今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

生活

神はいるのか?

投稿日:

 いつも行く低山の谷を下っていた

 左側には10mの渓谷

 道幅1.5mほど

 左手に持つストックがなぜか空振りして

「あっ!」と思った瞬間に体が左に斜め前方に受け身を取るような格好で1回転して

 気がついたら仰向けになって空が見えた

 リュックを背負っていて、中身は雨合羽とタオルと食べ終わった弁当箱

 それがクッションになって、どこも痛くない

 山道から30cmほど下に小さなテラスがあって

 そこに仰向けに寝ていた

 恐る恐る左側を見下ろすと

 10mの下に大きな岩がゴロゴロした川

 命拾いをした

 その時に思ったこと

 「生かされた」

 まだ生きていていいんだなって感じた

 今まで私は

 神様を信じている時と、そんなものはないと思う時とあった

 何か困ったことがあれば平気で神頼みに行くし

 すべてがうまく回っている時は、自分の実力だと思っていた

 今回のことも

 「たまたま運が良かった」

  ただそれだけ

  それをキッカケに神を信じるようになったということもないが

 「まだ生きていていいんだ」「助けてくれてありがとうございます」

 という気持ちは本物

 誰に対して「ありがとう」と言ったのか、自分でもわからない

 

 今までもずっと考えてきた

 「死」とはなにか? 死んだらどうなるのか?

 宇宙に果てはあるのか?

 人生に意味はあるのか?

 そんな考えても答えの出ないことを考えるのが好きだが

 神は存在するのか?

 そんなことを改めて考える気になった

 もちろん答えなどない

どこかに真実はあるのかもしれないが

 それもわからない

 ただ、真実なんてどうでもいい

 真実と思われているものも、それが真実とは限らない

 それが真実であった方が都合が良ければ

 それを真実としておこう

 世の中はきっとそうなっている

 神はいるのか?

 いてくれた方が都合がいいのなら

 そこに神はいる





-生活
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

どこもかしこも不安商法

「放っておくて大変なことになりますよ!」 「こんな些細なことで後々えらいことに!」 「毎日のその習慣、大丈夫ですか?!」  テレビもネットも雑誌も本もこんなんばっかり。  情報を集めれば集めるほど不安 …

日焼けした濃紺ジャケットをダイロンで黒染めしてみました

 日焼けして肩のあたりが白っぽくなってしまったお気に入りのジャケット。着心地もいいし、デザインも好き、破けもないので捨てるのももったない。それでは染めてみてはどうかと思いました。 肩のあたりが日焼けで …

自分から動けと言われても

 「言われていなかったのでやりませんでした」  「自分から行動を起こさないとダメだろう!」  「誰かの指示を待たずに、自分から動け!」  (でも『誰がそんなことやれって言った!』『勝手なことしやがって …

「きぼう」の光

 「きぼう」の光は、数日前が一番よく見えたらしい。  昨日は娘と一緒に「きぼう」を見に外にでた。  午後7時40分過ぎに北北西の空に「きぼう」は現れて、北東へと上空を飛ぶ。  東の空には、満月が雲の向 …

トースト

 本日の朝食  家内とふたり、日曜日の朝  NHK教育「日曜美術館」を見ながらゆったりとした時間。  ガーリックバターのソフトなフランスパンをトーストして  いい香りが部屋中に漂っているが、  とにか …