今ここから

なんだかんだで人生飽きないように好奇心だけで生きてきたけど、こんなんでよかったのかなぁ?と言うブログ。

出来事 文具 生活

紙紐でお正月のお飾りを作ってみた

投稿日:

 お正月のお飾りは例年年末の買い物の時にスーパーで買ってくるのだが、結構なお値段。

 でも、こういうのはケチってもなぁと思いつつ鏡餅やら玄関に飾るもの、風呂やトイレやキッチンに飾るものま含めてそこそこの支出になることも多い。

 そこで今回は、なんとか自分で作れないかと思って調べてみた。

 自作するにおいて、材料は手に入るのだろうか?

 この材料は、稲わら?麦わら?どこかで売っているものなのか?

 本来は、「麻」を用いたらしいが、今は稲わららしい。

 でも、近頃は大きなしめ縄を作るにあたって稲わらだと変色するとか変質しまいがちなので合成繊維で作ることもあるとか。

 「わら」にこだわる必要がないなら、これなんかどうかな?と思ったのが、これ。

 「紙ヒモ」。

 これを撚(よ)って?細いしめ縄が作れないものかな?って。

ということで、紙紐を購入して作り始めてみました。(紙紐は百均でも売っています。)

長さ50cmの紙紐を6本束ねる。

2本ずつにして、撚っていく。

 6本が3本になって、このうち2本を撚り、それに最後の1本を撚る。

 それを輪っかにして縛って、土台の出来上がり。

 これらは、キッチンやトイレ、風呂に置くものなので小さくていい。

 床の間や玄関のお飾りは少し大きな注連縄を用意してあるので、それを使用する予定。

 この土台にどう飾り付けをしようか?半紙で紙垂(しで)だけつけて終わりにするか、松葉や松ぼっくりや花などの飾りをつけるか?

 松葉がないので、ヒバの葉で。

 それと山で拾ってきた松ぼっくり。

 ここまで出来たら白い紙で作るヒラヒラのやつも欲しい。

 紙垂(しで)というものらしい。作り方を調べて、半紙で作ってみた。

 おぉ、なんだかそれらしくなってきましたねー。

 来年のお正月はこれで行ってみよう!

-出来事, 文具, 生活

執筆者:


  1. Aki より:

    器用だこと、風情ありますねー

    ウチはお客さんの出入り口に飾るくらい、
    例年『コメリ』で買ってたけど、今年はpal システム(生協の通販)、
    今後も同じかな・・・

  2. アプリ より:

    お飾りずいぶんと前からお店で販売しているけど、数を買うとなると出費ですよね。こういうものは作った人の心がこもっていればいいと思うので自作できればそのほうが絶対心が入っていると思います。大量製作より全然良い出来です。

    • KURI より:

      アプリさん
       >作った人の心がこもっていればいいと思うので
       私もそう思って、材質とかは気にせずやってみました。歳神様が気に入ってくださったらうれしいです。(^_^)

  3. しんちゃんママ より:

    いいですね。
    さすがさすがです。

    • KURI より:

      しんちゃんママさん
       稲わらが無いと出来ないと思っていたのが、紙紐でも出来そうとわかって始めてみましたら、楽しくなってきました。(^_^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「バルス!」

 どうでもいいことであるが、  我が家にあるこの金属製の蓋の文字が、 「バルス」に見えて仕方ない。  毎朝、植木に水やりをする時に目に入るこの「バルブ」の蓋。  ジブリのアニメ映画「天空の城ラピュタ」 …

ふと自分ってなんだろう?って

 今日も1日が始まり  またこの自分を演じる  でも今日は昨日の自分と少し違う  鍼灸をやってもらったら自分は変わる  薬を飲んでいた時もそう  飲むと自分は変わる  山へ行くと変わる  近所を散歩す …

美味しい魚

 先日会った旧友のひとり、海沿いで暮らす人がいる。  その友人は美味しく新鮮なお魚に恵まれているらしくて、今回内陸である信州の居酒屋に入ってもお刺身はもちろん魚料理には手を出さない。  「どうせ美味し …

そして元旦

 「そろそろそんなに気合い入れなくてもいいよね」  と言いつつ、終わってみればなんだかんだで大量の栗きんとん、伊達巻、だし巻き、焼き豚、鶏チャーシュー、金時豆、筑前煮、こんにゃく煮、蒸し海老などをお重 …

窓から見える風景

 以前住んでいた家では、  窓を開ければ隣の家の窓があった。  その隣家の窓を手で開けられるくらい近かった。  今度の家も、そういう窓もあるが、  一つだけ見晴らしのいい窓がある。  自分がいつも登る …

2023/02/07

夜中のトイレ

2023/02/06

乳酸菌

2023/02/05

鬼まん

2023/02/04

節分そば

2023/02/03

行動範囲