今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

結局いつものところにたどり着く

投稿日:

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。

 当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。

 感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。

 どうしても「悔しさ」とか「目先の欲」で判断が鈍ってしまうが、それがない第三者の方が冷静に合理的な判断が出来る。

だが、その合理的な判断が「正しい」と言うわけではなく、「正しい」と言うのも曖昧だ。

 その時の判断が「正しかった」か「間違いだった」かは、その判断の直後、1週間後、1年後、10年後でも変わってくるし、後からどうにでも言える。

 自分が「正しい」と思ったら「正しい」。「間違い」と思ったら「間違い」だ。

 その判断が正しければ「幸せ」なのか?と言うとまたややこしいことになる。

 幸せとは何か?ってことになると、また話は違う方向に行く。

 利害得失だけで判断できればまだわかり易いが、そこに幸福論まで出てくると

「あなたがそれでいいなら、もう私は何も言うことはありません」で終わりだ。

 当事者の「どれだけ悔しい思いをしたか」「どれだけ嬉しかったか」「どれだけ寂しかったか」「どれだけ悲しかったか」などは、同じ境遇でも個人個人受け取り方が違うように、なんとも言えないのだ。

 それでも結局人生は、そんな感情の起伏の連続で成り立っているわけで、どれだけ嬉しかったか、悲しかったか、悔しかったか、達成感だったりで構成されている部分が多い。

 今年の自粛生活で、イベントがすべてなくなったことで、ふと前半を振り返ってみて、「コロナで大変だった」と言う記憶は刻まれたが、この半年ほどの間に自分は何をやっていただろう?と考えたときに、何もイメージが湧いてこないのだ。

 何もないのが幸せなのか、不幸がなかったのが幸せなのか、被害にあっていないから幸せなのか。

 そう言うことではないのだと思う。

 様々な背景があり、歴史があり、伏線があり、それら全部含めて「正しかった」「あれで済んでよかった」「間違いかもしれないが後悔はない」「あれでよかったと自分に言い聞かせている」「私は不幸になったが、あの人が幸せならそれでいい」とか、たくさんの後付けの言葉は用意されている。

 こう言うことを考えていると、いつもたどり着く先はひとつ。

「すべては自分次第」と言うこと。

 自分がどう思うかで決まると言うこと。

 今日も色々と考えたが、またいつものところに来てしまった。

 

 

 



-ライフシフト, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

眠れない夜は忙しい

寝つきがいいようにと 酒を飲んで寝ると、眠りが浅い 確かにすぐに寝られるのだが、よく目が覚める 一晩で何度目が覚めるだろう?  もう朝か?と目を開けると  まだ午前2時10分  いつものこと  10分 …

AIと株

何気なく株式チャートを見ていた ある「鉄道株」が下がってるなぁって見ていたら こっちの地域の鉄道株はどうなんだろう?って見てみると ほぼ同じチャートだった ピークの位置やら上昇する時間から下落する時間 …

南禅寺の禁止事項

 昨日は山歩きの帰り道に南禅寺に立ち寄った  コロナの第一波が収まった前回は、少し観光客が戻ってきたように見えたが、  この日はまた参拝者はポツリポツリの状態  それでも若いカップルが多かったのはうれ …

 50代男性にとっての涙とは

いつからこんなに涙もろくなったのだろう?  そう感じた同輩は多いと思う。50歳を過ぎた頃からだろうか?  映画を観ては泣き、本を読んでは泣き、懐メロを聴いては泣き、それを思い出しては泣き、NHKのど自 …

生八ツ橋

 娘がリニューアルした京都水族館へ行っていた。  買ってきてくれたお土産がまさかの生八ツ橋。  ここに住んでいると、いつでも買えるものではあるが、わざわざ買わない。  それだけに新鮮だった。  いつも …