学旅行生は間違いなく買っていったことだろう。

 最近はその修学旅行生の姿も見かけない。

 京都の街に住む人たちに買ってもらえるよう、食べてもらえるようになるのが一番だが、おそらく私が心配せずともそのように動いていることだと思う。

 日々の変化についていけるように、環境に適した生き方が出来る生き物が生き残るのは、過去からの決まり事。

 まったく人ごとではないので、自分も生き残るべくどうすべきか考え行動に移す。

 どうにか逃げ切ると考えるか、いかにこの波を乗り越えるかと考えるべきなのだろう。後は自分の「気力」の問題だ。



-スイーツ・デザート, ライフシフト
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

楽しいことを見つける

 自分は何をしている時が楽しいのか。  ギターを弾いている時、  ピアノの鍵盤を叩いている時、  適当なイラストを描いている時、  好きな音楽を流しながら文章を書いている時、  湖岸を走っている時、 …

自分って

 自分には性格的にいろいろな面がある。 多分みんなもそう。 やさしいところもあるし、厳しいところもある。 ある男が人質をとって銀行に立て籠もった。警察が説得するが投降しないしない。お母さんが呼び出され …

お皿のフチの汚れ

 子供が小さい頃は、こんな大皿に毎晩3皿分のおかずを作って  食卓にドンと置いて、さぁ食え!とばかりにダイナミックに並べた  その時には、お皿のフチについた小さな汚れなど気にもしなかった いつしか大皿 …

山で食べたドライオレンジ

 気がつけば、もう一緒に山を歩くようになって7年?8年?にもなっていた。  私よりも6つか7つくらい年上のお友だち。  山のこと、何も知らなかった私にいろいろと丁寧に教えてくれた大切な人。  その日も …

50代後半の死生観

 ちょっと時間ができたので、書き留めておこうと思った。  死についてのことだが、今は「死」というものが怖くない。うーん、「怖くない」という言葉は違うような気がするが、それに怯えていないという方が近いか …