今ここから

「伊勢金比羅参宮日記」を含む歴史関係、日々の料理レシピ、乾癬について、山歩き、生活の知恵、5人の子育てなど、多岐にわたる個人ブログです。

ライフシフト 生活

結局いつものところにたどり着く

投稿日:

 岡目八目という言葉がある。囲碁の用語だ。

 当事者よりも第三者が客観的に見た方が、全体の情勢や利害得失なのがよく見えて判断がし易いと言うこと。

 感情論抜きに情勢が見えるのが素晴らしい。

 どうしても「悔しさ」とか「目先の欲」で判断が鈍ってしまうが、それがない第三者の方が冷静に合理的な判断が出来る。

だが、その合理的な判断が「正しい」と言うわけではなく、「正しい」と言うのも曖昧だ。

 その時の判断が「正しかった」か「間違いだった」かは、その判断の直後、1週間後、1年後、10年後でも変わってくるし、後からどうにでも言える。

 自分が「正しい」と思ったら「正しい」。「間違い」と思ったら「間違い」だ。

 その判断が正しければ「幸せ」なのか?と言うとまたややこしいことになる。

 幸せとは何か?ってことになると、また話は違う方向に行く。

 利害得失だけで判断できればまだわかり易いが、そこに幸福論まで出てくると

「あなたがそれでいいなら、もう私は何も言うことはありません」で終わりだ。

 当事者の「どれだけ悔しい思いをしたか」「どれだけ嬉しかったか」「どれだけ寂しかったか」「どれだけ悲しかったか」などは、同じ境遇でも個人個人受け取り方が違うように、なんとも言えないのだ。

 それでも結局人生は、そんな感情の起伏の連続で成り立っているわけで、どれだけ嬉しかったか、悲しかったか、悔しかったか、達成感だったりで構成されている部分が多い。

 今年の自粛生活で、イベントがすべてなくなったことで、ふと前半を振り返ってみて、「コロナで大変だった」と言う記憶は刻まれたが、この半年ほどの間に自分は何をやっていただろう?と考えたときに、何もイメージが湧いてこないのだ。

 何もないのが幸せなのか、不幸がなかったのが幸せなのか、被害にあっていないから幸せなのか。

 そう言うことではないのだと思う。

 様々な背景があり、歴史があり、伏線があり、それら全部含めて「正しかった」「あれで済んでよかった」「間違いかもしれないが後悔はない」「あれでよかったと自分に言い聞かせている」「私は不幸になったが、あの人が幸せならそれでいい」とか、たくさんの後付けの言葉は用意されている。

 こう言うことを考えていると、いつもたどり着く先はひとつ。

「すべては自分次第」と言うこと。

 自分がどう思うかで決まると言うこと。

 今日も色々と考えたが、またいつものところに来てしまった。

 

 

 



-ライフシフト, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

 帰省した時に母が出してくれた料理は・・・

 30代  結婚して、子供ができて、その子供たちも小中学生になり、大勢で実家へ押しかけ帰省した  楽しみに待っていてくれた両親。 満面の笑みで迎えてくれた。前日から人数分の布団を干したり、食器も出して …

デジタル化におびえる

 私はどちらかと言えば同世代の中では早くからパソコンを使っていたし、インターネットというものが拡まる前からパソコン通信でコミュニケーションをとり、インターネットが開始されたらすぐに自分のホームページを …

それって四葉のクローバー?

左はカタバミ 、右がクローバー  下手くそなイラストで申し訳ない。  二つの「四葉のクローバー」らしきイラスト。さてどちらが正解でしょうか?  左は葉がハート型、右は丸っこい。  クローバーとは、「シ …

冬の琵琶湖疏水

 年末あたりからだろうか?琵琶湖疏水は水を抜く。  琵琶湖疏水は2経路あり、こちらは主に灌漑用でほぼ暗渠にはなっていない。  琵琶湖からの取水が止められた疏水の壁面には、  乾いた水草が張り付いており …

ふと自分ってなんだろう?って

 今日も1日が始まり  またこの自分を演じる  でも今日は昨日の自分と少し違う  鍼灸をやってもらったら自分は変わる  薬を飲んでいた時もそう  飲むと自分は変わる  山へ行くと変わる  近所を散歩す …