今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事

磨きついでに

投稿日:

 先日、仏具をキレイにしたらなんだか磨くのが楽しくなってきて、

 昔使用していた草刈り用の鎌とか枝切り鋏みが錆びて放ってあったのを思い出した。

 亡き義父が使っていた古い枝切り鋏は、グイッと開くのも力が要るほど錆びていた。

 鏡面仕上げなんて必要ないので、とりあえず錆を落として使えるようにしよう。

 そして、もう一つはまたまた仏具。ご飯をお供えする金属の器。

 仏飯(ぶっぱん)を装う器だから「仏飯器(ぶっぱんき)」と呼ぶらしいが、そんな名前がついていたなんて初めて知った。

 これもついでに磨いてみる。

 この日は、家の駐車場で椅子を用意して、タライに水を張って、

 その上でひたすら耐水ペーパー(紙やすり)でゴシゴシ。

 鎌だけは、砥石で刃を研いだ。

 ビジュアル的にはピカピカに光り輝いていないが、枝切り鋏は動きもスムーズになり、切れ味もよくなった。

 特に刃を研いだ鎌の切れ味はちょっと怖いくらいの鋭さ。

 仏飯器は磨き甲斐があってピッカピカ。

 いつまでも磨いていたい気分になる。

 「他にも何か錆びているもんない?」と、物入れを探したい気分。

 磨くって楽しい。

-出来事

執筆者:


  1. しんちゃんママ より:

    パチパチパチ!

  2. アプリ より:

    見違えるほどにきれいになりましたね。

    • KURI より:

      アプリさん
       ありがとうございます。ひとつ綺麗にすると、相対的にそれ以外が汚く見えてきてしまって、ついつい他も磨きたくなってきてしまいます。

  3. Aki より:

    そこまで錆びててもまだ使えるのが驚きです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

手打ちうどんと川エビのかき揚げ

 朝ドラ「ちむどんどん」で沖縄そばを打つシーンが出てきたので、どうにも急に手打ちうどんが食べたくなり、「そうだ、うどん粉があったじゃないか!」と思い出したのだ。  妻と二人だが、こういう時にはたくさん …

遠くの積乱雲

 夕暮れ時のウォーキング。  湖岸に出て最初に目に入ってきたのが夕陽とは反対側である北東の鈴鹿山脈方面の積乱雲。  夕陽を受けてなかなかの迫力。  それで、メインの西の空はどうかと言えば、  ラピュタ …

如意越え(坊越峠)三井寺から南禅寺まで

 旧東海道を西に歩いて、「叶匠壽庵 本店」前に貼ってあった広告ポスター。滋賀で一番有名な芸能人かもしれない西川貴教さん。  小関町を抜けて小関峠の一番上まで登ったら、そこから山に入る。  今日は自然観 …

大阪中之島美術館「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99のものがたり―」

 雲もひとつない青空の下、大きな変なネコに迎えられた。  まだ開館したばかりの「大阪中之島美術館」。そのオープニングとなるこの「Hello! Super Collection 超コレクション展 ―99 …

場所と格好

「ここでこんな格好していると誰だかわからないねー」  そんなことがよくある。  この前もスーパーで買い物をしている時に、  「こんにちは!」と30代の女性から挨拶をしてもらった。  すぐには誰だかわか …