今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

ひとりごと 歴史

箱入りの「星の王子様」と「ハリスおばさんパリへ行く」

投稿日:

「ねぇ、みてみて!」と妻が持ってきたのは、小学生の頃に読んだ本だった。

 星の王子様は箱のケース入り。昔はありましたね、ケース入りの本。最近はすっかり見かけなくなりました。

 「岩波少年文庫」懐かしい。

 もう1冊は、「少年少女講談社文庫」昭和48年に読んだ「ハリスおばさんパリへ行く」という本らしい。

 なんと、今年2022年11月に映画化された。

 1950年にフランスの田舎に住むハリスおばさんが、家政婦として働いていた。そこで出会った素敵なドレスが初めて聞くクリスチャン・ディオールというブランドのもの。そのドレスを購入するため、パリへと向かう話らしい。

 文学少女だった妻は、この辺りの作品は片っ端から読み漁っていたらしい。私はこの手の海外の作品はほとんど読んでおらず、小学生の頃は学研の百科事典やらマンガ「日本の歴史」だったかなぁ。文学とは程遠いところにいたと思う。

 マンガは親に読ませてもらえなかったので、友人の家で読んでいたが、マンガ「日本の歴史」は買ってくれた。私の日本史好きはこれが原点なので、子供たちにもマンガは制限なしで読ませてきたし、妻も「人生のことはすべてマンガで学んだ」と豪語するほどなので、マンガは家に溢れている。

 明治の頃は、小説がマンガみたいなもので「あんな作り話の小説ばかり読んで」と嘆かれていたのが、今は小説さえ読まなくなり、マンガが見直されて、それもスマホで読む時代になった。過去の日本で本を読むといえば四書五経が当たり前だったのが、時代と共に大きく移り変わってきている。

 さて、自分の孫の世代ではどういうことになっていくやら。

 きっと「へぇ〜、今はそうなっているの?」と驚かされることだろう。

-ひとりごと, 歴史
-,

執筆者:


  1. Aki より:

    足しげく北方謙三を借りに図書館に通ってたのは20年以上前、片っ端から読んでたけど特に三国志と水滸伝シリーズは面白かった。
    今もベッド際に高校時代愛読していた眠狂四郎の文庫本が転がっているけど、
    裸眼でよくこんな字が読めたと感心するばかり、老眼って文章を読む気力を削いでくれます、まあ映画も一本通して観てるのが辛いこの頃、我慢がきかなくなってきているだけなのかな…

    • KURI より:

      Akiさん
       全部同感です。映画も2時間弱だったら良いけど、2時間半とか3時間の映画はもう無理かなぁ。
      近頃はイヤホンつけてポッドキャストというラジオを録音したものや、朗読してくれるものを聴きながらウトウトするのが好きです。

  2. しんちゃんママ より:

    1990年版の〝となりのトトロ〟&ひとまねこざる (岩波の子どもの本) は宝物。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       「ひとまねこざる」は「おさるのジョージ」と同じシリーズでしょうか?「おさるのジョージ」確か家にあったと思います。
      トトロは名作ですよね。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「そすいさんぽ」

 先日、疎水沿いを歩いた時に見慣れない標識を見つけた。  「そすいさんぽ」と書いてあり、「琵琶湖まで4km」とある。 そう言えば、近所の駅に新しいポスターが貼ってあった。  有名な俳優さんをキャストす …

ベッドから落ちたら

 子供の頃の話である。  ベッドから落ちたことがある。まぁ多くの人は一度はあるのかな?落ちたことがない人もいるだろうとは思う。  いつもは布団を敷いて寝ていたのに、親戚の家に泊まりに行ったらベッドに寝 …

引き篭もりの寒い日

     歩きに行こうと外に出たものの、  あまりの風の冷たさに引き返す。  玄関先の植木鉢を、  風に飛ばされぬように位置を変えたり、  寒さ避けにビニール袋を被せたり。  リビ …

キライがある

 こうやって文字に書くとちょっと意味がわからないところもあるが、  「考えすぎる嫌いがある」  と書けば「あぁ」って思うかもしれない。  「それってそう書くの?」って思った。  どちらかと言うと好まし …

人間が生きられる場所って

 宇宙飛行士の野口聡一さんの言葉。 「宇宙は基本的には死の世界。生きていることは奇跡だと感じた」  よくよく考えてみたらその通り。  この広い宇宙の中で極々僅かな空間でしか生きられない稀少生物。  こ …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲