今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事 文具 生活

画材の中から出てきた道具

投稿日:

 娘が残していった画材の中に、使い方のわからない道具があった。

 オレンジの部分はゴム製。

 中央にクリップがある。

 裏側はこんな感じ。

 これでこの道具の使い方がわかった人はすごい。

 この写真でわかるかな?オレンジ色のゴムは外すことができた。

 その先には針が付いていた。

 なるほど! コンパスだった!

 クリップに鉛筆やペンを挟んで、針を固定してクルリと回して円を描く。

 「クリップコンパス」という道具でした。

 子供たちが家を出ていった後に、学生時代に使っていたものが出てくる。 その中にはまだまだ使えるものも多くて、捨てるには忍びないものも多い。学校の教材のものは、品質も良くて勿体無い。

 結局、親がそれを使うことになる。子供からしたら「お願いだから私の体操服を着ないで!」ってことになるのだが、「だって勿体無いじゃない」っていう世間で良くあることを我が家でもやることになる。

 私のジョギングシューズは、相変わらず息子の体育館シューズだし、お絵かきの道具も娘が使っていたもので、裁縫道具も娘の家庭科で使ったもの、書道の道具も、彫刻刀もまだまだ現役で使っている。妻の職場で着るシャツは末娘の高校時代の制服だ。

 決してコスプレではない。

-出来事, 文具, 生活

執筆者:


  1. Aki より:

    5人分だとたくさんあるでしょう

  2. しんちゃんママ より:

    >裁縫道具も娘の家庭科で使ったもの
    ⇒裁縫箱は残っていませんが、いろいろ残っています。
      裁縫系は苦手なので、減りません(?)。

    しんちゃん兄の幼稚園のお道具箱は領収書入で健在。
     

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       息子のものはほとんど残っていなくて、その体育館シューズくらい。女の子の方が比較的丁寧に使うのか使えるものが多いです。
      幼稚園の頃のお道具箱は流石に残っていません。(^_^)

  3. カラス より:

    イマドキの若者の学用品などは、ボロボロになるまで使用することがあまりないでしょう。
    どれもこれも、廃棄するにはモッタイナイ物ばかりと感じてしまいます。
    その流れは、学用品などに限らず、日用品雑貨なども100均の物でも、次々新しいものを買って来て、古い物をゴミ箱に捨てているので、私が拾って、何かに使おうと保管することが多いです。はたして再利用する機会があるかどうかわかりませんが、壊れていないものを簡単にポイできませんもん。
    そうやって、不合理に物が増えて行くのであります。

    • KURI より:

      カラスさん
       学用品は授業が終われば使いませんから、きれいに残っていることが多いです。
      それだけに、5人姉兄妹では姉のお古、兄のお古ばかりで、末娘は新しい学用品や洋服はほとんど買ってもらえないかわいそうな状態。
      「お古でいいよ」って言ってくれていましたが、今ではかわいそうだったなって思っています。
       モノはなかなか捨てられませんよね。日々闘いです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高級チョコレート「ショコラ ベルアメール 京都別邸」

 京都三条通りをぶらぶらと歩いていて、  「こんなところに新しいチョコレート専門店が出来たんだって!」って立ち寄ったのが、 もう6年前。  「ちょっと覗いてみようか」って入店したものの、  「失礼しま …

絵画

 絵は好きでよく展覧会などに観に行く。  著名な画家さんの作品はもちろんのこと、子供の絵も素晴らしいのでよく観させてもらう。  娘が芸大に通っていたこともあり、学生さんの絵も大好きだ。  上手い下手と …

お皿のフチの汚れ

 子供が小さい頃は、こんな大皿に毎晩3皿分のおかずを作って  食卓にドンと置いて、さぁ食え!とばかりにダイナミックに並べた  その時には、お皿のフチについた小さな汚れなど気にもしなかった いつしか大皿 …

鬱の波が来ちゃったら

朝、目覚めた時におおよそわかる  今日は調子がいいかどうか。  消炎鎮痛剤でごまかせる時もある  それでもダメならとりあえず諦めて騙し騙し動くしかない  50代になって変わったのは、諦めてどうにかでも …

殻付きカキをフライに

 殻付きの大粒なカキをいただいた。    どうしてもカキフライが食べたかったので、他は考えずに一択。      殻からはずして、塩水でよく洗って。    やっぱり想像通り、ムッチャ大粒。      妻 …