今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

スイーツ・デザート 料理

砂糖120gのアンコ

投稿日:

1袋の小豆で通常砂糖の量は200g〜300g。

当初は、甘いもの好きの妻のために320gほど入れていた。

さすがに甘すぎて、食べていてなんというか「やばいよな」って感覚があった。

 300gから250gへ、

 そして、250gから150gへ。

 「まだ減らせそうだね」ということで、

 120gへ。

 プラスティックボウルが100gちょうどで、合計220g。

 前日から18時間水につけて置いた小豆を水から沸騰させて、

 一度煮こぼす。

 再び新しい水で煮はじめて、沸騰したら弱火にして40分〜50分。

 隣でおでんの大根、奥のコンロでは鶏レバーを煮ている。

 木枯らしが吹く休日に、部屋を温めるには煮物が一番。

 

 煮上がったら一度火を止めて砂糖を2回に分けていれる。

 塩も少々入れるが、この量はお好みで調整して欲しい。

 砂糖が少ない時の方が、塩の影響が大きい。私はいつもよりも多めに入れてみた。

味見をしてからバッドへ流し込む。

 バッドが無ければ、そのまま鍋に入れたまま置いておいていい。

 冷めてからもう一度味を確認。

 うん、この甘さでも十分いける。

 目標はもう30g減らして90gへ。

 これがNHKのガッテン!で作っていたアンコだが、

 いきなりだと妻の寂しそうな顔を見ないといけないから迷うところだ。



-スイーツ・デザート, 料理
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鶏むねしっとりネギ塩

 一口サイズの鶏むね肉  下味は、塩と黒胡椒、みじん切りのニンニク、砂糖少々入れてモミモミ。  片栗粉をまぶしてからフライパンで両面焼く。  パリッと焼き上がったら、塩タレを投入。  塩タレ: 鶏ガラ …

仙太郎の「こぐり」と京都大神宮

仙太郎の「こぐり」と言うお菓子をいただいた。 「桃山生地」の中に 上品な栗餡が入っている。 味はとてもバランスよく美味しい。 そして何より、この見た目。 なんとも可愛く仕上がっている。 パッケージも上 …

キノコのマヨキムチ焼きうどん

 この手のいい加減なメニューは作っていて楽しい。  「麺つゆで絡めて、大根おろしと生姜に九条ネギたっぷり」とか、  「味ぽんとマヨと削り節ドバーっとのせ」とか  「納豆高菜漬けと温玉」とか、  いくら …

お気に入りの天ざるそば

 美味しいお蕎麦屋さんに行くのはなかなか出来ないので  自分で作るしかない  蕎麦は、上州粕谷製麺所の「ねじれそば」  そばつゆは「創味のつゆ」  天ぷらは、野菜の天ぷら  この日は、カボチャ、ねぎ、 …

百日祝い(ももかいわい)

 ありがたくも、いわゆる「お食い初め」の儀式に呼んでいただいた。  自分たちの時は、一人目の子供には真似事のようなことを自宅で行ったが  4人目、5人目に至っては、その儀式をやったかどうかも覚えていな …