今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

真実はいつもひとつ!

投稿日:

 また面倒なことを考え始めている。

 名探偵コナンの決め台詞である。

 人生をそれなりに生きてきた人なら、

 「そんなことあるわけないじゃん!」と思うだろう。

 
 それじゃ

 「真実はひとつじゃないけど、事実はひとつ!」はどうだろう?

 これもどうなんだろうね?

 そう思いたい気持ちもわからなくはないけどなぁ。

 「事実」ってなんだろう?

 「事実とは、本当にあった事柄、現実に存在する事柄。」

 「本当」とか「絶対」という単語を、よく使われる時代と、そんなものはない!という時代とあると思う。

 今はどちらかというと、「絶対」なんて言葉を使う人を信用するなって風潮がある。

 自分のことで言えば、年齢を重ねるごとに、視力、聴力、味覚、嗅覚、運動神経、反射神経、思考能力など諸々の感覚に自信が持てなくなってきた。

 「さっきまでここにあったリモコンどこにある?」

 と、とっさに思っても、

 さぁ本当にリモコンは先ほどまでそこにあったのだろうか?と、自分の記憶を疑ってしまう。 

 若い頃の能力だったら大丈夫だったのか?と思っても、

 やはり、思い過ごし、思い違いはザラにあった。

 たとえ、ビデオで撮影していたとしてもどこまで「事実」は証明できるのだろうか?

 
 そう考えると、人を裁くことって難しいなって感じる。

 いや、よく裁けるなって。

 でも裁かなくちゃいけない。

 裁判は極端なことだけど、

 日常の中では、そういう曖昧な判断において、行動が決められ、言動に出て、そのリアクションによって波紋が広がる。

 人生その連続だ。

 あやふやで曖昧な事実認定による「真実」の確率が高いと思われる事が、多数決で真実として決められて、物事が動いていく。

 仕方がないことだが、それが現在一番リスクの少ない方法なのだろう。

 そんないい加減な社会で暮らしているのに、ちょっとした善悪のことで腹を立てたり、落ち込んだりして、「負」の気持ちを抱えてしまう。

  見てご覧よ、世の中いい加減で理不尽なことばかりじゃないか!

 本屋に行ってごらん、どれも「これが真実!」という「嘘」に溢れているじゃないか。

 テレビでも新聞でも毎日いい加減なことばかりじゃないか。

 いい加減にも程がある!というのでなければ大丈夫なのかもね。

 それに怒る人よりも、それを黙らせるテクニックなり、力なりを持っている人の方が勝ってしまう世の中。

 そういうのをいくつも味わってしまうと、真面目に生きていくのがバカバカしくなるが、そうにしか生きられない人は苦渋を味わいながらも、そこから上手に距離を置き、うまく避けつつ、その中で小さな幸せを見つけていければ、

 いつまでも幸せに暮らしましたとさ

 となる。

 そうなるように、うまく生きていこう。

-ライフシフト, 生活
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

花を振り向けば

 花を振り向けば  いつも見送る目がある  花を振り向けば  いつもやさしい言葉がある 「いってらっしゃい!」の手を振る笑顔  どれほど大切なことか  これが今生の別れとなるかも知れぬ  不機嫌で別れ …

スロージョギングを続ける

 仕事を終えて、晩ご飯を食べてから走り出す。  公園まで歩いて10分  ラジオ体操第一と自分なりのストレッチをやってから  ゆっくりゆっくり走る。  2km弱を20分以上かけて走る。  常に鼻呼吸   …

 50代男性にとっての涙とは

いつからこんなに涙もろくなったのだろう?  そう感じた同輩は多いと思う。50歳を過ぎた頃からだろうか?  映画を観ては泣き、本を読んでは泣き、懐メロを聴いては泣き、それを思い出しては泣き、NHKのど自 …

メンチカツとミンチカツの思い出

 関東で育って、関西で暮らしている私にとって、メンチカツというのは不思議と色々な思い出のある揚げ物。  子供の頃、忙しかった母が  「今夜はメンチとコロッケでいい?」 と言って、それを肉屋さんで買って …

話上手はテクニック・聞き上手は人徳

 人前で何かを喋ることというのは、緊張するものだ。  30代半ばまでは、もうホントに大嫌いで逃げ回っていた。  学生時代、授業中に先生に指されることが怖くて身を低くしていたし、授業参観の時などは消えて …