今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、映画鑑賞の記録、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ひとりごと

神話

投稿日:

 神話ってどうしてあんなに古い時代から現代に至るまで伝えられているのだろう?

 きっとその方が都合の良いことが多いのだろう。

 神話ってどうしてどの国でも似たような話が多いのだろう?

 それを後世に伝えることでどんな良いことがあるのだろう?

 「忘れるな」

 良いこともあれば、悪いこともあるはず。

 どの神話も荒唐無稽な話ばかりなのに、権力者に都合の良い作り話が多いような気がするのに、

 いろいろな解釈があって、都合よく主旨まで変えられてしまったものまであったり。

 神話の意味ってなんだろう?

 何を伝えたかったのだろう?

 そんな話が多い。

 何が言いたいの?って。

 正統性だったり、昔の人もやっていたから、今これをやっちゃうこともそんな変なことじゃないよってことだったり。

 歴史も都合よく変わっていく。その時代によって持ち上げられる人もいれば、ひでえ奴だったってことになっちゃったり。その時々の都合で人格まで変わってしまったり。

 みんな都合よく過去も歴史も変えられてしまうのだったら、今の人生悩んでいるのもバカバカしくなってくる。

-ひとりごと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

踏んでしまいそうに

 日常あえて殺生をすることはないのだが、  害虫に関しては別。 蚊やGなど自分や家族に害を及ぼすものには容赦はしない。    山を歩いている時に、足元を見ながら歩くと、様々な生き物を踏みそうになる。出 …

お盆の不思議な出来事

 散歩中、  遊歩道に桜の木の枝が垂れ下がっていた。  その太い枝の根元を見ると、  こんな場所で折れていた。  この大雨で根元から折れてしまったのだろうか?  元々腐っていたのだと思うが、それにして …

グラデーション

 グラデーションの中の、今の自分の立ち位置はどこなんだろう?  その位置をあえて決めなくても良いのだが、  人と会話していると、相手に比べて自分はもう少し右とか前とか思ったりする。  3人集まれば、他 …

小さな指のスマホ

 まだ会話もできない1歳数ヶ月の幼児。  大人のスマホを取り上げては画面に指を這わせて遊んでいる。  1歳頃までは、ただトントンと言う風に軽く叩くだけだったのが、 近頃は、「指先を画面にトンと置いてか …

イライラしていたのは

  都合の良い台本を書いては、その通りにいかないとイラつく脚本家みたいなもんなのかな?  なんとなく現在わかる諸条件で行けば、きっとこんな感じになるかもね。  でも、結果はいつも違う形になる。  それ …